人気ブログランキング |

タグ:ダプリン ( 12 ) タグの人気記事

ダプリンの三季目の収穫

ダプリンの三季目の収穫_f0018078_18583953.jpg


ダプリンの色づき



一昨日の記事でも書きましたが今年の冬は事の他暖かいようで明日も随分気温が上がるらしいです。




そんな暖かい初冬のおかげもあるのだと思いますがダプリンの今年三期目の果実が色づいています。
たった二粒ですけどね(笑。


これまでの経過を書きますと

ベッキー台の接ぎ木で春に咲いて梅雨前の収穫も終わった7月16日頃、2期目の花が咲きました。

それが色づいたのが9月の10日くらいで丁度その頃3期目の花も一緒に咲いておりました。
(流石に此花は徒花となると思っていましたがその後一応肥大したことは11月12日に一応レポートしておきました)


特に何か特別なことをしなくても年に3回実が成るのだから不思議なものです。
(秋に山上げして低温要求時間を過ごさせて加温すれば開花できるようですけどね)

ダプリンに限らずブルーベリーの花芽分化のメカニズムを研究テーマにするのも面白いかもしれません。




これまでの経過はブルーベリーの二期成りの書庫↓を見ていただければお分かり頂けると思います。

ブルーベリーの二期成り



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-12-13 20:57 | ブルーベリーの二期成り | Comments(4)

ダプリンの秋果色づく

ダプリンの秋果色づく_f0018078_197178.jpg


夏に咲いたダプリンが色づき始めました。
開花時の記事↓
ダプリンの夏の花と二期成り品種@2010/07/16


色づき始めたばかりなので収穫までに1週間くらいかかりますから収穫が16日頃だろうと思われます。

普通ハイブッシュ系品種で開花から収穫までに60~70日程度と言われているいますが今年のような暑い夏でもこの期間にそれ程変化がなかったようなのでブルーベリーの成熟には気温はそれ程影響しないのかもしれません。


家で育てているトウモロコシなんかは大分収穫が早めだったんですけどね。


実はこのダプリン、また花を咲かせまして低温要求時間とかどうなっているのだろうと首を傾げるばかりです・・。


追加写真
(昨晩は写真がありませんでしたが今朝撮って追加upしました)
ダプリンの秋果色づく_f0018078_7511410.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-09-09 20:06 | ブルーベリーの二期成り | Comments(6)

ダプリン、二期目の幼果

ダプリン、二期目の幼果_f0018078_18552758.jpg


7月16日に花が咲いたのを紹介したダプリンです。
他にブルーベリーの花は咲いていなかったし特に人工授粉とかもしませんでしたが結構結実してくれているようです。
ダプリンは自家受粉出来る品種なのでしょうね。
思えば二期成り品種は自家受粉出来ないと意味がないからこの点もダプリンは合格みたいです。


一般的にハイブッシュ系品種で開花から収穫まで60~70日程度と言われていますから、その通りだと9月中旬~下旬の収穫になりそうです。
(因みにラビットアイ系は開花から収穫まで80~90日程度と言われています)

夏場は平均気温が高いからその影響で早くなることもあるかもしれません。(そうだとすると、ブルーベリーはスイカなどと同じく毎日の平均気温の積算が一定の値に達すると熟す植物と言えると思います)




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-07-30 20:54 | ブルーベリーの二期成り | Comments(7)

ダプリンの夏の花と二期成り品種


ダプリンの夏の花と二期成り品種_f0018078_1758461.jpg
ダプリンの花


他の方のブログでもチラホラ花が咲いている話題が取り上げられているようですが我が家ではダプリンの花が咲きました。

何らかの条件で開花するのだろうけれどこの時期に咲く花についてはよく分かっていません。
多分、低温要求時間あたりと関係があるのだと思います。それから今年は春先寒い日が長かったからそのあたりとも関係するのかもしれません。
二期成りという特性をコントロールできるようになったら面白いでしょうね♪



二期成りで有名なのはホルトブルーペティットですが去年枝を貰って挿したものは結構発根率も良かったようです。

見落としで一粒だけ実が成っています。
ダプリンの夏の花と二期成り品種_f0018078_17581491.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-07-16 20:43 | ブルーベリーの二期成り | Comments(5)

呼び接ぎのダプリンのケア@ブルーベリー栽培

呼び接ぎのダプリンのケア@ブルーベリー栽培_f0018078_19315840.jpg


一月ほど前の写真なんですが呼び接ぎしたダプリンです今ひとつ調子が良くありませんでした。

と言うことでこの際、呼び接いでいない方の枝はそっくり落としてしまいました。
やはりその方が根への負担は減らせますからね。



勿論、こんな感じの呼び接ぎでも元気な場合はそのまま育てています。
割と育てにくいと言われるエリザベスとかも普通に両方とも育ったりしています。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-06-08 20:29 | 接ぎ木

接ぎ木の怪しい接合部@ブルーベリー栽培

接ぎ木の怪しい接合部@ブルーベリー栽培_f0018078_17231653.jpg


ダプリンの接ぎ木です。
この品種は風味が独特ということで育てている品種ですが実はまだその風味を味わっておりません。



去年作って1年経過でこれくらいですから我が家としてはまあまあ良い方の成長だろうと思います。

そんなダプリンの接ぎ木ですが実は接合部はかなり怪しいことになっています。

本来癒合すべき筈の最も広い面は向こうが透けて見えています(笑。
接ぎ木の怪しい接合部@ブルーベリー栽培_f0018078_17254260.jpg



最下端から背面のほんの一部分で繋がって今では地上部を支えられる程度になっているようです。

18日に記事にした折れた接ぎ木も最終的にはこうした形になるのだろうと考えています。


不器用な者のやることなんで色んなケースが発生します。
業者さんなら売り物にならなくて破棄するのかも分かりませんが趣味の栽培ですから何でも「あり」です(笑。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-05-22 20:21 | 接ぎ木 | Comments(6)

