人気ブログランキング |

タグ:タラのふかし ( 10 ) タグの人気記事

ワサビの花、タラの収穫、、つくしんぼう

f0018078_18504376.jpg

先日、植えつけたばかりだったワサビの幼苗が小さな花を咲かせました。
家では初めて見る花なのでちょっと嬉しい♪



既に1回収穫した「タラのふかし」は二度目の収穫に至りました。
f0018078_18505652.jpg


今回は胡麻和えで食べました。
定番の天ぷらが美味しいことは勿論ですが、胡麻和えもそれに負けずに美味しいですよ。




今年は、なかなか見かけなかった土筆ですが、1本だけ見つけました。
これだけ大きくなっているのだからちゃんと探せばもっと沢山見つけられることでしょう。
f0018078_1851112.jpg




しっかし、今年はやはり寒いですね~
ブルーベリーの花たちも全般的に遅れてしまっているようです。
今年のブルーベリーの収穫は例年より晩くなりそうに思います。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2012-03-25 20:49 | 山菜と椎茸と山野草

タラの芽、大分膨らんできましたよ

f0018078_19355566.jpg



本当に今年は寒い冬ですよね。
ブルーベリーの低温要求時間とかは調べる気も起きないくらい十分満たしていそうに思います(笑。

それでも陽のほうは大分長くなっているようで夕方5時でもまだ大分明るいです。
一雨ごとに暖かくなってくれればと思っています。



さて、1月18日に開始した今年の「タラのふかし」ですが新芽の緑が見た目にもはっきり分かるくらいに膨らんできています。


これくらいの大きさから収穫できるサイズになるまで、まだ多分20日~1ヶ月近くは掛かりそうなので食べられるのは3月半ばくらいでしょうかね。


今年はまだ蕗のトウも見ていないのでその頃にはフキノトウと一緒に天ぷらとか胡麻和えにして食べたいと思っています。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2012-02-18 20:34 | 山菜と椎茸と山野草

タラの芽が膨らみ始めた

f0018078_1813447.jpg


1月18日に始めた「タラのふかし」の経過です。

去年までは朝だけ暖房が入る場所においていましたが今年は部屋の窓際ではあるけれど暖房は一切ない場所においています。

経過を比較してみたのですが今年の寒さにも関わらず成長具合はさほど変わっていないようでした。

去年は12月27日に初めて18日に経過の記事を出しましたが今年も二十日弱くらいで芽の動き出しが確認できたから概ね似たようなものだと思います。



大体、2ヵ月半くらいで収穫に至るので3月初旬くらいには収穫できると思います。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2012-02-05 20:01 | 山菜と椎茸と山野草

タラのふかし始めました。

f0018078_1939410.jpg


今年もタラの芽を早めに食べようと思い「タラのふかし」を始めました。



今年は割りと良い幹が多めに取れたのでちょっと贅沢をして1本ずつを長めに切って大きめの芽を目指します。


例年1本に1芽か2芽にしていましたが今年は最低3芽若しくは20cm程度以上にして先端部分の多いところでは4芽、5芽というものも作りましたよ。
f0018078_19391821.jpg




これに水を3~4cm程度の高さまで加えて部屋の窓際においておけば一月ちょっともすればタラの芽が食べられます。
f0018078_19393294.jpg



毎年思うのだけれど市販されているタラの芽は、やはり我が家で作るものとは比べ物にならないくらい太くて確りしているから少しでも近づければと思っています。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2012-01-18 20:27 | 山菜と椎茸と山野草

タラの芽が動き始めました@「ふかし」

f0018078_1883140.jpg


12月27日に開始したタラの「ふかし」ですがようやく芽が動き出したのを確認できました。

早い時期に始めると芽が動くまでに大分時間が掛かりました。


晩くに始めた時は芽が動き出すまでにそんなに時間が掛からなかったように思って過去の「ふかし」の経過を確認した所、やはり早い時期に始めると収穫までの期間がかなり長くなることが確認できました。



タラふかし

開始日 芽だし確認日芽出し迄 収穫日収穫までの日数開始時点の低温要求時間

2010
12/27   1/17      21日間                     222 h
2010
01/04   1/24      20日間  02/19   51日間      349 h
2009
01/14   1/26      22日間  02/21   38日間      506 h
2008
02/04   2/21以前   16日間  03/05   29日間      822 h 
2007
02/14   2/24      10日間  03/05   25日間




キチンとした温度管理とかは出来ていませんから学術的な資料にはなりませんがブログの記事を遡ってチェックするだけでも大体の傾向とかは掴めるものですね。
我が家の場合は部屋の窓際で朝に暖房を入れる程度の加温ですからコストとかは関係ないですが加温ハウスとかだったらどの時点で始めるのが効率が良いのか損益分岐点とかもあるかもしれません。

これはタラの場合ですが同じようなことがブルーベリーの加温促成でも言えそうです。
実際我が家のブルーベリーの促成栽培でも早い時期に始めると収穫までの期間が長くなったように記憶しています。


これはタラの促成ですが野菜の種蒔きでも似たようなケースが多いように思います。
トウモロコシなんかだと春先にはかなり早く蒔いたものとその一週間後くらいに蒔いたもので結局収穫時期が殆ど変わらないケースが結構ありますよ。
逆に秋口に種を蒔く場合は2~3日違うだけでも収穫が一週間以上も違うと言うこともよくあります。

