人気ブログランキング |

タグ:促成栽培 ( 11 ) タグの人気記事

加温施設及び露地栽培に適したブルーベリー品種の選抜

加温施設及び露地栽培に適したブルーベリー品種の選抜


静岡県農林技術研究所さんのレポートです。

(グラフが読みにくい場合はCtrlキー+マウスのスクロールを向こう側に回せば拡大されます)



加温ハウスでの促成栽培はミスティーが良いみたいですね。
加温ハウスでオニールとブライトウェルの収穫時期があまり変わらないのはちょっと意外でした。
このレポートによるとオニールは加温ハウス栽培には向いていないみたいですね・・。



消費者はブルーベリーの品種についてとか理解されていない現状では、同じ時期なら沢山収穫できるブライトウェルに軍配が上がりますかね。



なお
No.9/ 平成23年5月/ 研究所ニュース↓においては今後の課題などについても言及されています。

ブルーベリーの加温施設栽培下における特性






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2011-08-18 20:41 | 調査研究紹介 | Comments(3)

屋内促成栽培シャープブルーの二期目の実の色づき


f0018078_19152728.jpg
促成栽培して早くに収穫したシャープブルーです。


6月19日に花が咲いたことを記事にしました。
屋内促成栽培シャープブルーの二期目の花


ここに来て二期成り目の実が色づき始めています。
シャープブルーは開花から結実まで他のハイブッシュ系よりも比較的長めな品種です。
f0018078_19155042.jpg



今回、このシャープブルーは開花から収穫まで50日くらいで収穫に至りそうです。
今の時期だと遭遇する気温が高いから収穫までの期間が短くなるのかもしれません。



木としてはやはり元気がなくなってきています・・・。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-07-31 20:14 | ブルーベリーの二期成り | Comments(5)

シャープブルー二期成り目の幼果&シャープブルーの自家結実率

f0018078_17431087.jpg

屋内促成栽培したシャープブルーの二期目の幼果です。


花が咲いたのは6月19日頃でそのときの記事は↓こちらです。
屋内促成栽培シャープブルーの二期目の花

去年は7月11日に記事にしていたようです。
シャープブルーの幼果



屋内促成栽培すると大体6月あたりに二期目の花が咲いて今時分に幼果がつくようです。




二期成り品種にとって重要なファクターの自家和合性というか結実率についてです。

6月中旬とかは他に花は咲いていませんからシャープブルーの自家結実率についてもかなりアバウトですが調べることが可能です。

ブルーベリーの平均的な1果房につく花の数が8~11個程度だから乱暴に平均を9個とします。

今回のシャープブルーを観察すると1果房についている幼果が最大で5個、最低は0個です。
見た目的に2~3個が多いから精々良くても自家結実率は4割程度以下と言うことでしょうか。



去年もそうでしたがこの程度の樹に二期成りさせると樹が不調になる場合があります。
この程度の樹がもう1本あるからこれはこのままにしてみましょうかね。
f0018078_175471.jpg



因みに去年二期成りさせた樹は春に芽吹いたもののその後も不調のままでどうも駄目くさいです・・・・。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-07-08 20:40 | ブルーベリーの二期成り | Comments(5)

屋内促成栽培のシャープブルーの二期目の花&記録記事

f0018078_16813.jpg

屋内促成栽培したシャープブルー


今のところ順調に幼果も肥大しているようです。
全体写真だと分かりにくいですが去年同様2期目の花が咲きました。
f0018078_167498.jpg



屋内促成栽培シャープブルー二期目の花
去年より少なくて、去年は収穫期に花が咲きましたが今年は早くてまだ色づく前に咲きました。
外で普通に栽培しているシャープブルーも少し花が残っているのでこれでは希少性はありません。
f0018078_1610969.jpg



去年は6月14日に咲いたようです。参照↓
シャープブルーの不思議なシーン


屋内促成栽培シャープブルーの幼果
f0018078_16111161.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-04-17 20:06 | ブルーベリーの二期成り | Comments(0)

台木の違いによる低温要求時間の短縮

高温時の低温要求時間の相殺について

以前↑この記事で紹介したナアンさんの果樹と時々野菜  低温要求量と言う記事にも書いてあったんですが改めて触れておきます。

ブルーベリーでの調査ではなくて桃での調査↓なんですけどね・・・。

モモの台木品種「オキナワ」を用いた休眠覚醒のための低温遭遇時間短縮


ちょっと面白いでしょ(笑


ブルーベリーにも当てはまるならノーザンハイブッシュ系の低温要求時間短縮も例えば低温要求時間が600時間前後のホームベルよりも400時間以下程度のベッキーブルーを台木にした方方が低温要求時間も短くなるかもしれません。
他にも促成栽培などの場合だと低温要求時間が600時間程度必要なリベールも低温要求時間が150時間程度のシャープブルーを台木に接ぎ木したらもっと早く促成栽培を開始できるかもしれません。



仮説でしか無いんですがブルーベリー的には暇なんで色んなことを考えています(笑。
机上の空論も楽しいものです♪



低温要求時間については↓こちらが参考になると思います。
ブルーベリー低温要求時間について



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-02-02 20:46 | 低温要求時間 | Comments(8)

ブルーベリーの花芽分化とその促進並びに促成栽培

人口低温によって自然の低温による促成栽培よりも早い収穫を目指すことを目的とした調査です。(関連して花芽分化についても調査されています)


島根大学生物資源科学部さんのレポートです。
ブルーベリーの花芽分化とその促進並びに促成栽培
↑1ページのpdfファイルです。




4度以下で7週間も低温処理するとか凄いですね。
欲を言えば低温要求時間が短い品種でも促成栽培して欲しかったような気もします。
あるいはそれではつまらないのかな・・・?


