人気ブログランキング |

タグ:マルチ ( 11 ) タグの人気記事

ブルーベリー園の地表面管理

千葉県農業改良課技術指導室さんのレポートです。

簡単に言うとマルチについてです。

マルチについてのお浚いみたいな感じのレポートになっています。


ブルーベリー園の地表面管理

公園や街路樹等のせん定枝チップ、木材のチップ、稲ワラ、籾殻などが取り上げられています。

最近は針葉樹チップなども利用されているようです。

ラビットアイ系ではマルチなくても育つというようなニュアンスで書かれていますが、千葉県は温暖な地域ですから寒冷地ではラビットアイ系もマルチがないと厳しいかと思われます。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-11-28 20:32 | 用土 | Comments(4)

セダムでマルチ@ブルーベリー栽培

f0018078_15403497.jpg

産直ショップで見かけたセダム


菜種梅雨が空けたらプチ梅雨明け三日という感じでなんか暑くなりました。

昨日は予定外のネット張りなどもあって週日分の話題探しがあまり出来なかったので今週の記事には苦戦しそうです(笑。



セダムでマルチ

私のブルーベリー栽培は基本的にセダムでマルチをしています。
本当にセダムか何かは分かりません。この際正体は実はどうでも良かったりします(笑。
とりあえずセダムということで続けます。


セダムのマルチがブルーベリーにどういう影響を与えるかは正直言ってよく分からないのですがここ2~3シーズン、これのマルチで特に問題なく育っているのでブルーベリーに最善の成長を与えられるかは別として際立って害はないだろうと考えています。

春先にこんな程度に乗せておきました。
f0018078_15413651.jpg






今日の様子はこんな感じです。割と見た目も良いのも気に入っています。
f0018078_15415175.jpg






地植えだとこんな感じです。
グロリアの地植えのセダムマルチ
f0018078_154253.jpg



セダムが3cm程度根を張るので大きくなりすぎたら適当に取り除いたりもしています。



追記

なおセダム類は※CAM型植物なのでブルーベリーとはそれ程水分の競合はしないようです。

※CAM型(Crassulacean Acid Metabolism、ベンケイソウ型有機酸代謝)とは特殊な光合成で
夜に気孔を開いて二酸化炭素を取り込み、リンゴ酸に変化させて貯え、
昼は気孔を閉じて貯えたリンゴ酸を使って光合成を行うので蒸散による水の損失は少ない
参照↓
屋上緑化における海浜植物導入の可能性 (←PDFファイル)


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-05-11 20:52 | ブルーベリー | Comments(11)

イチゴのトンネル

f0018078_17533165.jpg

昨日マルチしたイチゴにトンネルもかけておきました。

今年は暖かいからどうなるか分かりませんが例年通りだとトンネルをすることによって収穫時期が1ヶ月ほど早まると言うことです。




ついでに今日の菜園の話題も

ブロッコリー
ブロッコリーは最近は大分ワサワサしてきて脇蕾はそろそろ家族では消費しきれなくなりました。
もうヒヨドリに多少は食べられても良さそうなので寒冷紗も外して支柱もイチゴの↑トンネルに移動してしまいました。
f0018078_1754828.jpg



そんな訳で最近は知り合いに食べていただいています。
これは先週おすそ分けした分
f0018078_17542231.jpg



メキャベツ
何度か栽培をしていつもうまくいかなかったメキャベツですが今年はなんとか格好がつくまでになりました。一度はこの姿を見たくて懲りずに栽培しましたが収穫量としてはかなり寂しいものですね。ブロッコリーみたいに脇蕾がどんどん出てくるのと比べるとやはり効率の悪さを考えてしまいます。無事にここまでこれたからこれに満足して今後は作らないだろうと思います。
f0018078_17543755.jpg



堆肥の切り返し
久しぶりに堆肥の切り返しをしました。
ここは枯葉と枯らした雑草などがメインです。野菜の残渣なども入れています。
切り替えしながら米糠と鶏糞も醗酵促進のために少し混ぜています。
今回は米糠40リットル、鶏糞は5リットル程度でした。
これでも結構中が熱くなるから醗酵しているようです。
片方を一旦底付近まで掘り上げてから徐々に戻していきます。
f0018078_17551315.jpg



広さ1,2mx1,6m・高さ80cmくらいで鉄板やトタンを枠として使って棒をさして枠を外から押さえています。
f0018078_17553066.jpg



一番底の部分にはカブトムシの幼虫が出てくることが多いです。
以前は取り出して飼いましたが最近はそのままにしています。
f0018078_17555196.jpg



一月も経つと大分沈むのでこれだけでも中々いっぱいにはなりません。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-02-15 20:52 | イチゴ | Comments(2)

