人気ブログランキング |

タグ:接ぎ木挿し ( 2 ) タグの人気記事

接ぎ木挿し&きり接ぎの接合面の広さについて@ブルーベリー栽培

葡萄などでは接ぎ木挿しは割りとポピュラーな手法のようですがブルーベリーにおいては成功率が芳しくなくて愛好家の間ではあまり用いられていない様に思います。

実際、幾人ものブルーベリーブロガーが挑戦しているようですがやはり成績は良くないように聞いていました。

ブルーベリーの場合は台木のラビットアイ系の挿し木は簡単だと思います。
けれども挿し木と接ぎ木を同時に行うのは台となる穂の負担が大きすぎるのかと思っておりましたがBB讃岐さんが相当数成功されているようで特に去年の春に行った接ぎ木の成功率が5割以上にもなっているようです。

今年も始めました!接ぎ挿しを・・・

因みにこちら↓が夏の様子です。
10)接ぎ挿し



接ぎ木挿しの成功率も然ることながら切り接ぎの接合面が大分狭いと言うか切り込みの長さが精々1cm前後の様なのにも驚きました。

私などは普通に2cm以上とか切っていましたが寧ろ短い方が良いのかもしれませんね。




まだまだ寒いですがもうちょっと暖かくなれば屋外でも接ぎ木挿し出来る時期になりますから皆さんも参考にされて挑戦されてはいかがでしょう?
(BB讃岐さんの様に無加温ハウスがあるようなら今からでも出来るようです)





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2011-01-20 20:41 | 接ぎ木挿し | Comments(6)

Berry式穂木削り法(接ぎ木の穂木を水平に切る小技)

私は器用でないというか、はっきり言って不器用です。






接ぎ木の穂木を切るにしても、色々癖とかありまして
まっすぐのつもりで切っても先に近づくと右が下がることが多いです。
それと先の方だと重さに耐えかねるようで先端が反るように高くなったりします。

修正すると今度はデコボコになっちゃったりしていました。






そんな不器用な私でも穂木(やりようによっては台木も)を
ある程度の精度で水平に切れるようになりました。







この方法で接ぎ木をやり始めてからは
台木の方が上手く切れていれば一発で決まることもあるくらいです。





私自身にとってはかなり画期的だったので裏技と思っていますが
器用な人には然程でもないかもしれません。





料理の方の飾り切りからヒントを得ての手法です。











Berry式穂木削り法(接ぎ木の穂木を水平に切る小技)_f0018078_18351339.jpg


二本のステンレス棒の間に穂木をはさみ
刃物で棒の太さよりも上に出ている部分だけをそぎ落とします。
(最初は割り箸でやっていたのですが割り箸だと割り箸も削ってしまうことがありました)


刃物はどこでも決して棒の太さより下にはいきません。

これでそこそこの精度の水平面を得られます。


太さの違う棒2本ずつを2種類ともう少し細い釘で太さも加減しています。



棒とかの代わりは刃物で削れないものなら何でも良いので
適当な同じ太さの棒を2本用意すれば良いと思います。




そして、例えば接ぎ木挿しの台木でしたら
穂木よりも少し長めにしておいて持つところを確保して
逆さに向けて刺す部分を作れば台木を作ることも出来ます。

Berry式穂木削り法(接ぎ木の穂木を水平に切る小技)_f0018078_18392360.jpg





とりあえず普通の接ぎ木では簡単に出来るのは穂木の方だけですが
穂木だけでも水平を出せると言うのは随分違うと実感しました。



曲がっているものに合わせるのは随分大変ですが
片方が真っ直ぐであればそちらが基準となるので
後は台木の方だけを調整すれば済みますからね。




器用な方は必要ないかも知れませんが
木工が得意でないとか、器用ではないという方でしたら是非試してみてください。





普通の接ぎ木は鉢などに入っているので少し面倒ですがそちらの方法も考えています。
(基本的な事は同じなのでどうやったら作業しやすいかということを考え中です)




台木も簡単に出来たら一発でピタッ!って全く隙間無く決まってくれそうです!
by BlueBerryNote | 2007-03-20 19:19 | 接ぎ木 | Comments(4)