人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

ブルーベリーの矮性品種の接ぎ木について(1)

f0018078_17451054.jpg

アカマンマが色づいています。



心配していた台風ですが勿論まだ油断するには早いと思いますが気象庁の衛星写真によると台風の雲が大分薄らいできたようだからビックリするほど酷いことにはならなさそうで一安心しています。



矮性品種の接ぎ木について

ブルーベリーの接ぎ木苗を扱っている宝塚朝日園さんのブルーベリーショップを見ていました。色々良さそうな品種の接ぎ木が沢山売り出されていますね。場所とお金に余裕があったら幾つか欲しいと思うようなものもありました。


そんな中で目に付いたのがトップハットの接ぎ木です。
トップハットは大体40センチくらいの高さにしかならない品種なんですがそんな小さな品種を接ぎ木してその後の成長はどんなだろうとかなり興味が湧きました。
(比較的コンパクトと言われているウッダードやブライトブルーでも150cmくらいにはなりますから)


他にもハーフハイブッシュ系のポラリスとかサンシャインブルーの接ぎ木も販売しているようですね。

何を隠そう実は私もサンシャインブルーとポラリスの接ぎ木は作ったのですが正直言ってそれでもどうなるか少し心配していたので流石にトップハットの接ぎ木は作ろうとも思いませんでした。




小さい品種を大きくなる台に接ぎ木すると台勝ちということが考えられると思うのですがそれで支障を起こさなければ問題無さそうにも思います。



ブルーベリー以外の果樹の様子をUPしておきます。



ユスラウメ接合部
f0018078_17434188.jpg





温州蜜柑接合部
f0018078_17442976.jpg




どちらも台の部分が異様に太いですが今のところ問題はないようです。




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-30 20:33 | 接ぎ木 | Comments(3)

雨が続くので大事な木は避難させました。

つい、一昨日くらいまでは台風15号は台湾から北西に抜けると気象庁で予想していたのが一転して日本に向かい始めているようですね。
この前列島を掠めた台風に似た経路になるようです。
西日本の太平洋側にお住まいの方は呉呉もご注意ください。




当地は今日も1日雨でしたし天気予報でも三日後まで傘マークがついていたので流石に過湿になりすぎると考えて小さなハイブッシュ系品種の殆どを屋根下に避難させました。
今年我が家に来た苗たちを一番良い場所におきました。

他には今年接いだ接ぎ木なども非難させておきました。
f0018078_1915374.jpg




冬の配置だと殆どのサザンハイブッシュ系は既に屋根下に置いているのでそのあたりは大丈夫です。



他にもあまり大きくない鉢は出来るだけ屋根下に押し込んでおきました。
f0018078_1912135.jpg





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-29 20:59 | ブルーベリー | Comments(6)

イチジクの一文字仕立てとイチジクとブルーベリーのミックスジャム&その他のイチジクの近況

イチジクの一文字仕立て

春に鉢植えしたビオレーソリエスは芯食い虫にやられて傷んでますがなんとか持ちこたえています。
f0018078_7583246.jpg


地植えするに当たって一文字仕立てにしてみました。
本当はもっと早くやった方が良かったのですがついやりそびれてしまいました。
f0018078_7585190.jpg





夏の挿し木

夏に挿した挿し木は新しい葉が出てきて青々しているからどうやらうまくいっているようです。
イチジクの挿し木は教科書では春先が良いとされているようですが春から初秋くらいまでならいつでも可能なようです。
f0018078_75991.jpg





プランターのイチジク

プランターで育てているイチジク(正確には分かりませんが多分蓬莱柿日本早生種)も実をつけています。
少しは収穫できそうです。
f0018078_7593231.jpg






f0018078_758816.jpg

地植えしている一番大きなイチジクは毎日取れ続けていてまた、ブルーベリーと混ぜてジャムを作りました。
今回はブルーベリー多目でイチジクは皮をむいたので色の濃いミックスジャムが出来ました。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-29 20:56 | ブルーベリーの加工 | Comments(4)

産地別ピートモスの特徴について(1)サハリン産ピートモス

カナダ産ピートモスを買ったのでこの際だからファンサイトの方でもピートモスの産地についても解説しておこうと言うことでベテランの方には申し訳ないのですが、今日はピートモスの産地別解説をしておこうと思います。