イチゴのマルチ

エバーベリー
f0018078_1749532.jpg

ブルーベリーの屋内促成栽培のために外に追いやられたイチゴのエバーベリーですが一粒やや大きめなイチゴが色づいていました。



今日はニュースでも取り上げられたように関東や静岡あたりではアブノーマルな気温でした。
2月に夏日とかあり得ません・・・。

この気温にビックリして今日はそろそろと思っていたイチゴにマルチをかけました。



イチゴは条間、株間でタアサイやら赤チマサンチュ(焼肉を巻いたりする韓国野菜)を育てていました。
f0018078_1754494.jpg




他の場所の葉物野菜も沢山大きく育ったからここのは処分してマルチをかけました。風が強いからマルチがバタバタして已む無く石ころを沢山置いてなんとか終わらせました。
f0018078_17563961.jpg



トンネルの支柱まで済ませて明日トンネルする予定です。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-02-14 20:47 | イチゴ | Comments(3)

剪定した枝の始末@ブルーベリー&NHK趣味の園芸「野菜の時間」・イチゴの特集

今日のNHK趣味の園芸「野菜の時間」はイチゴの植え付けです

趣味の園芸 やさいの時間

教育 : 毎週金曜 午後9時30分~9時50分 午前11時25分~11時45分(再)
毎週日曜 午前7時10分~7時30分(再)

イチゴはプランターでも十分栽培できます。
ブルーベリーの前に収穫できるので私も毎年育てています。
今なら苗も売っているから皆さんも育ててみてはいかがでしょう?




ブルーベリーの剪定した枝の始末

剪定した枝の後始末皆さんはどうされていますか?


こんな始末の仕方もあるというのを一案。



今日、ちょっと剪定した枝です。
f0018078_15342477.jpg







↑これが↓こうなって・・・





f0018078_1535715.jpg








↓こうなりました。
f0018078_1535476.jpg








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-10-31 20:36 | 剪定 | Comments(9)

籾殻get

今朝はめっきり涼しくなりました。

このところ毛布一枚で寝ていたのですが明け方寒さで目が覚めて慌てて押入れから掛け布団を引っ張り出して寝なおしました。メモリーつきの温度計を見ると最低気温が20.9度だったようです。まだ昼間は30度を超えて汗ばむことが多い陽気ですがもう其処此処に秋の気配が漂っているようです。




籾殻get

籾殻を貰ってきました。
田舎なんで周りは田んぼばかりです。
丁度今が稲刈りのピークなんで毎日何処かしらで稲刈りしているのを見かけます。
籾殻も邪魔になる人は野焼きとかしているのでそういう人にお願いすると簡単に貰えます。

今日はとりあえず500リットルくらい貰ってきて100リットルほど地植えのブルーベリーにマルチしておきました。
地植えグロリア
f0018078_1653446.jpg




籾殻はマルチの他にブルーベリーの用土にも少し混ぜて増量材として使っています。
地植え、鉢植え共に使っていますが地植えの時の方が多めに混ぜていると思います。




稲の花

籾殻の話題が出たついでなので籾殻絡みの話題をもう一つ。
鉢植えグロリアにも籾殻を混ぜていたのですが混ぜていた籾から発芽してしていたようです。
f0018078_1657445.jpg



込み入った場所にあったので気が付きませんでしたが花まで咲かせてしまってました(笑
稲の花
f0018078_16581685.jpg




稲も割と酸性が好きなようでブルーベリーと同じに栽培すると稲も栽培できそうです。





週末あたりに稲藁も貰ってくるつもりでいます。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-10 20:34 | 用土 | Comments(8)

ヤシガラの三相とその特性&セダム類のマルチとしての適正について

ヤシガラチップの三相とその特性


ヤシガラチップは私は使わないことに決めているのですが勿論興味はありまして、気が向いたので少し調べてみました。


ブルーベリーには直接関係ない調査なのですがヤシガラの特性について調べられていたので紹介しておきます。


屋上緑化における海浜植物導入の可能性
↑PDFファイルです。



ヤシガラの三相については飽水時で液相が42%程、固相9%、気相49%程度のようです。本文図5参照


この点だけから見るとパーライトや腐葉土に似ているようです。参照↓
f0018078_1419347.jpg

↑読みづらいので画像をクリックしてください。



また、ピートモスと比べると散水時においてピートモスが気相がかなり少なくなるのに対してヤシガラは比較的気相が多く残っており、また日数が経過しても液相が減少しにくく三日目くらいからはほぼピートモスと同じ程度になるということから気相を保ちつつも保水性にも優れていると言うことができそうです。本文図4参照



