タグ:ミスティー ( 36 ) タグの人気記事

自家製ベイトタイプ(餌式)のコガネムシの成虫の駆除剤(2)

f0018078_17541059.jpg

促成栽培のミスティーの実は大分色づいてピークに近づいています。
果実は色づくものの葉が少ないからこの木は収穫後調子を崩しそうです。
覚悟の上で無理をさせたから想定内ではあるのですが来年収穫できないのは寂しいですね。
ミスティーは今年接ぎ木して2本くらいは成功しそうなのでいずれはそちらを育てることになると思います。
それから右下に小さく写っているのがシャープブルーの実です。25日に色づいたけれどまだ完熟ではないようです。やはりミスティーと比べると半月以上も収穫期が晩くなりそうでシャープの収穫期のピークが6月近くになりそうなことを考えると促成栽培には向いていないかもしれません。やはり促成栽培ならミスティーがお勧めです。




昨日作ったトラップの枠の色付けをどうしようかと考えて100均とホームセンターを見てきました。100均では思うような塗料がなくてホームセンターではペンキが500円以上もして筆とか色々面倒そうでした。ペンキだと臭いも出るからコガネムシが嫌うかもしれないと言うのもやや心配でした。


結局のところ青いビニールテープで表面を覆うことで間に合わせることにしました。

1リットルの牛乳パック3個の周囲を青くするにはテープ1巻と半分くらいで間に合いました。
1個35円だから70円もかかりませんでした。
f0018078_17544177.jpg






高さ1,5mくらいのところにおいて一応セットも完了です。

エンドウの支柱に
f0018078_1754583.jpg




アスパラの支柱にも
f0018078_17551828.jpg




話は横道にそれますがここはアスパラ畑なのですがバケツが逆さまに置いてあります。アスパラは土を被せておくと白いアスパラになることはご存知の方も多いと思います。そうすることを軟白というのですがこうやってアスパラが出てくる場所にバケツなどを被せ光が入らないようにしておくと簡単にホワイトアスパラが出来るのです。


こんな具合に白くなります。
f0018078_17563189.jpg





話を元に戻します。


清酒を700円、米酢を158円、ディプテレックス粉剤を625円で買いましたが1回分の材料費は酒14円、砂糖6円、酢30円、黄な粉30円、ディプテレックス粉剤12円で合計で100円以下で出来るようです。(+テープ代70円)







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-05-03 19:52 | 害虫 | Comments(2)

屋内栽培のシャープブルーの色付き

f0018078_18382199.jpg


屋内で促成栽培したシャープブルーの一番果が色付き始めました。
ミスティーに大分遅れていたので少し心配していましたがこれで一安心です。



屋内のミスティーとシャープブルーの経過についてまとめておきます。


屋内搬入
1月22日

一番花開花
シャープブルー2月6日、ミスティー、2月10日

一番果着色
シャープブルー4月25日、ミスティー4月7日

開花から着色までの期間
シャープブルー88日、ミスティー57日


と言う結果になりました。

シャープブルーの期間は普通だと思いますがミスティーの方はかなり早かったようです。

ミスティーが本格的に収穫モードに入ったのは一昨日なので一番果のみが突出して早かったとも考えられますが、それにしてもミスティーの方が明らかに早く収穫できるようです。


シャープブルーの本格的な収穫モードに入る時期も比較して考察しようと思います。




今日は先日紹介した特売品のイチジク品種、ピオレーソリエスの苗が届いたのでイチジクについての記事↓もUPしました。










宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-04-25 20:46 | 促成栽培 | Comments(4)

屋内栽培のブルーベリーの収穫期

f0018078_16295779.jpg

10日ほど前に1個収穫したミスティーです。







屋内栽培のミスティーの収穫期


今度は複数個が色づきました。愈々収穫モードに入ったようです。


果実の裏の果柄(実の付いている軸)の付け根が青くなって果柄も少し色づいたので収穫しました。(ここが青くなったときが食べごろということで収穫のサインなどとも呼ばれています)
f0018078_16312866.jpg



