人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

接ぎ木の花芽

接ぎ木の花芽が動き出してしまっています。
理由はわかりません・・・。




1年生の台木に接いだトロは花芽を沢山つけて動き出してしまっています。
もちろん今咲かれても困るので摘んでます。(一番上の花芽)
f0018078_18434782.jpg





チャンドラーの接ぎ木は既には花まで咲いてます。
f0018078_1844942.jpg





接ぎ木ではありませんがチッペワも花が咲いています。
f0018078_18445733.jpg






マルも大分色づいてきました。
マルはラビットアイ系特有の熟す前に赤くなるという特徴はないようで
緑からいきなり青くなってきます。
完熟のサインらしきものが見えてきてもまだ酸っぱいものがあります。
熟してからの日持ちも良いようなのでじっくり待ったほうが良い品種かもしれません。
f0018078_19214628.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-31 20:40 | 接ぎ木 | Comments(4)

レカの接ぎ木の経過とラビットアイ系の品種比較一覧表

このところ日照り続きでおまけに高温の日が続いていて水不足に頭を悩ませていました。

今日は午前中に洪水警報が出るほどの大雨で
ブルーベリーを始め色々な植物に十分水が行き渡ったようで一安心です。





25日にUPしたレカの接ぎ木ですがそのときの写真では少し分かりにくいようでした。


あれから5日経過してはっきり成長が分かるようになったのでUPしておきます。


今日の写真
f0018078_1984552.jpg



ずれた穂木のその後の時の写真
f0018078_1994883.jpg







ラビットアイ系の品種比較一覧表の風味(食味)の欄も一応埋まって
ブルーベリー品種比較一覧表も一応一通りまとまりました。


f0018078_19123831.jpg




一部しかUPできなかったので↓こちらで全体をご覧いただけます。
ブルーベリー品種比較一覧表






今日は無料のセキュリティソフトの記事↓もUPしました。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-30 21:00 | 接ぎ木 | Comments(0)

無料のセキュリティソフトの紹介


無料セキュリティソフト紹介です。



キングソフトは7月19日、無料の総合セキュリティソフト「Kingsoft Internet
Security free」の配布を始めました。広告事業者やポータルサイトと組み、
ソフトの操作画面に広告を表示することで収益を得る仕組みのようです。
ウイルス対策ソフトやファイアウォールなどを含む総合ソフトの無料化は
「国内初では」としているそうです。
同ソフトは、ウイルス対策ソフト、ファイアウォールのほか、スパイウェア対策、
スパム対策、OSの脆弱性診断ツールを含む総合セキュリティソフトです。
(Windows 98 SE/Me/2000/XP/Vista)。
同社Webサイトなどから無料でダウンロードでき、一般のセキュリティソフトで
必要な年間更新料なども不要です。

キングソフト

無料版


セキュリティソフトの期限が切れてしまった人には良いかもしれません。




引用
☆☆☆☆☆メール・インターネット ワンポイント講座☆☆☆☆☆







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-30 20:51 | 閑話 | Comments(4)

車枝と切り戻し剪定

そろそろ夏剪定の時期です。



勢い良く伸びたシュートやサッカーが害虫などに食害されて摘心された状態になると
車枝になってしまいます。


車枝とは摘心された場所から放射状に枝が多発してしまう状態で
高い位置だと良い結果枝にはならないし、バランスも悪くて折れやすかったり
鉢植えだったら倒れやすくなったりします。


いわばこんな感じです。
ウィトゥ
f0018078_17321165.jpg







こうしないためには一気に切り戻しすることが必要になります。
でも折角伸びたシュートやサッカーだからなかなか思い切り良くきれません・・・。


春先に思い切ってきり戻したマルは切り戻した位置から
太い枝が放射状に伸びています。
こういった枝は良い結果枝になってくれそうです。

青いテープの位置が切り戻した位置です。
f0018078_17361098.jpg












以下はおまけ

大きなスイカとラビットスイカ(小玉)がとれました!
f0018078_17382538.jpg



その他本日の収穫

かぼちゃ(栗みやこ、ぼっちゃん)
ナス
キュウリ
トマト、ミニトマト
インゲン(大鞘、むらさき
枝豆
オクラ
しし唐
伏見甘長唐辛子
ピーマン
ブロッコリー
イチジク

f0018078_17384973.jpg




グリーンカーテンはこんな感じになりました。
f0018078_17394519.jpg



身が入りすぎて爆発したゴーヤ
f0018078_17402447.jpg







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-29 20:30 | 剪定 | Comments(4)