産地別ピートモスの特徴について




ピートモスはその産地によって特徴が異なっています。

普通はピートモスもキメが細かく不純物が少ないものが良いとされているようですがブルーベリー栽培においては多少繊維のサイズがまちまちで不純物も少しくらい混じっている方が用土の劣化(自然分解)が遅くなるということで好まれる方も少なくないようです。



サハリン産ピートモス
f0018078_14103973.jpg

不純物が多く繊維の長さもまちまちです。
比較的水に馴染ませにくく植物が吸収できる有効水が少ないということで単体では使わない方が無難なようです。
価格は私が知る限りでは最も安く、これが入手できる限りはサハリン産を使おうと考えています。

長い繊維も混じっています。
クリックすると大きくなります。
f0018078_14124768.jpg




こういった不純物が混ざっていました。
クリックすると大きくなります。
f0018078_14133272.jpg





「ロシア産ピートモスは、ヨーロッパ・カナダ産と性質は似ているが、植物が吸水できる有効水が3%とほとんどなく、「湿っているのに植物が萎れる」といった現象が生じる可能性があり、使用に当たって注意を要する」
(ヨーロッパ・カナダ産は植物が吸水できる有効水は20~30%)
岐阜大学の福井博一教授のHP内
園芸培土としてのピートモスの性質より引用

「サハリン産ピートモスは単体では問題点があるから鹿沼土などをブレンドして使ったほうが良さそうだ」ということです。
私はサハリン産ピートモス6:鹿沼土3:パーライト1でブレンドしていますが鉢が少し軽くなってから潅水する方法で1年間特に問題なく育っています。 




エストニア産のホワイトピートモスについては↓こちらです。
ホワイトピートモス




北海道産ピートモス

繊維が短いものと長いものがあり、両者をブレンドしたものもあるようです。
私は使ったことがありませんが使うのだったら
繊維が長いものかブレンドを使いたいと思います。
北海道産はpH4.5程度ということで(他は大体pH3,7程度)ハイブッシュ系品種を育てる際はブレンドにも少し注意した方が良いかもしれません。
鹿沼土とのブレンドが良さそうに思います。

追記
はっぱさんからの情報です。そのまま引用します。
北海道産ピ-トモスの長短ミックスを使っていました。水持ち水捌けは良いように思ったのですが、水遣りをしたら真っ黒な水が出て、ベランダ栽培などには向いてないです。
ベランダで栽培される方はお気をつけください。




なおカナダ産については↓の記事で解説しています。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-28 20:27 | 用土 | Comments(4)

産地別ピートモスの特徴について(2)カナダ産ピートモス

f0018078_14234220.jpg


カナダ産ピートモス
キメが細かく不純物も少ないです。
水にも比較的馴染みやすいので扱いやすいです。
たたその分自然分解が早そうで長期使用となると用土の劣化による問題が早く発生する可能性があります。
価格はサハリン産より若干高めです。
クリックすると大きくなります。
f0018078_1424541.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-28 20:21 | 用土 | Comments(0)

これがシャシャンボツバメスガの幼虫?

f0018078_17543962.jpg


今日、ブルーベリーを見回っていたところ特に地植えのデライトですが例のシャシャンボツバメスガにやられて曲がって茶色くなった部分に糸で幕を張ってその中で留まっている幼虫を見つけました。4~5箇所同じような形状で同じ幼虫がその中に潜んでいました。


もしかしたらこれがシャシャンボツバメスガの幼虫ではないか?

シャシャンボツバメスガの情報や画像は少なくて調べるべくもありません。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-27 20:53 | 害虫 | Comments(2)

防鳥ネットのグリーンカーテン撤収&ブルーベリーの冬の配置


f0018078_17414815.jpg
古来より暑さ寒さも彼岸までと申しますが、お彼岸も過ぎて我が家のメモリー機能付き温度計の今朝の最低気温は16度。起きたときは涼しいというよりも寧ろ肌寒いくらいでした。