鹿沼土は気相がかなり少なくなるのでそれに比べるとヤシガラはやはり良いみたいです。
自根でハイブッシュ系を育てる方にはやはりお勧めでしょうかね。





私がブルーベリーのマルチ代わりにしているセダム類と思われる植物について

セダム類は昼間は水分蒸散量が少ないので水分をブルーベリーと競合することは少ないようです。
本文中にもあるようにセダム類が※CAM型植物であることによるもののようです。

セダム類をブルーベリーのマルチ代わりに使うことがブルーベリーにどういう影響を及ぼすかについては正直言って良く分かりませんが以前から思っていたように水分の競合は比較的少ないと言うことが分かってやや安心しています。



※CAM型とは
セダム類はCAM型(Crassulacean Acid Metabolism、ベンケイソウ型有機酸代謝)と呼ばれる特殊な光合成を行います。これは、夜に気孔を開いて二酸化炭素を取り込み、リンゴ酸に変化させて貯え、昼は気孔を閉じて貯えたリンゴ酸を使って光合成を行うので蒸散による水の損失を少なくできます。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-08 20:16 | 調査研究紹介 | Comments(8)

実生の実と鉢増し

f0018078_1785534.jpg

実生苗の一つについていた実が色づきました。

あちこち動かしたりして擦れてしまったせいもあると思いますがブルームがなくて真っ黒です(笑。「蕚の部分も小さいから良い品種にはなりそうもないかな・・・」
それでも時期的には極晩生を狙えるかも知れないからあと2年くらいは育ててみましょうかね。


今日は天気予報では70%くらいの雨の確立だったんですが結局殆ど降らなくてやはりお昼頃水遣りをする羽目になりました(笑。


降らなければ作業が出来るからそれはそれで良しとしましょう。


そろそろ始めようと思っていた秋の鉢増しの開始です。
手始めは実生苗3鉢から始めました。

ラビットアイ系なので5号から8号に鉢増しです。

用土はピートモス、鹿沼土、パーライトと籾殻を少し混ぜてます。
以前はココチップなども混ぜようと考えた時期もありましたが基本的に自根ノーザンハイブッシュ系はやらない方針に決めたので我が家ではココチップは一切使わないことに決めました。
ラビットアイ系なら鹿沼土とパーライトで十分です。
(ココチップが鹿沼土より安いようなら考えますが)


マルチはせずにセダム類ではないかと思っている植物を載せて肥料はIB化成と微量要素を含んだ苦土肥料のハイグリーンとカルシウム肥料のダーウィンを軽く撒いておきました。最近の鉢増しの時の定番です。

f0018078_17271589.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-08-23 16:40 | 実生 | Comments(4)

イチゴのマルチかけ



畑二畝に植えつけたイチゴの作業です。

先週はビニールトンネルで今週はマルチをしました。



先ず、今日入手した微量要素の肥料を薄めにまいて、畝の裾の部分に若干鶏糞も施しておきました。


花を咲かせ始めているものもあるので受粉しておきました。
f0018078_1748191.jpg






黒いマルチを被せて回りに重石代わりの土とか石を置きます。
f0018078_1748173.jpg





マルチの株の中心付近にあたる場所をカッターで穴を開けてそこからイチゴの葉などを出します。
f0018078_17483657.jpg






再びビニールトンネルをかけて出来上がり。
f0018078_17485263.jpg






作業中、ナメクジが1匹いました。
去年随分泣かされたので今年はナメクジ対策もしっかりしようと思っています。




これで時折、水を遣るくらいで春の収穫を待つことになります。
3月中旬くらいには収穫が始まると思います♪




屋内で栽培中のイチゴは細々ながら収穫できています。
最近は粒がなかなか大きくならないのが悩みのタネです。
f0018078_17491053.jpg






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-02-02 19:45 | イチゴ | Comments(2)

イチゴのトンネルかけ

f0018078_174995.jpg





畑のイチゴを防寒と促成のためにビニールでトンネルがけしました。
これから一月くらいは締め切って2月下旬頃から昼間だけは片側だけ開けておくと良いそうです。
これをすると何もしなかった場合と比べて一月ほど収穫が早まるようです。
ブルーベリーが取れるまではイチゴを楽しもうと考えています。
因みに去年は3月半ばには収穫できていました。↓
イチゴの様子

それからプランターのビニールトンネルはこんな風にするようです↓
イチゴの作り方

ついでに少し追肥もしておきました。
再来週の週末あたりにはマルチもしようと思っています。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-01-26 19:02 | イチゴ | Comments(9)