人気ブログランキング |

タグ:イチゴ屋内栽培 ( 8 ) タグの人気記事

屋内イチゴの色づき

f0018078_18134278.jpg


今年は屋内ではプランター一つだけでイチゴを育てています。
クリスマスを間近に控えてようやくイチゴが色づきました。


このところ寒かったですが今年はかなりの暖冬傾向でイチゴの価格はかなり安くてイチゴ農家の方がこぼしてました。
他のかたのブログでも露地栽培でイチゴが色づいている記事を其処此処で見かけたから今年はそういう気候だったのだと思います。


来年2月くらいにマルチ、トンネル、追肥を予定です。


トンネルといえば農ポリを使われる方が多いと思いますが近所のカインズホームセンターで何故か殆どの農ポリが最大2割くらい値引きされていました。
売れないのでしょうかね・・・。

これもデフレかな・・・。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-12-23 20:12 | イチゴ | Comments(3)

トンネルイチゴの一番果

f0018078_14554597.jpg

庭の畑でトンネル栽培していたイチゴです。

寒波も抜けたようなので掛けなおしていたビニールトンネルを外しました。
流石にもうトンネルは必要なさそうなので支柱も外しました。
葉が大きく高くなっています。

トンネルしていた間してなかった古い下葉も今日は大分整理できました。
ランナー取りと受粉もしておきました。



予想していなかったのですが一つだけ赤くなっていました。
f0018078_14564124.jpg



ナメクジに舐められていて食べられなかったですけど・・・・。
そろそろナメクジ用のベイトタイプの薬を使おうと思っています。



次にはこれがあかくなりそうです。
f0018078_1457874.jpg



その後も続いているので4月中旬くらいからボツボツ取れ始めることでしょう♪
f0018078_14572335.jpg






受粉についても心強い応援団が来てくれていました。
f0018078_15203845.jpg





花アブはブルーベリーの方でも2~3匹見かけたのでブルーベリーの受粉にも一役買ってくれそうです。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-03-29 18:53 | イチゴ | Comments(8)

イチゴの暗黒低温処理の効果

9月21日~10月~21まで暗黒低温処理を行ったイチゴの経過です。
暗黒低温処理については↓こちらです。
イチゴの暗黒低温処理
(イチゴの苗を箱に入れて冷蔵庫のチルドルームに置くだけです)


この処理をしなかった屋内のイチゴと変化が現れてきたのでレポートしておきます。



暗黒低温処理しなかったイチゴ

実も付いていたりするのだけれど今ひとつ元気がありません。

ニョホウ2株、紅ホッペ、アスカルビー
f0018078_16313558.jpg


アキヒメ2株、紅ホッペ、アスカルビー
f0018078_16315594.jpg





暗黒低温処理したイチゴ


処理が遅かったから実こそ付いていませんが花が沢山咲き始めました。
葉も大きくて葉柄も長く株が大きくなりました。
アキヒメ4株
f0018078_16321567.jpg


来年はもうちょっと早く処理をしてクリスマスに沢山取れるようにしたいです。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-12-12 20:01 | イチゴ | Comments(2)

エバーベリーとイチゴの近況

f0018078_16411010.jpg

エバーベリー

イチゴも寒くなると眠る品種が多くて休眠時間をいかに確保するとか結構面倒な場合もあってりします。
ニョホウとかはかなり短いらしくて、アスカルビーが100時間程度、アキヒメはもうちょっと長くて紅ホッペが更に多くサチノカあたりは大分長めで晩生になるようです。

タイトルのエバーベリーは休眠しない品種のようで適温になればいつでも開花結実する所謂四季成り品種で試しにこうした四季成り品種で屋内促成するために一株買ってみました。


