人気ブログランキング |

タグ:マグノリア ( 8 ) タグの人気記事

ブルーベリーの幼果&チャンドラーの摘果

f0018078_1930108.jpg

スター(サザンハイブッシュ系ブルーベリー)の幼果



例年よりは遅れているとは言えブルーベリーの幼果も徐々に大きくなっています。

(ハイブッシュ系は順調に肥大しているようですがラビットアイ系は若干遅れているように思います)


ブルーベリーの幼果を眺めたり、大きくなる様を観察するのも楽しかったりしています。



マグノリアの幼果

f0018078_19302387.jpg






チャンドラーの摘果


幼果が膨らんでくると例年通り摘果の時期でもありまして、今年は割りと摘果も控えるつもりでいますが、やはりチャンドラーだけは少し摘果をしておきました。

一応今年も大きなサイズのブルーベリーにも挑戦してみたいですからね。




ブルーベリーは最初が小さいと最終的にも大きくならないことが多いので小さいものは取り除いて大きな物に栄養を集中させて大きな果実を目指します。



この果房を
f0018078_19304337.jpg




これくらいに減らしました。
f0018078_19305783.jpg




今年も500円玉くらいを目指しましょうかね。


500円玉サイズのブルーベリーは一粒100円くらいで売られたこともあるんですよ。参照↓

二戸観光協会 ブルーベリーの最大粒種「カシオペア・ブルー」発売




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2012-05-24 20:29 | ブルーベリー | Comments(2)

マグノリアの花がやっと咲きました@屋内促成栽培ブルーベリー

f0018078_2155726.jpg


1月12日に屋内で栽培を始めたブルーベリーのなかでなかなか咲かなかったマグノリアも漸く咲き始めました。

花芽が小さかったこともありますが同じ日に入れたサンシャインブルーと比べると一ヶ月程も差がありました。

ブルーベリーは一般的に一ヶ月くらいは花が咲くと言われています。
サンシャインブルーも少しは今でも花が残ってスターはまだまだ結構花が残っています。


もしどちらも散ってしまいそうになったら花粉を採って保存した受粉させようかとも思っていましたがその必要は全くありませんでした。


ともあれ、マグノリアは促成して早期出荷を目指すのには全く不向きなようですね(笑。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2011-02-18 20:54 | 促成栽培 | Comments(6)

屋内促成栽培ブルーベリー開花時期のズレ

f0018078_18211895.jpg

部屋のサンシャインブルーとスターの花


部屋に入れたサンシャインブルーとスターは順調に開花しています。
やはりサンシャインブルーの方が経過が早くて既に満開は過ぎて落ちる花冠が大分増えてきています。
一方、スターの方は今が概ね満開くらいだと思います。

ちょっと問題なのがもう一つのマグノリアで漸く花芽が展開して蕾が膨らみ始めた程度です。
今、スターが満開ですからマグノリアの初期の花にギリギリ間に合うかどうか位だと思います。
f0018078_18214059.jpg



以前、私が調べた情報ではマグノリアもスターも低温要求時間は400~500程度となっていましたが実際はスターの低温要求時間はもっと少ないのかもしれません。
(因みにサンシャインブルーは150あるいは300という二つの情報があります)参照↓
サザンハイブッシュ系の低温要求時間



今回の屋内促成栽培はマグノリアを最初に部屋に入れてそれから半月ぐらい後にスター、更に半月くらい後にサンシャインブルーを入れたら全ての開花時期がピッタリ合ったように思います。


花芽が小さいのは早く咲いて花芽がまだ小さいのはなかなか咲かないのでそのあたりも目安になると思います。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2011-02-07 20:19 | 促成栽培 | Comments(4)

屋内促成栽培ブルーベリーの開花

f0018078_17351089.jpg

サンシャインブルーの花

部屋に入れたブルーベリーが咲き始めました。

マグノリアとスターは12日、サンシャインブルーは17日に部屋に入れましたがサンシャインブルーとスターが咲き始めています。
サンシャインブルーは普通はもっとピンクの花ですがやはり暖かい部屋の中では蕾の時こそピンクが残るものの開花の時点では殆ど白くなってしまいますね。



スターの花
f0018078_17372395.jpg



開花の時期を合わせる為にサンシャインブルーを遅らせたのでスターとはピッタリのタイミングでしたがマグノリアはまだまだ花芽が展開していないので大分ずれてしまうかもしれません。
(厳密に言うとサンシャインブルーの方が若干早く咲きそうです)


マグノリアの花芽
f0018078_17394458.jpg



全体的にはこんな感じです。
f0018078_1741262.jpg






去年は1月8日にスターを部屋に入れて2月1日頃に咲き始めたのでスターの場合は部屋に入れてから大体20日前後で開花する感じだと思います。
やはりサンシャインブルーとかシャープブルーはそれよりも1週間程度開花が早いように思います。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2011-01-30 17:31 | 促成栽培 | Comments(5)

ブルーベリーのナメクジの被害はこんな感じのようです。

f0018078_16581763.jpg



f0018078_16583059.jpg

ナメクジに舐められたマグノリアの実



春先に撮った写真でしたが機会がなくお蔵入りしそうだったのでUPしておきました。

他に該当しそうな害虫がいなかったからおそらくナメクジが舐めたものだと思われます。


ナメクジの被害で此処までのものは殆ど見かけませんが春先にまだ色づく実が少ない頃にはこうした状況もあるようです。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-08-09 20:57 | 害虫 | Comments(6)