大きいもののサイズは16mmでした。
形が悪いのはどうやら鳥に嘴でついばまれたり、挟まれたりした痕のようです。
f0018078_16341960.jpg



味は大きいものは甘さはちゃんとありましたが若干酸味が強めであと二日くらい置いたほうが良かったようです。今回のは通常の時期の果実と同じ味だと思いました。


このミスティーは1月22日に屋内に入れて2月10日に一番花が開花、4月3日に屋外に出して現在に至ります。(屋内は真冬の一番寒い朝で6度くらいでその頃の最高気温は20度程度だと思います)

開花から収穫までの期間もほぼ通常のブルーベリーの栽培と同じ期間だということが分かりました。

他にほぼ同時に屋内栽培を始めたシャープブルーとサンシャインブルーはまだ色づく気配がありません。屋内栽培ではミスティーはシャープよりも晩くに咲きましたが(シャープブルーの開花は2月6日)収穫は早かったことから収穫時期の究極の早期化を目指すならばシャープブルーよりもミスティーが向いているのかもしれません。


1月22日↓
ブルーベリーの屋内での促成栽培
2月10日↓
サザンハイブッシュ系あれこれ
4月3日↓
屋内栽培のブルーベリーの近況


因みに日本で最も生鮮ブルーベリーの流通量が少ないと思われるのがこの4月なのです。そのあたりについても追って報告する予定です。




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-04-23 20:28 | 促成栽培 | Comments(6)

咢片の形状でみる品種同定

f0018078_15242456.jpg

屋内で促成栽培していたミスティーです。
2個目が色づいてその他にも2~3個色づき始めていました。
果実の果柄の付け根が少し色づいていました。もう数日中にも収穫できそうです。



運営会社さんのサーバーのメンテナンスということで2008年4月23日(水)1:00AM~9:00AMの間、このブログが閲覧出来なくなるということです。この時間帯に訪問いただいている読者の方には大変ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。



咢片の形状の違いによるラビットアイ系ブルーベリーの品種同定

ラビットアイ系の品種同定のサイン(3)


今回の同定用のサインはまだ纏まっていないのですが、ブルーベリーの花は今が旬ですからあまり晩くなっても皆さんのお役に立てなくなると思いとりあえずUPしました。

昨日は咢片の色の違いで分類しましたが今度は咢片の形での品種同定です。
これはそもそも我が家にあるウィトゥの品種同定の記事でぴんさんから頂いたコメントがヒントになりました。
ウィトゥの品種同定

f0018078_1924416.jpg


この写真に頂いたぴんさんのコメントが↓これでした。
>右の花のガク、水平に手を広げているように見えます。
>比べたら品種が別とわかりますね。

流石、技術者の方だから形状とかに敏感なのでしょうね。
ぴんさんありがとうございました。m(._.〃)m


このコメントを蕚片の色によるラビットアイ系の品種同定の基準を纏めている時に思い出して、同定に使えそうだと思ったわけでした。

実際、色々な品種の咢片の形がどうなっているか調べてみると多くのラビットアイ系の品種は散るまで花冠に張り付くようになっています。しかし幾つかの品種は花冠から反り返る程に離れているもの、あるいは花冠から離れる程度のものもありました。ですから分類と言うよりも蕚片が花冠から離れる品種を挙げるだけで良さそうです。調度、ノーザンハイブッシュ系で枝に軟毛がある品種があるということで同定するというのに似ていると思います。


私がとりあえず今までに見つけた花冠から咢片が離れる傾向にある品種です。

蕚片が花冠から離れて水平程度まで反る品種
ノビリス
オノ


蕚片が花冠から離れる傾向がある品種
メンデイト


確認中の品種
ブライトウェル
グロリア
ガーデンブルー
バルドウィン

因みに夕方になると花冠から離れていたものが戻る場合があるかもしれません。
↑この4品種は日曜日の昼にに見たときは離れていたと思うのですが、今見たら概ね花冠についていました。私の勘違いかもしれません。


