人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

ブルーベリー園のラビットアイ系の紅葉の具合

日曜日に立ち寄ったブルーベリー園のラビットアイ系の様子です。


おそらく早めに肥料を切ったようで早くも紅葉し始めているものもありました。

f0018078_17531634.jpg








f0018078_17534145.jpg








f0018078_1754433.jpg







我が家のラビットアイ系はまだ肥料が切れていないから紅葉どころかまだ成長しているものも多く、ノーザンハイブッシュ系の一部が紅葉し始めている程度です。

(私は割りと晩くまで肥料を切らさない主義なのでラビットアイ系など今でも成長しているものも多いです。今伸びてもその枝は寒さで傷んでしまうのですが枝が伸びている間は根も伸びているだろうから今の根の成長している分は来春の成長に繋がってくれるだろうと思っています。)





ラビットアイ系ではありませんが多品種接ぎ木の紅葉も始まりました。
生育の状態によっても紅葉の早晩は異なるようですが多品種の接ぎ木だと根は同じだから品種の紅葉の早晩が分かるのではと思います。



トロ、ダロー、ブルージェイを接いでいますがダローだけが色づいています。
ダローは一昨日紅葉が始まったことを記事にしましたから当地では今時分にダローは紅葉するのが普通のようです。
f0018078_1842993.jpg









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-31 20:48 | ラビットアイ系品種 | Comments(8)

秋の切り接ぎの動きと良い接ぎ穂について

10月上旬に行った切り継ぎの様子です。


暖かいおかげもあってか秋だというのに随分元気に発芽しています。



リベールとブルーレイ
f0018078_17521131.jpg





ブルーレイ2鉢
f0018078_1752513.jpg





しめしめこれは順調だ!成功しそうだと喜んでいたのですが、実はそう手放しで喜んでもいられないようです。



接ぎ木の本などによると、接ぎ木の芽があまり早く動き出すと接合部が癒合する前に芽の伸長の方でエネルギーを使い果たしてしまってうまくいかないというようなことが書いてありました。

このあたりは挿し木の場合とよく似ています。
挿し木の場合も発根する前に芽の方で力を使い果たすと良い結果はでませんからね。




あまり意識していなかったのですが今思えばこの接ぎ穂は芽が出来始めていた枝だったかもしれません。だからこんなに早く芽が動き出してしまったようにも思えます。





自らを戒める意味でも接ぎ穂の採取についてまとめてみました。
(挿し木の採取と割と似ています)





接ぎ穂の採取

1)病気などで変色している部分や先端で花芽が多く付いている部分は用いない

2)1次成長が盛んに行われない接ぎ穂(発芽してない枝)を選ぶ
(一次での葉の成長は接ぎ穂のエネルギーを多大に消費するのでエネルギーが
接合部の癒合にまで回らなくなる可能性があるため)

3)親木の施肥は、窒素過多とせず、特にリン酸とカリウムを多めに与える
(葉の成長よりも接合部の癒合を促すため)

4)葉芽と葉芽の間隔が広いものは好ましくなく比較的葉芽の間隔が詰まった枝を用いる
(成長期に窒素過多にすると徒長気味になって葉芽の間隔が広がるから接ぎ穂の採取をする場合は窒素を控えて太陽によく当て徒長を防ぐ)

5)出来れば台木と同じ太さの接ぎ穂が理想的だが接ぎ穂の方がやや細くても可能である
(台木、接ぎ穂共にタバコくらいの太さが最もやりやすい)



4)だけは挿し木の場合とは反対のようで、接ぎ穂を採取する場合は樹を早く大きくする育て方ではない方が良いことになるようです。







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-30 20:49 | 接ぎ木 | Comments(4)

ノーザンハイブッシュ系の紅葉の色一覧表紹介

ブルーベリーの紅葉の便りがあちらこちらで聞こえてきます。



ノーザンハイブッシュ系の紅葉も様々で名前の由来ともいわれブルーゴールドの黄色い紅葉だとかブルークロップは赤だとか色々あります。紅葉が一番楽しみだいという方もいらっしゃるようで品種選定とかあるいは品種同定の際にも紅葉の色の情報は重宝しそうにも思います。




アメリカのミズーリ州※(USAの真ん中やや左)のナーセリーのHPなんですがそんな情報を載せているHPがあります。カラーパレットも添えてあるのでとても分かりやすいので一度見ておくと参考になるかもしれないからリンクしておきます。
(ミズーリ州は真冬の平均最低気温が-6度くらいの地域です。)


VARIETY CHART - NORTHERN HIGHBUSH

Burgundy=暗い赤
Crimson=深紅色




その他の内容もYahoo!のウェブ翻訳を使えば大体雰囲気は分かると思うので秋の夜長の暇つぶしくらいにはなるかもしれません。






うちの紅葉一番はダローでしてた。

f0018078_1803199.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-29 20:10 | ノーザンハイブッシュ系品種 | Comments(8)

