人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 54 )   > この月の画像一覧

シャシャンボの花と緑枝挿し&シャシャンボ台木の接ぎ木のメリット

f0018078_19123311.jpg

シャシャンボの花が咲きました。ブルーベリーよりもかなり小さな花です。混ざり気のない凛とした白さが印象的です。

3本あるのですが同じ業者から買ったので同じ品種ではないかと思っています。自家和合性があるか分かりません。剪定ついでに挿し穂を取ったから花も若干落としましたが、ある程度はこのまま咲かせようと思います。結実しないようなら自家和合性がないということだと思います。結実した場合でも同じ品種でないかも知れないから自家和合性があるとは言い切れませんが・・・・。

結実しない場合でも、他に青山農園のaoさんから頂いた穂木からの挿し木1年生があるのでそちらと受粉させれば結実できるのではないかと思っています。



この時期の挿し木は比較的成功率が高いようなので昨日はシャシャンボの挿し木もやりました。
f0018078_19233974.jpg




最近分かったのですが今まで気がつかなかったシャシャンボ台木の接ぎ木のメリットが一つ分かりました。

ブルーベリーと違って細根ばかりではないからコガネムシの幼虫による根の食害にはブルーベリーよりは抵抗力があるということです。







シャシャンボは日本に自生するブルーベリーの仲間でブルーベリー程、土壌を選ばない利点があります。樹も主幹性でブルーベリーのようにサッカーが発生することもなく宮崎大学の国武先生調査によると実の味・サイズ・収穫時期共にブルーベリーを台木とした接ぎ木と変わりなく取り立てて欠点も見つからないのでブルーベリーの台木として注目されている植物です。
シャシャンボについては↓こちらでも詳しく説明してあります。

シャシャンボを台木とする接ぎ木



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-30 20:11 | シャシャンボ | Comments(9)

ブルーベリーの優良品種の選定

f0018078_9325982.jpg

ネルソンです。ブルームに雨粒が弾かれています。


北海道付近を除いてほぼ全国的に雨の日曜日いかがお過ごしでしょう。

私はあまり作業も出来なくて先週同様ウェブでの資料漁りや資料整理などをしています。
先週同様退屈にされてる方の暇つぶしにでもなればと思い短めですが一つ調査報告の紹介をしてみます。


先日ブルージェイを収穫した日に少し触れた岩手県農業研究センターさんからのレポートです。


収穫時期は暖地よりも1ヶ月程度遅れるようです。
果実の重量平均が一番重かったのはブルーチップで食味調査でも一番でした。

ブルーベリーの優良品種の選定

↑では19品種の中から選定された八つ(アーリーブルー・デューク ・ブルージェイ・スパータン・シェラ・ブルーチプ・プル・ブルーレイ)の優良品種についてのレポートですが8品種以外の全てのデータについては↓↓こちらでご覧いただけます。


ブルーベリーの特性評価と優良品種の選定pdf
↑2ページのPDFファイルです。



選定の基準がサイズ、収量、食味なのでサイズも収量も申し分ないのに外されたハリソン、ヌイ、トロ、コビル、ダローあたりは食味的に評判が良くなかったということになります。




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-29 10:59 | 調査研究紹介 | Comments(7)

緑枝接ぎ、緑枝挿し

そろそろ緑枝挿しの季節です。春から伸びた枝の中でしっかり硬くなった枝を挿す挿し木です。

同時に接ぎ木も同じような枝で接ぎ木をすることが出来ると言われています。
私も去年少しやりましたがあまり成績は良くありませんでした。

それでも春にした接ぎ木で失敗したものなど台木があったら再挑戦してみるのも面白いかもしれません。私も春に接ぎ木したもので失敗した枝に緑枝接ぎをしてみました。

春に5年生ホームベル台木にスパルタン5、リベール2、トロ1、ブルーレイ1を接ぎ木したものがありまして、ほぼ成功しているのがスパルタン1、ブルーレイ1、トロ1です。確実に失敗なのがスパルタン1、リベール1です。

収穫も兼ねてと力枝として残しておいた幹には結局あまり実がつかず成功したブルーレイが大分大きくなったので、この際なその幹を切ってしまって緑枝接ぎをすることとしました。