代表選手のノビリスです。
咢片の花冠に接触していた面が横から見ても見えるほど反り返っています。
f0018078_1925924.jpg


これでノビリスの開花時の特徴は花冠が大きいこと、蕚片は散り際までには緑になり花冠から離れて水平程度まで反るという3点になりました。これだけ情報があったらノビリスについては大分絞れそうですね。じつはノビリスにはあと二つ程特徴がありまして、それが分かればかなりの高確率でノビリスと分かると思います。

メンデイト
f0018078_19253250.jpg




咢片の色と形状のサインから、我が家のサカタのタネさんから来たウィトゥ(BBRさんのサカタのタネさんから来たというウィトゥも)は恐らくオノだろうと推測することができました。
我が家にはオノはなかったからこの推測が正しければ4本あったウィトゥがオノ2本、ウィトゥ2本になったということで棚から牡丹餅みたいです。


ラビットアイ系の品種同定のサインはもう少しあります。
纏まり次第UPします。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-04-21 20:10 | 品種同定 | Comments(2)

ブルーベリーの果実の日焼けテスト結果

f0018078_14494094.jpg

屋内で栽培していて屋外に出して急に色が変わって驚いたミスティーの日焼けのテストについての結果です。

一昨日、昨日と屋外に出して日に当てておいたところ青かった部分も少し紫色に変わってきました。一番濃い部分とは色の違いがありますがまだ日に当たっていない部分と比べると確かに色が違うのでどうやら急な着色の主原因は日焼けだったようです。
(一昨日のの記事↓の写真と比べていただくと分かり易いと思います)



以前、所さんの目がテンでも色づく頃のブルーベリーの果実をアルミ箔で覆うと美白ブルーベリーが出来るとレポートしていました。参照↓
北米(秘) ブルーベリー 旅


屋内での栽培から急に屋外に出したからやや急激に変化が起こったのだろうと思います。

勿論、最低気温が3,9度、ブルーベリーが置いてあるのは地面だからもっと低い温度に遭遇したという要因も何らかの形で影響しているだろうことも否めません。



ということで、恐らく事なきを得たと思われるミスティーの果実です(勘の良い方なら既にお気づきのことと思いますが)嬉しいことに一つの実が本格的に色づき始めたようです。↑写真の一番大きな果実ですが果実の全ての部分の色が青くなっています。(他のはどこかしら緑の部分があります)
まだ軸の部分は青いですがあと5~7日くらいで収穫できそうです。

普通のミスティーは6月半ばくらいの収穫だろうからほぼ2ヶ月早い初収穫になりそうです。







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-04-07 20:05 | 促成栽培 | Comments(4)

急な着色の原因調査(1)

昨日、報告したブルーベリーの果実の急激な着色の原因調査です。
f0018078_10593051.jpg

日が当たるほうから撮った写真



今朝、気がついたのですが色のつき方が上下に分かれているのではなくて斜めに色づいているのが確認できました。

ツートンカラーの境界線が― ←こうではなくて/ ←こいうふうに風に引かれていたということです。



日が当たっていないほうから撮った写真
f0018078_10594751.jpg





今朝から日が当たっていなかった部分に日が当たるようにいつもとは置く向きを反対にして更に鉢を斜めに置いておきました。
f0018078_1105742.jpg





これで全体が色づいたら急激な日焼けによる着色だったと言うことが出来ると思います。
変わらなかったら昨日の朝の冷え込みとか複合的な要因によるものになりそうです。

明日の朝くらいには結果が出ると思われます。







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-04-05 09:22 | 促成栽培 | Comments(4)