バルドウィン

7月19日の様子です
f0018078_20402966.jpg







今日の様子です
f0018078_2041720.jpg






徐々に色づいているので収穫は来月あたりになりそうです。
by BlueBerryNote | 2007-07-28 22:38 | ラビットアイ系品種 | Comments(2)

デジカメ購入

先日、愛用していたデジカメ(キヤノン・パワーショットA20、5~6年前の型)を水没させ、
お釈迦にしてしまったのでしばらく150万画素のデジカメでブログの写真も撮っていました。



そうそう、話は横道に逸れますがキヤノンはキャノンではありません。
キヤノンです。
発音はキャノンです(笑

以下、キヤノンより引用
「ヤ」の字が大きく表記された「キヤノン」が生まれたのは、1947年に、社名を「精機光学工業株式会社」から「キヤノンカメラ株式会社」と変更したときでした。当時の登記簿や株主総会後に発表される営業報告書、朝日新聞に掲載した広告など、すべて「ヤ」が大きくなっています。では、なぜ「キャノン」ではなく「キヤノン」にしたかというと、全体の見た目の文字のバランスを考え、きれいに見えるようにしたからなのです。
「キャノン」では、「ャ」の上に空白が出来てしまい、穴が空いたように感じてしまうので、それを避けたのです。


閑話休題




壊したデジカメも210万画素でかなり古かったんですが
それでもそこそこの画像で特に不満もありませんでした。

しかし150万画素だと流石にはっきり分かるほど画像が荒くて
ピントもボケがちだったのでやむなくデジカメを買ってきました。


カメラのキタムラで
ペンタックス オプティオE30
一番安いやつです(笑
一応、710万画素で光学3倍ズーム、2,4液晶、動画とか録音とかもできるようです。

価格は12800円なんですが壊れたカメラでも下取り2000円ということで
壊れたカメラを持っていって10800円でした。

他にSDカードはカインズホーム(ホームセンター)でチラシに出ていた
1GB、1780円というのを買っておいたので計12580円でした。
(充電器と充電用電池は前のカメラのがあるのでそれで済ませられる乾電池使用のカメラです)


一番の安物ですがこれでも以前使っていたものと比べればかなりの高性能です(笑


ちなみに最初渡されたカメラは露出がかなりオーバーになってしまう初期不良品で
早速、取り替えてもらいました。



オプティオで撮った150万画素のカメラの写真

f0018078_15383664.jpg





150万画素のカメラで撮ったオプティオの写真

f0018078_15392518.jpg





この写真を最後に150万画素のカメラはまたしばらくお蔵入りして緊急時に使うことになります。「オイオイ!まだ使う気かい!」<一人突っ込み(笑











宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-28 19:24 | 閑話 | Comments(0)

鉢を覆い始めた植物

鉢に植物が生えています。
これってどうなんでしょうね。

短くて根も深く張らないから放置しています。

水分については競合してしまうだろうけど見た目も悪くないし
マルチにもなってくれるだろうと思っています。


特別に何か害があるようなら取り除こうと思いますが・・・・。


f0018078_1959279.jpg






玉虫が死んでいました・・・。
f0018078_2013226.jpg





1年に1~2回くらい見かけます。
去年の夏ごろに見かけて


その前は去年の1月でした。
そのときも死んでいましたが・・・・・。

そのときの死骸は今も乾燥剤と一緒に空き瓶に入っています。
f0018078_20129100.jpg





今回の玉虫も羽だけは保存しておきます。
日本史の授業で奈良時代あたりだったでしょうか。
玉虫の厨子とかってあったけどこういう羽を集めて作ったのだろうと思います。










宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-27 21:53 | ブルーベリー | Comments(0)