確実に失敗した2本の枝とこの力枝として残していた枝の3本への接ぎ木です。


今回の穂木はまだ接ぎ木がないレガシー2とダプリン1です。
(手前2本と奥1本です)
f0018078_18274092.jpg




穂木をとる時に切った枝の余った部分は一応挿しておきました。
ダプリンはコピーがまだないから一応保険確保するためです。



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-28 20:17 | 接ぎ木 | Comments(4)

クライマックス着色の記録記事

f0018078_19581770.jpg

クライマックスも色づき始めていました。下の方ばかり見ていたので気がつきませんでしたが一番上の方で既に6個くらい青くなっていました。先日紹介したベッキーと同じくらいのペースだろうと思います。あるいは少しクライマックスの方が早かったのかも知れませんが・・・。
by BlueBerryNote | 2008-06-27 20:56 | 収穫関連 | Comments(3)

ブルーベリーにアメリカシロヒトリの被害発生!

あまり気持ちの良い写真ではありませんが大事なことなのでUPします。


ブルーベリーにアメリカシロヒトリという蛾の幼虫被害が発生しました。
この害虫は北米から来たもののようです。マメコガネは日本からアメリカに渡りましたがこれは逆にアメリカから渡って来た害虫です。こういう交換は嬉しくないですね・・・。
f0018078_8354520.jpg




最初見たときは蜘蛛の巣みたいな糸の膜があって写真を写す際に邪魔だったから取り除いて撮影しました。しかし、その膜はアメリカシロヒトリが出しているものでこれがこの害虫の特徴ということが分かりました。一応膜がある状態の写真も撮影しておいたのでUPしておきます。
f0018078_838180.jpg





この幼虫もイラガの幼虫と類似点があって幼虫が小さいうちはコロニーとして纏まって行動します。コロニーのうちに駆除出来れば被害は然程でもありません。
また、葉の食べ方もイラガと似ていて葉をレース状に食べるようです。これも分かりやすいからその点では助かります。
f0018078_841585.jpg




アメリカシロヒトリについてのリンクも少し貼っておきます。
これまたあまり気味が良いという写真ではないので虫嫌いの方はご覧に成らないほうが良いと思います。

アメリカシロヒトリ←幼虫の様子など
アメリカシロヒトリ←成虫と幼虫
アメリカシロヒトリ←卵から成虫まで
アメリカシロヒトリの防除について



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-27 20:22 | 害虫 | Comments(5)

ウッダード着色の記録記事

f0018078_19271884.jpg

ウッダードが色づき始めました。
by BlueBerryNote | 2008-06-26 20:58 | 収穫関連 | Comments(5)

ブルーベリージャム作り

f0018078_14385362.jpg

ブルーベリージャムの材料

昨晩、ブルーベリーのジャムを作りました。

話題としてはありきたりかと思いますが私の初めてのジャム作りなので気がついたことも書き添えながら工程をUPします。


ブルーベリーは摘んでそのまま口に運ぶことも多いから洗わなくても良さそうですが一応ざっと水で流してごみ等を落としました。


今回の材料

ブルーベリー果実900g
砂糖250g
レモン1/2個

今回は生の果実ですが冷凍のブルーベリーの場合は自然解凍するとペクチンが壊れてしまいます。そうすると固まり難くなるので好ましくありません。(イチゴなどでも同じです)解凍せずにそのまま煮るのがいいようです。

砂糖は長期保存する場合は果実の4~5割は入れた方が良いとされていますが直ぐに食べきるようなら2割程度でも大丈夫のようです。勿論砂糖が多い方が最終的に出来上がる量も多いから沢山にしたい場合も砂糖多目が良いですね。



砂糖と果実を鍋に入れて強火にかけます。
f0018078_14454051.jpg



砂糖が溶けて直ぐに水分が増えてきてシャバシャバになりました。
一部のブルーベリーのジャム作りのレシピだと水を加えると書いてあるものもありますがこれだけ水分が出てくるなら水は必要ありません。寧ろこの水分を飛ばすことに苦労しそうです。
f0018078_14482428.jpg



水分が沸騰してくるとアクが上がってきます。
丁寧に取り除きました。
f0018078_14493560.jpg




少し煮詰まってきたときに1/2個分のレモン汁を加えました。
レモンを入れて舐めてみて食べて気がついたのですが1/2個分の汁だとこの砂糖の量だと少し酸味が強いかもしれません。1/4個分くらいの方が良かったように思いました。
次回はレモン汁を加えずに作ってみようと思います。
f0018078_14554941.jpg