促成栽培の実の急な着色

f0018078_177245.jpg

桃の花が咲いています。
今朝は10個くらい咲いていました。

果樹の近況とイチジクの接ぎ木の記事は↓に別記事としてUPしました。



促成栽培の実の急な着色


昨日、紹介したばかりの屋内で栽培していたブルーベリーの実ですが今朝見たら急に色が変わっていました。一つ二つとかではなくてほぼ全部いっぺんにです。
二つ下の昨日の記事の写真と比べていただけると良く分かります。


原因として考えられるのは屋内では最近はあまり日が当たっていなかったから急に外で日をいっぱい浴びたからということと、今朝の最低気温が3.9度と結構冷え込んだからの何れかだと思います。収穫予定まであと半月くらいなので冷えて傷んだとかでなければ良いと思っています。


ミスティー
f0018078_1710957.jpg




シャープブルー
f0018078_17142674.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-04-04 20:28 | 促成栽培 | Comments(5)

屋内栽培のブルーベリーの近況

f0018078_1944465.jpg

ダプリンの花です。



屋内栽培のブルーベリーの近況


屋内で促成栽培していたサザンハイブッシュ系3種ですが日が高くなって日中の日当たりが悪くなって最近は暖かくもなってきたことなので屋外に出しました。


ミスティーの未熟果
f0018078_1901022.jpg



ミスティーは木が大きくないのに無理して実をつけたので葉がかなり少なくて正直言って「やばい」と思っていますが実験みたいなものなのでこれは犠牲にしても収穫しようと思います。
f0018078_197963.jpg




シャープブルーの未熟果
f0018078_193869.jpg


シャープブルーは3房程実らせましたがどこ吹く風の元気さです。
f0018078_19155213.jpg





自家受粉できると評判のサンシャインブルーですが、極僅かしか結実しませんでした。一応シャープブルーとミスティーの花粉で人工授粉も試みはしたのですがそちらの花粉が少なくてうまくいかなかったようです。自家受粉できるのならそれでも実るはずですが少ししか結実しなかったところをみるとサンシャインブルーの自家和合性が高いというのも些か疑問が残ります。

実がつかなかったこともあって元気なことは元気です。
f0018078_19134063.jpg








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-04-03 20:54 | 促成栽培 | Comments(3)

促成栽培のミスティーとシャープブルー

f0018078_17193858.jpg



屋内で促成栽培を目指しているミスティーとシャープブルーです。(写真)
シャープブルーが上のほうで下の部分がミスティーなのですがこの時点でも幼果の色が微妙に違うのがお分かりいただけるでしょうか。

シャープブルーは順調ならば4月中旬に収穫できるのではと考えています。









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-03-17 21:18 | 促成栽培 | Comments(0)

接ぎ木の1次成長(2)

f0018078_10125578.jpg



部屋においている接ぎ木の経過の報告です。



2月21の記事で報告したミスティーの接ぎ木はその後も順調に成長しています参照↓
接ぎ木の1次成長始まる
↑写真では葉が展開し始めた二つです。
因みにミスティーは接ぎ木をする時点でミスティーの親木も既に屋内で促成栽培を開始していたので動き出しも早かったようです。



他では最も葉芽が成長しているのがオニールでマグノリア2本とジョージアジェム1本がやっと葉芽が大きくなり始めたのが確認できる程度です。




ここで挙げたサザンハイブッシュ系は低温要求時間が短いこともあって先月の10日に接ぎ木したものばかりです。葉芽の動きがみられないもののほうが多いから平均すれば1次成長が確認できるまでには1ヶ月以上かかるということになりそうです。


接ぎ木の本によりますとあまり穂木の動き出しが早いと穂木がエネルギーを使い果たして癒合及び2次成長までもたない場合もあるらしいからミスティーは少し心配かもしれないと考えています。他のものは今のところ問題ないだろうと思っています。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-03-08 20:09 | 接ぎ木