ベッキーブルーの鉢増しと椿油粕

今日は日中は汗ばむ程の暖かさでした。



10号鉢に入っているベッキーブルーが風が吹くたびに倒れまくって根も大分まわっていたので鉢増ししました。
コンテナだと流石に見た目にも安定します。
樹形の方はほったらかしなのでお恥ずかしい限りです(笑
f0018078_17482398.jpg






午後になってぴんさんにお願いした椿油粕が届きました。

f0018078_17513146.jpg




新聞の2文字程度の大きさのペレットで思っていたよりやや小さめです。

どれくらいの水で溶くのか分からないので1リットルに150cc入れて30分ほどおくと形が崩れ少しの固形物を残して溶けました。

テスト用に取っておいたコガネムシの幼虫の入った鉢(用土も入った鉢)に溶液をかけておいたので明日あたりどうなっているか報告します。



三日ほど前にも触れたのですが椿油粕の成分のサポニンは天然の界面活性剤です。

界面活性剤というので思い出したのがピートモスなどの撥水防止剤としてベリー公さんのお店でも取り扱っているサイマトEZという商品も界面活性剤です。同じ界面活性剤だから椿油粕には透水剤としての機能もある程度はありそうに思います。夏場にカラカラに乾かしてしまったときなどピートモスが水を吸わなくなりますがそういうことも多少は防ぐ効果もありそうに思います。


逆のことも考えてみました。界面活性剤の椿油粕が殺虫効果があるわけだから撥水防止剤のサイトマEZにも殺虫効果があるのだろうか?ということです。サイトマEZの効能には殺虫については触れていないからわかりませんがどうなのか興味だけは残ります。





水没させていたコガネムシの幼虫の方は96時間立った後でも生存しているものがいて水没という方法で幼虫を駆除するというのは無理だろうということが分かりました。コガネムシを殺すより先に根腐れでブルーベリーの方が逝ってしまいそうです。









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-28 20:44 | 害虫 | Comments(3)

8時半からのNHK 趣味の園芸 「ニコニコ栽培でおいしいイチゴ」

8時半からのNHK 趣味の園芸 「ニコニコ栽培でおいしいイチゴ」


おいしいイチゴを作るための品種選びや植え付けのやり方、コンテナと露地のそれぞれの育て方などを紹介する。

露地で育てる場合、畝の両脇にイチゴが垂れ下がるよう2列の植え穴を作り、2つの苗を植えるとたくさん収穫できる

再放送は金曜13:35~




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-28 07:22 | イチゴ | Comments(3)

ラビットアイ系推奨受粉樹一覧

昨日から続いている雨は今日も1日中降っています。



外の仕事は出来ないから部屋でおとなしくしています。


コガネムシの幼虫、水没テスト

とりあえずチェックしたのは水没させたコガネムシの幼虫です。
これで72時間になりました。
水の中にいる幼虫を棒切れで突付いてみたらまだ動く固体がいます。
72時間でも全滅はしていません・・・・・。
恐るべしコガネムシの幼虫・・・・。
意味がないと思いますがもう24時間観察してみます。




ラビットアイ系推奨受粉樹一覧

部屋で暇していたので暇つぶしに一覧表を作って見ました。
一般的に自家受粉しにくいと言われているラビットアイ系の推奨受粉樹一覧表です。

基本的にはラビットアイ系なら何でも良いから2本植えればいいようですからあまり需要が無さそうな一覧表です(笑


初心者の方が受粉樹は何が良いかと迷う場合などには少しは使えるかもしれません。




f0018078_1547638.jpg


ネットで適当に集めた資料です。




受粉樹として推奨されている品種はブライトウェル、パウダーブルーあたりが多いみたいですし早生ではオースチン、プレミア、クライマックスが推奨される場合が多いようです。


ハイブリッド系ラビットアイにはクライマックスが良くってニュージーランド品種はラヒが良いみたいですね。






今朝はブルーベリーで使い古した用土をイチゴに使おうみたいな記事も書いてみたので良かったら見てください。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-27 20:05 | ラビットアイ系品種 | Comments(4)

今年のイチゴ栽培とブルーベリーの不要用土の再利用


昨日、国華園から注文しておいた紅ホッペが届きました。




届いた苗は2号くらいのビニールポットに入った小さな苗で先日ホームセンターで買ったものより貧弱でかなりがっかりでした(笑






届いた紅ホッペ3株とホームセンターで買った紅ホッペ(一つはランナーで子取りしています)
f0018078_17531415.jpg






とりあえずこれで今年のイチゴの苗も目途がついて一安心です。



今年のイチゴ栽培は畑では



ニョホウ10
トヨノカ8
ビッグスイート7
サチノカ7
紅ホッペ5
アキヒメ3



プランターでは
四季成りイチゴの優香を6株程度作ろうと思っています。




優香
f0018078_728426.jpg







ブルーベリーの不要用土の再利用



ブルーベリー栽培をしていると植え替えとか不調のケアとかでブルーベリーの用土としては再利用できない用土が出てきてしまいます。




例えばミミズの進入もよくある話で用土は黒くなりPH値は上がるし通気性も悪くなってブルーベリーの用土としては不適当ですし根腐れしてしまった鉢の用土もあまり使いたくないものも出てきます。そういったことがなくても2年もブルーベリーが同じ鉢に収まっていた場合などは植え替えの際、用土は換えるほうがブルーベリーにとって良いですからそういった用土もブルーベリーには使えないものだと思います。