このあたりのことを念頭に入れて種蒔きすると上手な「ずらし蒔き」が出来ると思います




過去のタラのふかしについてはこちら↓でご覧いただけます。
タラの書庫

宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2011-01-18 20:06 | 山菜と椎茸と山野草

タラの「ふかし」開始

f0018078_1813085.jpg


今冬のタラの「ふかし」を始めました。

年々前倒しで開始を早めて作冬は1月4日に始めましたが、今冬はとうとう年越しを待たずに開始です。

↓こちらの情報では12月にふかし始めているようなので可能ではあると思います。
(品種によって低温要求時間が長い品種もあると聞いているので全てのタラが可能ではないかもしれません)
タラの栽培




大体、1mのタラの木が2本で↑の写真の量になります。
毎年、切り方について質問が幾つかあるので我が家の切り方についてもUPしておきます。
丸鋸でストンストン切ってしまうので5分も掛からずに終わります。
f0018078_1815226.jpg




我が家のタラの「ふかし」については↓こちらで大体分かると思います。
タラの芽




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-12-27 20:59 | 山菜と椎茸と山野草

うるい(オオバギボウシ)の蕾、行者にんにくの蕾、タラの胡麻和え

f0018078_8184027.jpg

うるい(オオバギボウシ)の蕾
今朝見たら蕾が顔を覗かせていましたよ。
勿論、花を見るのも初めてなのでとっても楽しみです!



全体も大分大きくなりました。
f0018078_819158.jpg




行者にんにくの蕾

先日紹介した行者にんにくの蕾も大分展開してきて程なく咲きそうです。
f0018078_8191989.jpg




タラの芽の収穫と胡麻和え

タラの「ふかし」の全ての芽が出てこれで今年の「ふかし」はお仕舞いです。
f0018078_821145.jpg



今回は胡麻和えを作ってみました。
少し菜花も混じっています。
やや苦味があってこれもまた美味しいですよ♪
f0018078_8211571.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-04-28 07:13 | 山菜と椎茸と山野草 | Comments(2)

タラのふかしの近況

今朝、日テレのズームインでタラの「ふかし」用の枝の通信販売らしきものを紹介していました。
やはり枝が太くて出てくる芽もかなり充実した太いものでした。


我が家の最初にふかしした物ははあれに比べたらかなり小さな芽だから少し展開させないと小さすぎてしまいます。



実は昨日我が家でも追加で一番太いタラを切って第3弾のふかしを開始していました。
一番太い部分で4cmくらいの太さです。
f0018078_20425673.jpg



容器も一気に大きくして1~3弾の全てを一つに収めました。
f0018078_2043241.jpg


もう葉が展開しているからいつ食べても良いのだけれどもう少し展開させてまとまった所で食べようと思います。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-02-09 21:43 | 山菜と椎茸と山野草 | Comments(6)

タラの木は太く大きくなっています。 (クチナシの花も

f0018078_17344664.jpg

クチナシの花が咲きました。実が染料になるのでそれが楽しみで育てています。
(右に蕾もあります)





タラの木の近況


冬に「ふかし」(水栽培でタラの芽を促成栽培すること)で早取りしているタラの木の近況です。

「ふかし」については↓こちらを見るかタラの芽の書庫をご覧ください。
タラの芽の収穫とスーパーのタラの芽
一応写真ではこんな感じです。
f0018078_17393675.jpg



我が家では5本程を空いている場所に植えてあります。植えているのは果樹の間とか日の当たりにくい場所とかですが場所によってはかなり大きくなっているものがありました。
縦横大体2mくらいになっていたので少し手前の葉や横に伸びすぎた葉などは落としています。
f0018078_17381353.jpg



太さも今年の春先に「ふかし」した枝は太いもので精々2cm程度だったと思いますが今の段階で太いものは3cmくらいになっているものがありました。これだけ太ければ「ふかし」でも大分太くて良い芽がとれそうです♪
タラの木もやはり場所とか土でかなり生育が違うようで去年並みの太さににしかならない木もありました。
f0018078_17383926.jpg



タラは繁殖力も旺盛で植えて2年目ともなると近くの其処此処から芽が出てきます。一番生育が良い木の付近からは5~6箇所から芽が出てきています。
写真にも4箇所程から芽が出ています。
f0018078_17385861.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-07-08 20:57 | 山菜と椎茸と山野草 | Comments(4)

タラの芽促成栽培(タラのふかし)

f0018078_8141623.jpg




2月4日に始めたタラの芽を取るための促成栽培の経過です。



前回の記事は↓こちらです。
タラの木の水耕栽培2008




元々頂芽だった芽は大分大きくなって元々は脇芽だった芽もようやく芽吹き始めました。
去年はこれくらいまで10日だったんですが今年は17日かかっています。
今年は寒かったからその影響だと思います。
去年は25日で収穫だったから今年は7日遅れくらいで来月の11日くらいの収穫になりそうです。





去年の記事↓
タラの芽水耕栽培(2)10日目




耳寄り情報

タラの木にも品種がありまして最近良く売られているのは以下のもので特徴を書き添えておきました。
静岡みどり
ウルトラ・タラちゃん(普通に育てていても脇芽からも収穫できる)
駒みどり(休眠時間400時間程度)
新駒みどり(本当は新駒という名前で休眠時間が必要ない、落葉したらすぐに「ふかし」が出来る




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-02-21 07:09 | 山菜と椎茸と山野草 | Comments(2)