台風で接ぎ木がポッキリ@ブルーベリー栽培

台風で接ぎ木がポッキリ@ブルーベリー栽培_f0018078_1840115.jpg


油断しておりました。

接合部も大分太くなっていたから多分大丈夫だろうと思っていましたが電柱まで倒れた所もあるとの由、ブルーベリーの接ぎ木が折れるくらいは至極当たり前のことだったようです・・・。

添え木もあったし、大きい方は長さ80cm、接合部付近も2cm近い太さになっていたのですがやはり此処は弱いのですね。


3年生コースタルに5本成功していたうちの2本、この鉢だけがやられました。
リベールとレカが折れてネルソン、プル、ダプリンが生き残りです。
リベールとレカは接ぎ木が何本かあるからまだ接ぎ木がないダプリンを大事に育てることとしましょうか。
台風で接ぎ木がポッキリ@ブルーベリー栽培_f0018078_18455777.jpg




2年ぶりの台風上陸、接ぎ木にも大分慣れて侮っていたことも反省材料です。


カッコ悪いのでコメントはなしで・・・。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-10-08 20:39 | 接ぎ木

今日は根接ぎ@ブルーベリー栽培

今日は去年の根接ぎの成績が良かったことに気を良くして根接ぎを幾つかやりました。


去年買ったマグノリアとダプリンが頃合のサイズなのでまずはその二つです。
これで自根苗がまた二つ減らせそうです♪



こんな感じです。
今日は根接ぎ@ブルーベリー栽培_f0018078_1750029.jpg




今日は根接ぎ@ブルーベリー栽培_f0018078_17501736.jpg





そういえば大関ナーセリーさんでパテント品種の最低購入本数の引き下げがあるようですし愛好家の方でも購入する方も増えると思います。ニッポン緑産さんあたりでも購入の際に契約が必要な品種があるようです。(ニッポン緑産さんの詳しいことは分かりません)そういう品種は一切の増殖が禁じられているから普通の切接ぎなどは出来ないことになると思います。
(接ぎ木する際に元の木を処分すると言うことだとどうなるか分かりませんが・・・)


そうした品種を接ぎ木栽培したい時には根接ぎなら大丈夫だと思います。根接ぎならオプションとしてラビットアイ系の根が足されるだけで増えませんからね。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園

More  今日作った根接ぎ
by BlueBerryNote | 2009-05-03 20:16 | 接ぎ木 | Comments(6)

イラガの繭の観察とブルーベリーの意外な効能

イラガの繭の観察とブルーベリーの意外な効能_f0018078_15442151.jpg

ダプリン

我が家のダプリンは大分蕾が緩みかけて程なく咲くと思います。
ネットを掛けているのは取り避けではありません。


実はこの中にイラガの繭がありまして春にどんな具合に出てくるのか観察するためのネットです。
イラガの繭の観察とブルーベリーの意外な効能_f0018078_15524010.jpg



2008/11/30の様子↓
イラガの繭onダプリン@サザンハイブッシュ系ブルーベリー



ブルーベリーの意外な効能

イラガ絡みで興味深くてためになりそうな情報があったので紹介しておきます。

えんどーさんのブログようこそ。 えんどう農園へ おもしろう記事見つけました。という記事で知ったんですが
元々は広島県の神峯園さんのブログの記事の引用で


2008/11/14の記事
[神峯園] ブルーベリーDiary 日本ブルーベリー協会第15回総会シンポジウム後の交流会
という記事の

(8) 毛細血管を強くする機能
で、以下引用
とくにイラガは刺されると赤く腫れてなかなか痛みも腫れも引かないやっかいものですが、刺されてすぐブルーベリーの実を潰して患部に擦り込むと、5分もたたないうちに痛みはなくなり、腫れも治まります。これは他の炎症に対しても有効で、小さいお子さんなど蚊に刺されると赤く腫れますが、同じようにブルーベリーを擦り込むと赤みは引き、かゆみもなくなります。

とのことでした。
私も注意はしていても年に2~3回はイラガに刺されます。蚊には何度も刺されるからそういった際には試してみようと思います。

勿論、記事では機能性について(1)~(8)まで挙げられているので読んでおかれるとことをお勧めします。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-04-06 20:45 | 害虫 | Comments(7)

ブルーベリーの接ぎ木開始

今日は今年初めての接ぎ木をしました。
やはり手加減を忘れていますね。


今日は風が強くて寒いから大きな台木には明日することにしてとりあえず2年生台木から始めました。今のところダプリン、シエラ、カロラインブルーなど8本を済ませて一休みしてこれを書いています。
まずはまだ接ぎ木が無いハイブッシュ系の品種を一通り作るつもりです。
ブルーベリーの接ぎ木開始_f0018078_16515176.jpg





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園

More ドラマスペシャル 白洲次郎
by BlueBerryNote | 2009-02-21 20:49 | 接ぎ木 | Comments(2)