ラビットアイ系風味(食味)番付

ラビットアイ系の風味番付です。



横綱 デライト

大関 ティフブルー ウッダード パウダーブルー ブライトウェル

関脇 プレミア ラヒ  ブルーベル ブライトブルー ノビリス(T-100)


ノーザンハイブッシュ系品種でも言えたことなのですが
やはり酸味系品種のほうが風味についても評価が高いようです。



これで風味番付は全て終わりました。



全て終えて思ったことは風味とか食味については個人の好みの違いがあるから
一概には言えないだろうと言うことでした。

甘み系を好まれる方にとってはおそらく評価は全く異なるものと思われます。

やはり甘み系を好まれる方にも配慮しなければいけないだろうということで
酸味系品種と甘み系品種という括りで分類してみようと思います。


ラビットアイ系においては


甘み系
デライト ベッキーブルー ブライトウェル ホームベル ガーデンブルー 
メンデイト バルドウィン


酸味系
ブルーベル ウッダード ティフブルー ブライトブルー


こんな具合のようです。
(ラビットアイ系では酸味系は少数派でこの4種の評価も高くなっているようです)


甘み系品種の良い点は完熟以前でも然程酸味を感じないから
すっぱい実を口にして口を窄めるということがないことです。

つまり初心者向けでもあるということで
摘み取り園などでブルーベリーに詳しくない人や子供などが
完熟のサインなどを知らずに摘んで食べても美味しく食べられるので
甘み系品種を高く評価している摘み取り園も多く見られるようです。



他の系統についても近々UPします。





一つだけですがウェイマウスの蕾が膨らんでします。

f0018078_18543832.jpg









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-26 20:46 | 収穫関連 | Comments(2)

ウェイマウスが咲きそうです。

一つだけですがウェイマウスの蕾が膨らんでします。

f0018078_18462671.jpg













宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-26 19:42 | ノーザンハイブッシュ系品種 | Comments(0)

ずれた穂木のその後

3月にマイヤーズに接ぎ木したレカが6月には2次成長を始めていました。


これで一安心と思っていたんですが不注意で穂木に他の苗の鉢をぶつけて
台木と穂木の接いである部分がずれてしまいました。


ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !!!
_| ̄|○ ガックリって感じでした。

あ~あやっちゃったな~と思っても後の祭り・・・・・。

せっかくついていたのに多分もう駄目だろうと諦めつつも一応元に戻して、
正直言って見ると悔しさがこみ上げるので
なるべく目につかないような見えにくい場所においておきました。
もちろん水とかはやってましたけどね。


最近はもうあまり興味もなくなっていたんですが
なんと2次成長が見られました!

f0018078_18592843.jpg




レカは育てやすくて自根でも十分育てられるようですが
やはりラビットアイ系台木での接ぎ木でどんな風になるか興味がありました。
ぜひとも1つは欲しかったのですが全て失敗していたから
喜びもひとしおです。







ブルーベリーとは直接は関係ないんですが
堆肥置き場に湧いたカブトムシの幼虫を容器に入れて育てていたものが
今日見たら3匹成虫になっていました。



近親交配とかも関係あるのか本当に小さなオスも1匹いて
そいつの角の小さいこと!
男としては可哀想というか悲しいくらいでした。

まだ雌は確認できていませんが、雌は日中は深く潜っていることも多いから
何匹かはいるのかもしれません。

先日買っておいたカブトムシゼリーなる餌を与えたら
でっかい雄だけが堂々と餌にありついて
他の小さな雄たちは一目散に潜っていきました。

f0018078_1964797.jpg








今日はスイカとメロンも取れました。
スイカは美味しかったですが。
メロンの方はしばらく置いたほうが良いらしいのでもう少しおいてみます。

f0018078_193561.jpg












宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-07-25 18:44 | 接ぎ木 | Comments(4)