更には先日紹介した早期に休眠打破できる薬品とかを用いて低温処理の期間を短くするとか色々工夫も出来そうに思います。


因みに松江市でのブルーベリーの収穫時期もレポートされていて、松江市ではノーザンハイブッシュ系の方がサザンハイブッシュ系よりも若干収穫が早くなるようです。



私は今年も部屋の窓辺で促成栽培する予定ですが促成栽培予定のリベイルの低温要求時間がなかなか満了できなくて去年よりも開始が遅れそうなのがちょっと心配です。(去年は1月22日に開始しました)



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-01-17 20:58 | 調査研究紹介 | Comments(6)

促成栽培の盛んな地域


日本でも最も露地栽培でも早く収穫できる鹿児島県ではやはりその地の利を生かしてハウス生産が盛んのようです。参照↓
ブルーベリーファームおかざきさん、九州ブルーベリーのハウス生産



また、促成栽培では千葉県木更津あたりでも行われているようです。参照↓
千葉県におけるブルーベリーの多様な取り組み



当地静岡西部はどうかと言いますと浜松あたりでは割とまとまって加温ハウスで栽培しているようです。参照↓
浜松の柑橘農協連合会が ハウス産ブルーベリーを初出荷
農家のたかちゃんさんのブルーベリー順調です




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-05-30 20:07 | 促成栽培 | Comments(0)

促成栽培のシャープブルーの収穫

f0018078_1815272.jpg


シャープブルーがようやく収穫です。



ノギスに挟まれたのがシャープブルーの果実です。
やや楕円で17mmでした。味は色づいてから10日も経っていたのにまだ少し酸味が強いくらいでした、(右のはミスティーの果実です)
f0018078_18163189.jpg



開花から収穫まで90日前後というラビットアイ系並みの長さでした。




連休は伊勢の方に行ってきまして色々あったようですがやはり赤福は人気がありますね。
少し食べてから写真を撮ってなかったことに気が付いたので半分食べた後の写真です(笑
f0018078_1995992.jpg





明日からまた通常に戻ります。

明日は昨日紹介した「ブルーベリー老齢樹の強せん定による樹勢改善」というレポートの前提となった調査が見つかったのでそれを紹介する予定です。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-05-06 20:14 | 促成栽培 | Comments(7)

中山間地域における販売方法を想定したブルーベリーの品種構成

f0018078_15175238.jpg

マグノリアの花は大分咲きそろってきました。(写真)
今朝はリベールも一つ咲いていて、夕方にはパールリバーも一つ咲いていました。

ラビットアイ系ではウッダードとホームベルが一つずつ咲いていました。

ノーザンハイブッシュ系ではブラックバンビさんから買ったブリジッタが一つ咲いていてこれがノーザンハイブッシュ系の最初の花になりました。


施肥、挿し木、接ぎ木、防鳥ネットと春先の作業はどうやら一段落でこれからは毎朝の受粉作業くらいで暫くはブルーベリー関係は楽ができそうです。


最近は忙しくてネット(web)での情報収集もなかなか儘ならなかったのですが久しぶりに調査研究の紹介です。愛好家の方には申し訳ないのですが私も含めて趣味でのブルーベリー栽培ではあまり関係のない話かもしれません。それでもブルーベリーの市場価格の推移とかは知っていても損はなさそうには思います。





中山間地域における販売方法を想定したブルーベリーの品種構成


こういった情報が需要があるかは分かりませんが今日、紹介するのは東濃地域でのブルーベリー生産農家が販売方法を市場出荷、直売所、摘み取り園のそれぞれに限定した場合の最も効率が良い品種構成について考察したレポートです。

中山間地域における販売方法を想定したブルーベリーの品種構成←Pdfファイルです

やはり、ブルーベリーの市場価格は6月中旬あたりまでが高めで推移してそれ以降はキロ1000円程度で推移するようです。(一般的に早生ものというのは高値ですし、ブルーベリーでは早生品種は栽培も難易度が高いし収量も少ないから収穫初期は高くなるのでしょうね)


市場出荷限定では市場価格が高い早生と中生で構成しています。直売所ではややバランス型ですが収量が多いラビットアイ系を中心にして6~8月まで安定して出荷できるようにして、摘み取り園では収量重視でラビットアイ系のみが良いとしているようです。



この他にも極早生と極晩生は何でも高いですから今日のレポートでは触れていませんが市場出荷限定ではさらに促成栽培を加えても高値を狙えるかもしれません。
(先日、紹介した↓こちらのマニュアルでも2005年度の出荷単価は5月中は大体キロあたり3500円くらいでした)
傾斜ハウス及び傾斜地養液栽培システムを利用したブルーベリーのコンテナ養液促成栽培技術マニュアル(中段付近にあります)

また極晩成のラビットアイ系を加えるというのも面白そうな気がします。(市場出荷限定の場合)今日紹介したレポートでもその他のレポートにおいても9月中旬以降の価格が上昇傾向にあるようです。(ただ、レポートは9月中旬までで終わっているものが多いのでそれ以降については分かりません)





レポートの解説については素人が適当な憶測で付けたのだけなので(いつもそうですが)そんな考え方もあるという程度でお考えください。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-03-24 20:59 | 調査研究紹介 | Comments(6)

促成栽培のミスティーとシャープブルー

f0018078_17193858.jpg



屋内で促成栽培を目指しているミスティーとシャープブルーです。(写真)
シャープブルーが上のほうで下の部分がミスティーなのですがこの時点でも幼果の色が微妙に違うのがお分かりいただけるでしょうか。

シャープブルーは順調ならば4月中旬に収穫できるのではと考えています。









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-03-17 21:18 | 促成栽培 | Comments(0)