今日は根接ぎ@ブルーベリー栽培

今日は去年の根接ぎの成績が良かったことに気を良くして根接ぎを幾つかやりました。


去年買ったマグノリアとダプリンが頃合のサイズなのでまずはその二つです。
これで自根苗がまた二つ減らせそうです♪



こんな感じです。
f0018078_1750029.jpg




f0018078_17501736.jpg





そういえば大関ナーセリーさんでパテント品種の最低購入本数の引き下げがあるようですし愛好家の方でも購入する方も増えると思います。ニッポン緑産さんあたりでも購入の際に契約が必要な品種があるようです。(ニッポン緑産さんの詳しいことは分かりません)そういう品種は一切の増殖が禁じられているから普通の切接ぎなどは出来ないことになると思います。
(接ぎ木する際に元の木を処分すると言うことだとどうなるか分かりませんが・・・)


そうした品種を接ぎ木栽培したい時には根接ぎなら大丈夫だと思います。根接ぎならオプションとしてラビットアイ系の根が足されるだけで増えませんからね。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園

More  今日作った根接ぎ
by BlueBerryNote | 2009-05-03 20:16 | 接ぎ木 | Comments(6)

中山間地域における販売方法を想定したブルーベリーの品種構成

f0018078_15175238.jpg

マグノリアの花は大分咲きそろってきました。(写真)
今朝はリベールも一つ咲いていて、夕方にはパールリバーも一つ咲いていました。

ラビットアイ系ではウッダードとホームベルが一つずつ咲いていました。

ノーザンハイブッシュ系ではブラックバンビさんから買ったブリジッタが一つ咲いていてこれがノーザンハイブッシュ系の最初の花になりました。


施肥、挿し木、接ぎ木、防鳥ネットと春先の作業はどうやら一段落でこれからは毎朝の受粉作業くらいで暫くはブルーベリー関係は楽ができそうです。


最近は忙しくてネット(web)での情報収集もなかなか儘ならなかったのですが久しぶりに調査研究の紹介です。愛好家の方には申し訳ないのですが私も含めて趣味でのブルーベリー栽培ではあまり関係のない話かもしれません。それでもブルーベリーの市場価格の推移とかは知っていても損はなさそうには思います。





中山間地域における販売方法を想定したブルーベリーの品種構成


こういった情報が需要があるかは分かりませんが今日、紹介するのは東濃地域でのブルーベリー生産農家が販売方法を市場出荷、直売所、摘み取り園のそれぞれに限定した場合の最も効率が良い品種構成について考察したレポートです。

中山間地域における販売方法を想定したブルーベリーの品種構成←Pdfファイルです

やはり、ブルーベリーの市場価格は6月中旬あたりまでが高めで推移してそれ以降はキロ1000円程度で推移するようです。(一般的に早生ものというのは高値ですし、ブルーベリーでは早生品種は栽培も難易度が高いし収量も少ないから収穫初期は高くなるのでしょうね)


市場出荷限定では市場価格が高い早生と中生で構成しています。直売所ではややバランス型ですが収量が多いラビットアイ系を中心にして6~8月まで安定して出荷できるようにして、摘み取り園では収量重視でラビットアイ系のみが良いとしているようです。



この他にも極早生と極晩生は何でも高いですから今日のレポートでは触れていませんが市場出荷限定ではさらに促成栽培を加えても高値を狙えるかもしれません。
(先日、紹介した↓こちらのマニュアルでも2005年度の出荷単価は5月中は大体キロあたり3500円くらいでした)
傾斜ハウス及び傾斜地養液栽培システムを利用したブルーベリーのコンテナ養液促成栽培技術マニュアル(中段付近にあります)

また極晩成のラビットアイ系を加えるというのも面白そうな気がします。(市場出荷限定の場合)今日紹介したレポートでもその他のレポートにおいても9月中旬以降の価格が上昇傾向にあるようです。(ただ、レポートは9月中旬までで終わっているものが多いのでそれ以降については分かりません)





レポートの解説については素人が適当な憶測で付けたのだけなので(いつもそうですが)そんな考え方もあるという程度でお考えください。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-03-24 20:59 | 調査研究紹介 | Comments(6)

接ぎ木の1次成長(2)

f0018078_10125578.jpg



部屋においている接ぎ木の経過の報告です。



2月21の記事で報告したミスティーの接ぎ木はその後も順調に成長しています参照↓
接ぎ木の1次成長始まる
↑写真では葉が展開し始めた二つです。
因みにミスティーは接ぎ木をする時点でミスティーの親木も既に屋内で促成栽培を開始していたので動き出しも早かったようです。



他では最も葉芽が成長しているのがオニールでマグノリア2本とジョージアジェム1本がやっと葉芽が大きくなり始めたのが確認できる程度です。




ここで挙げたサザンハイブッシュ系は低温要求時間が短いこともあって先月の10日に接ぎ木したものばかりです。葉芽の動きがみられないもののほうが多いから平均すれば1次成長が確認できるまでには1ヶ月以上かかるということになりそうです。


接ぎ木の本によりますとあまり穂木の動き出しが早いと穂木がエネルギーを使い果たして癒合及び2次成長までもたない場合もあるらしいからミスティーは少し心配かもしれないと考えています。他のものは今のところ問題ないだろうと思っています。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-03-08 20:09 | 接ぎ木