流石にもう日中も部屋では暑いということもなくなったので家の南側のグリーンカーテンも撤収です。



撤収した後はブルーベリーを並べて冬の配置に戻ります。
ブルーベリーが此処に収まると庭が大分広くなって庭の芝も養生が出来るのです。

因みに去年は此処にには夏の間午後は日が当たらない場所に避暑に行っていた自根ノーザンハイブッシュ系品種が戻ったのですが今年は自根ノーザンハイブッシュ系は大分少なくなっているので大体接ぎ木とサザンハイブッシュ系をおきました。

丁度自根ノーザンハイブッシュ系が接ぎ木ノーザンハイブッシュ系に入れ替わった感じです。
f0018078_17422746.jpg




f0018078_17424827.jpg



撤収のご褒美は今年最後のゴーヤの収穫です。
最後なのでどれも小さいですがこれだけあれば1回分のゴーヤチャンプルが作れます。今年もゴーヤを齧る虫が居たようで一つには虫食いの痕がありました。
f0018078_1743256.jpg





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-27 20:46 | 防鳥関連 | Comments(3)

ニッポン緑産さん育成の新品種

f0018078_1825992.jpg

農協からピートモスが届きました。
何処の産かと思ったらカナダ産でした。
BBHさんの取り扱っているものの色違いのようでした。
これについては改めて記事にします。





ニッポン緑産さん育成の新品種


ニッポン緑産さんからカタログが届いていました。


ニッポン緑産さんも愈々自社育成品種を発表していました。
品種名        発売年
グレースブルー 2009
メアリーブルー 2008
ブルーハミング 2009
の3品種のようです。(何れも登録出願中)
参照↓
ニッポン緑産ブルーベリー在庫・価格表

1年生で2,940円だからこれも良いお値段です。

それからこの品種については契約書の提出が義務付けられているようです。




日本でも色々発表されるようになりました。
私としては益々ついていけませんが熱心な愛好家の方々のブログも増えてきているから何れは情報も上がってくることでしょう。






それからカシス(クロスグリ)を17品種も売り出していたのにも少し驚きました。
今まで1種類だけだと思っていましたよ(笑



蛇足ですが
ニッポン緑産さんのレビールの写真は白い花だから所謂サザンハイブッシュ系のリベールではなくて小町園さんが発表したところの不明のノーザンハイブッシュ系品種と思われます・・・。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-25 20:51 | ノーザンハイブッシュ系品種 | Comments(8)

ブルーベリー葛餅作り



一昨日はおやつにブルーベリー入りの葛餅を作ってみました。

基本的な作り方は以前作った時(参照↓)と同じです。自家製・簡単・葛餅(もどき)作り



水に片栗粉を溶く時に水の分量を減らしてブルーベリーソースを加える感じです。



ブルーベリー100gに砂糖を25g程度加えて電子レンジで2分加熱しました。
(泡だって溢れる場合があるからレンジを見ながら加熱してください)
f0018078_1712674.jpg






2分だと塊が残るので少し潰して水に加えます。
水+ブルーベリーソースが2で片栗粉が1の割合です。

今回は
水+ブルーベリーソース=200cc
片栗粉=100g
で作りました。
f0018078_1745241.jpg







混ぜながら加熱してかたまり始めたら火から近づけたり遠ざけたりしながら混ぜて透明感が出てきたら火から下ろします。
f0018078_16573433.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-24 20:51 | ブルーベリーの加工 | Comments(6)

入荷したてのサザンオニール&白花のレヴィールについて

さて、間違い探しです。
何が間違っているでしょう。


f0018078_16243567.jpg






























Hint
葉っぱ


















ホームセンターに立ち寄ったところ見つけたのが↑の苗でした。

この一つだけではありません。

このラベルが付いたものは皆この葉っぱでした。







広くて凸凹がある葉っぱです。オニールでないことだけは確かでしょう。
多分シャープブルーでしょうかね。


また小さな悲劇が・・・・。





ベリー公さんの休憩所日記の9/21の記事についてです。


『レヴィール(小町園商標登録名)はノーザンハイブッシュの不明品種と判明した』と小町園さんが発表したことについて述べられていました。

例の白花のリベールと言われていた品種です。

決着が付いたことは兎にも角にも嬉しいことです。


やはり紛らわしいことに変わりはありませんが・・・。









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-09-24 20:35 | サザンハイブッシュ系品種 | Comments(8)