木杓子でそこをなぞると鍋底が見えるくらいまで煮詰めました。
f0018078_14574457.jpg





一応硬さの加減を見るために所謂ジャムテストなるものもやってみました。
ジャムを落として底まで散らずに届いたので硬さも大丈夫のようでした。
f0018078_1459110.jpg





初めてのブルーベリージャムの出来上がりです。
600gのブルーベリージャムができました。
f0018078_1503630.jpg



長期保存する場合は瓶を煮沸消毒しジャムも熱いうちに容器に入れて蓋をしてから逆さまにしておくと良いようですが今回は直ぐに食べてしまう予定なのでこの工程は省きました。



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-26 14:46 | ブルーベリーの加工 | Comments(5)

今日の収穫と追熟のテスト

f0018078_14474032.jpg


今朝は1週間ぶりにブルーベリーの収穫↑をしました。
これだけだと思って撮ったのですが他の場所のブルージェイを忘れていてそれは↓これくらいです。

f0018078_1448519.jpg


今回の内訳は

ブルージェイ 400g
シャープブルー230g
ブルーゴールド150g
ブルーレイ   100g
ケープフィア  80g
レカ       40g
その他     300g
計       1300g

コンテナのものの収量が多くて今までに収穫できたのは
ブルージェイ2コンテナ >100+150+400=650g
シャープブルー1コンテナ >50+230+350=630g
となりました。どちらももう少し収穫できそうです。


これで今年は2600g収穫できました。
今回は少しはジャムを作ってみようと思います。



それから少し未熟な果実も適当に摘んでおきました。
本当のところを言うと慌てて摘んで未熟果が混じってしまったというのが本当です(笑

最近、TMCのTOMOさんの日記でブルーベリーの果実も追熟するのでは?という話題がありました。未熟に過ぎるものは無理かも知れないけれど完熟の少し前くらいのなら追熟して美味しくなるということのようです。良い機会なのでこの未熟果を使ってテストをしてみます。



三つの容器に分けて一つは部屋に、一つは冷蔵庫の野菜室、もう一つは冷蔵庫の冷蔵室に置いて1週間程度経過を見ます。私の経験ですと色は確かに濃くなると思います。何故かというと未熟で青い果実をうっかり落としてしまったりして放置しておくと青くなっていることが多いからです。味については分からないので1週間後食べてみて報告します。


f0018078_15115284.jpg



今日は ブルーベリーの新病害「バルデンシア葉枯病」の発生という記事↓もあります。



宜しかったらこちらもご覧ください。

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-25 20:59 | 収穫関連 | Comments(4)

ブルーベリーの新病害「バルデンシア葉枯病」の発生


MYHPのBlueBerryNote掲示板の方にバルデンシア葉枯病についてのご質問をいただいたので今日はこの病気について取り上げてみます。


岩手県で2003年に発生し2006年には広域に広まったようです。
対処法は地際からのヒコバエから感染するということなので春先にヒコバエを取り除いて感染した葉なども焼却などで処分するということのようです。

詳しくはレポートをご覧ください。



岩手県農業研究センターさんからのレポートです。
↓2ページのPDFファイルです。
ブルーベリーの新病害「バルデンシア葉枯病」の発生







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-25 20:34 | 病気 | Comments(3)

ラビットアイ系も色づき始めました!

f0018078_16351691.jpg

ラビットアイ系のキャラウェイがが色づき始めました。2個色づいているので色づく時期なのだと思います。ホームセンターで買ったものですから品種が本物かどうかは分かりませんが葉はラビットアイ系のようです。蕚あの形も窄まっていてBBRさん、館さんの写真と矛盾はないようです。クライマックスでさえ色づいていないのでこれには驚きました。



夕方帰ってきて一通り見回ると他にもベッキーブルーとオースチンも色づいていました。ハイブッシュ系がまだ残っているからラビットアイ系はもう少し待ってもらわないと困ります・・・。


ベッキーブルー
f0018078_18124518.jpg




オースチン
f0018078_1813514.jpg




このところ雨でハイブッシュ系の収穫を控えていました。今日は良く晴れし明後日も雨のようだから明日の朝は一気に収穫しようと思っています。




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-06-24 20:59 | 収穫関連 | Comments(4)