ランナーが1本出ているから即、2株には出来そうです。
早速プランターに植えつけてランナーもプランターに着地させました。






イチゴの近況

屋内のイチゴたちは大体元気です。




ニョホウ

このニョホウは収穫です。
f0018078_16423674.jpg






アスカルビー

かいづさん産のアスカルビーは今日も咲いていました。
f0018078_16431283.jpg








アキヒメ

幼果が一つとこれから蕾になる塊も見えています。
f0018078_1644414.jpg





畑のイチゴ

屋外のイチゴも一株だけ枯れましたが他は大体元気です。
(欠株はトヨノカを補充しておきました)
f0018078_16444599.jpg



矮化するのはもう少し先のように思います。








蛇足の話題

バナナの次の「ダイエット」 は「キウイ」?「とろろ昆布」?あたりらしい。

2008年大晦日のテレビ番組
・ 紅白歌合戦 - NHK
・ ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! - 日本テレビ
・ K-1 PREMIUM2008 Dynamite!! - TBS
・ Qさま!! - テレビ朝日

原油値下がり一頃147円だった原油価格、今は48円台だそうです。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-22 20:47 | イチゴ | Comments(2)

屋内イチゴの色づきとアスカルビーの品種特性

屋内のニョホウも色づいてきました。
ニョホウは休眠時間が極端に短いのでこうした促成栽培が簡単に出来る品種と言われているようです。
f0018078_823771.jpg





数日中にも収穫できそうです。
f0018078_82595.jpg





他にも紅ホッペやアキヒメも花が咲いています。
f0018078_83259.jpg






アスカルビーの品種特性

他にもアスカルビーも屋内で育てていてアスカルビーの特性情報があったのでお知らせしておきます。


イチゴ新品種‘奈良7号’(出願名称‘アスカルビー’)の育成
[要約]
イチゴ‘アスカウェイブ’と‘女峰’を交雑して,新品種‘奈良7号’(仮称)を育成した。本品種はランナー発生が多い,花芽分化が早い,大果で果形の揃いが良い,食味が良い,収量性が高いなどの特長を有し,省力・多収・高品質生産が可能な促成栽培向き品種である.



休眠は‘とよのか’と同程度で短く,5℃以下の低温要求量は約100時間である。
うどんこ病抵抗性は中程度で,‘とよのか’より強い。






イチゴ‘アスカルビー’における果実の成熟と品質との関係
[要約]
‘アスカルビー’の果実は、成熟日数が比較的長いが、着色の速度が速く、これにともない果実硬度が低下しやすい。不完全着色果の収穫後の着色は良好である。高温期の収穫では8分着色果を追熟させると糖度・酸度・果実硬度など品質の低下が少ない。




休眠時間が100時間だからアスカルビーも屋内促成栽培しやすそうです。





どうしても冬場は取れないブルーベリーよりも収穫できるものへの興味が強くなってしまいます。イチゴのレポートなどを読む機会も多いですが時にはブルーベリーに使える情報なども混ざっていたりしてやはり園芸は繋がっているな~と思う今日この頃です。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-14 20:49 | イチゴ | Comments(6)

イチゴの植え付けと 初収穫と

f0018078_9144988.jpg

苗取りが遅れて先延ばしになっていたイチゴの植え付けもやっと済ますことができました。
右の列から
手前紅ホッペ6株、奥アキヒメ6株
手前サチノカ5株、奥トヨノカ6株
手前アスカルビー3株、中ニョホウ2株、奥トヨノカ6株
左手前アレキサンダー4株、アキヒメ1株、奥トヨノカ6株
計44株
当初栽培予定になかったトヨノカが結局18株混ざってなんとか数を揃えました。
ランナー取りの状態のままで植えつけた部分があるのはちょっと恥ずかしい(笑

マルチは2月の追肥のときにする予定です。




イチゴの初収穫

ポットで咲いていたイチゴ(紅ホッペ)の花が一粒ですが色づきました。小さなイチゴですがシーズン初の収穫となりました。
f0018078_91675.jpg




f0018078_9162229.jpg




昨日の収穫ですがイチゴは左下隅のちっちゃい赤い点です(笑
因みにこの中には8月に蒔いたエンドウの実が混ざっています。エンドウは暖地では普通冬越ししないと収穫できないので冬前に収穫できたのはかなり画期的なことだと思っています。新しい品種だから出来たことですがエンドウの旬は変わるかもしれません。
f0018078_9164448.jpg