そういった用土の再利用ですが私の場合はイチゴ栽培に使うことにしています。イチゴは割りと酸性土壌でも大丈夫でプランター栽培などでも用土ではピートモスと赤玉土、腐葉土のブレンドが推奨されています。ブルーベリーにとっては通気性が悪くてpHも上がってしまった用土もイチゴにとっては酸度の調整もあまりしなくて済むので好都合です。
(私の場合はそこそこの量畑にも投入しています)




イチゴは今から植えつけても間に合いますし、来春には収穫できます。普通のプランターに2~3株植えればブルーベリーの収穫する前の時期にストロベリーが楽しめます。場所もプランターだったらそれほど取りませんからね。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-27 08:15 | イチゴ | Comments(6)

コガネムシの幼虫駆除用、椿油粕の毒性について

話題の椿油粕ですが、ととべーさんからその毒性について懸念するコメントが寄せられました。

確かにコガネムシの幼虫駆除に効果があっても人にも毒では使えません。
自然界にあるものでも毒性を有しているものもありますからね。
(ベリー公さんの日記では人には無害としていましたが)

ということで椿油粕がどういうものか私なりに調べてみました。


まずは発売している会社の成分表です。
椿油粕


栄養成分
有機質:85%
微量元素:Mg、Fe、Ca、Mn、Zn、Cu等10種

成分データ
サポニン 20.9 %
窒素  N 1.35 %
リン酸 P 0.31 %
カリ  K 1.68 %
水 分 6.96 %

サポニンが害虫を駆除する効果があるだろうことが読み取れますし
有機肥料としての効果もあるようです。

因みに↑ここだと大口(50袋)で一袋(20kg)1500円みたいでした。
びっくりするほど高価なものでは無さそうで一安心です。



ではサポニンとは?

椿油研究所で詳しく解説されていました。
サポニンは天然の界面活性剤で「界面活性剤」と言うと危険なイメージがありますが、固形石鹸も界面活性剤で人体には無害です。
とのことでした。


詳しくは↓こちらをご覧ください。(駆除効果についても触れています)
サポニンとは?



追記
界面活性剤はもしかしたら乾燥して水を吸収しにくくなったピートモスを水に馴染みやすくする効果があるかもしれません。これについても試してみようと思います。






おまけですが(笑)コガネムシの幼虫の水没テストです。

椿油粕の出現で霞んでしまったコガネムシの幼虫の水没テストですが48時間経過した現在でも生き残っているものがいます。4匹水中から出して1時間位したら2匹が動き出しました。結局2匹は逝ってしまったようですがパーライトテストで悪環境においたものもいるのであるいはそういった弱った固体が死んだのかもしれません。生き残っているのが確認できたので予定にはありませんでしたがこのまま水中において72時間生存できるか?についても観察を続けます。
48時間生きているのが分かればもう必要ないかもしれませんが(笑)








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-26 20:54 | 害虫 | Comments(6)

コガネムシの幼虫退治に椿油粕

コガネムシの幼虫退治にリーサルウェポンとも言えそうなすごいアイテムが出たようです。


ぴんさんのブログぴんのブルーベリー栽培日報、調律あれこれ に椿油粕ついての記事がUPされていました。
椿油粕はコガネムシの幼虫駆除に効果があるという記事です。


関連してベリー公さんの休憩所日記で椿油粕についての実験の記事がUPされていて驚きました。散布してから1~2日というタイムラグはあるものの幼虫をほぼ確実に駆除できるようです。


おそらくブルーベリーを栽培していてコガネムシの幼虫に泣かされたことが全くないブルーベラーはいないと思う程ですからこれは福音かもしれません。


近々ベリー公さん経営のBerry's Life で販売の予定があるそうです。


私もぜひ試してみたいと思います。




凄いアイテムが出てきたので私のテストなどは霞んでしまいましたが(笑)コガネムシの幼虫の水没テスト、24時間経過して水から出したらやはりまだ生きていました。









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-25 20:50 | 害虫 | Comments(10)

コガネムシの幼虫水没実験


今朝、イチゴ畑の土作りをしていたらまたまたコガネムシの幼虫が出てきました。


もう幼虫のテストはしないとこの前言った舌の根も乾かぬうちですがまたちょっと思いついてテストしてみました。


今回のはコガネムシの幼虫を水の中に入れて二日間にわたって生きているか確かめるという割りと他愛もないものです。



コガネムシの幼虫は水没させても死なないと聞いたことがあったのですが酸素のない水中で24時間あるいは48時間、生存していられるのかちょっと興味があってやってみました。


三日水没させるのはブルーベリーの値腐れの方が心配だから今回は最大48時間にしてみます。


そういえばパーライトに幼虫を入れた鉢が一つ残っていたのですがまだ殆ど生きていました。
(結局パーライトではコガネムシの幼虫は死なないようです)
それもついでに水没実験に参加してもらいました。









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-10-24 20:58 | 害虫 | Comments(6)