屋内で栽培しているプランターのイチゴ達

ニョホウ2株も花が咲いて実が幾つか膨らみ始めています。
先日のNHK趣味の園芸野菜の時間でも触れていましたがこれは苗を買う時点で沢山ある苗の中から数少ない花が咲いているものを選んで買いました。やはり花が咲くスイッチがONになっていることが明らかだから促成には向いているようです。
因みにニョホウは休眠時間がかなり短いので促成はしやすいようです。
参照↓
農業マメ知識
>女峰は休眠が著しく短く、電照もジベレリン処理も要しない。
f0018078_918863.jpg





アキヒメは花が咲き始めてこちらも今後収穫に向かいそうです。
f0018078_9183671.jpg








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-03 20:11 | イチゴ | Comments(2)

イチゴ屋内栽培の始まり

我が家の今朝の最低気温が11,6度でした。
流石に涼しいと言うよりも寒くなって今朝は半纏を羽織りました。
コタツはとうの昔に出してます。


と言うことでイチゴも大分寒かろうということでクリスマスの収穫を目指すプランターのイチゴを屋内に入れておきました。
f0018078_20171015.jpg



とりあえず4プランター8株です。
花が咲いている株もあるので上手くいけば来月中にも収穫できるかもしれません。
f0018078_20165154.jpg



畑で作る分の苗作りも大分遅れているのですが幸い庭の隅に植えておいたトヨノカが勝手に増えていたから今年栽培予定はなかったのですがこの際足りない分はトヨノカで間に合わせることにしました。
f0018078_20173143.jpg



それでもまだ出来る限り苗取りも続けます。
f0018078_20175896.jpg





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-10-28 20:23 | イチゴ | Comments(4)

イチゴの暗黒低温処理の終了と今年の屋内栽培

9月21日から真っ暗な箱の中に入れて冷蔵庫のチルドルームで低温で過ごさせていたイチゴの苗を今朝出しました。
真っ暗な中で低温で過ごさせるから暗黒低温処理と言います。

一部葉が黄変していますが元気な葉もあるから見たところ大丈夫そうです。
f0018078_839344.jpg


暗黒低温処理をしたのは比較的休眠時間(低音要求時間)が短いといわれているアキヒメです。今回の暗黒低温処理で720時間低温で過ごさせたから多分大丈夫じゃないかと思います。



私の思惑ではこの苗たちは既に寒い冬を越したと勘違いしてくれていると考えています。
つまりは今が3月初旬くらいと思って今後成長し実をつけてくれると言うのが私の考えている筋書きです。
イチゴの生理はなかなか難しいのでそうそう思惑通りは行かないかもしれないですが(笑


イチゴは気温が13度~25度くらいまでは短日条件で花芽分化すると言われています。
短日条件と言うのは1日の明るい時間の長さが6時間~13時間くらいの間のようです。

イチゴの花芽分化
25℃以上、日長に関係なく花芽分化しない
25℃ ~13℃、短日条件(6~13時間)で花芽形成  
13℃~5℃、日長に関係なく花芽形成
5℃以下、花芽形成停止(休眠)
   

今の日長は大体11時間です。
日の出入・月の出入  日の出 05時53分 : 日の入 16時59分 (計算地:東京)


これから丁度イチゴの花芽分化の一番良い季節になるようです。


早速プランターに植えつけました。
他にもニョホウを2株、アスカルビーと紅ほっぺを一株ずつプランターに植えつけました。

この四つのプランターで今年は屋内栽培してみます。
f0018078_8401720.jpg







日曜日に今年のイチゴの苗が足りなくなりそうだからホームセンターで少し苗を買ってきました。

最近は静岡辺りでも珍しい苗を見かけます。
アスカルビーも売られていました。
f0018078_8403954.jpg



紅ホッペは大分安い苗も出てました。
f0018078_841662.jpg



今朝植えつけたニョホウは花が咲いているものでした。
このまま上手くいけば大きくなって収穫できるかもしれません♪
f0018078_8412524.jpg




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-10-21 20:56 | イチゴ | Comments(3)