人気ブログランキング |

<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

クランベリーの苗取り


クランベリーを鉢増しました。
f0018078_7241874.jpg






鉢増ししたあとで気が付いたのですが
枝が1本土に刺さるようになっていたので軽く持ち上げたら発根していました。
f0018078_7244819.jpg






狙ったわけではなかったので先日のブルーベリーの苗取り同様ちょっとラッキー!
ほぐすと2本の苗が出来ました。




去年は実がつかなかったから今年は少しは実がついてくれればと思っています。
by BlueBerryNote | 2007-01-30 07:23 | ベリー類 | Comments(2)

ブルーベリー安売り情報

私も大好きな安売り情報です。

FLOWERGARDEN BLACKBAMBY
1stアニバーサリーセール会場ページで安売りやってます。

ぴんさんのブログ
ぴんのブルーベリー栽培日報、調律あれこれ からいただいた情報です。


極大粒 スパータングロー2年生特別価格 699円
おおつぶ星 3年生大苗特別価格 980円
あまつぶ星 3年生大苗特別価格 980円
おにしブルー 2年生販売価格 599円
ブリジッタブルー 2年生特別価格 599円
マグノリア 2年生特別価格 699円

8000円以下の注文の場合、別途800円の送料負担などがあります。
セール期間は2月5日までで早いもの勝ち売り切れご容赦とのことです。


私のお勧めはブリジッタブルー。
3年生の苗が980円というのも魅力ですね。


送料が少し気になりますが通信販売としては破格の値段だと思います。
お好みの品種などありましたらこれを機にお求めになるのも良いかと思います。


私も懲りずに少し注文しようかと考えています┐('ー` )┌
by BlueBerryNote | 2007-01-29 07:49 | ブルーベリー | Comments(4)

車枝のマル

この樹はマルの2年生です。

f0018078_9131199.jpg




去年強いシュートが伸びて背丈程にもなった頃に
シャシャンボツバメスガにやられて摘心されたような状態になりました。

その後摘心されたすぐ下あたりから四方に枝を伸ばして
いわゆる車枝(風車のようだから?)の状態になりました。
頭でっかちでいかにもバランスが悪いですね。
(苗業者さんは置き場の制限もあってこういう苗を作りますが)


こういう状態は実がついたらなお更、上部が重くなって
重心が高くなりすぎて安定しません。

こうならないようにするには、このシュートの半分より低い部分まで
切り詰めてしまうのが良いようです。
そうすると切り詰めた部分あたりから太くいシュートや枝が出て
バランスが良く見栄えがする樹姿になってきます。

もうじき挿し木が出来る時期になったら剪定しようと思います。
でも、正直言って半分以上も切り詰めるなんてもったいないですよね。


まだ2年生の苗なので剪定はあまりしなくても良いという意見もあります。
マルは5本あるので半分以下まで切り詰める苗と
そのまま切り詰めないで育てた苗とで比較しようと思います。



経過もUPする予定です。
by BlueBerryNote | 2007-01-27 07:54 | ラビットアイ系品種 | Comments(2)

接ぎ木ボーナス

去年の秋に接ぎ木苗も1本買いました。



あれこれ迷った挙句に買ったのはボーナスでした。



チャンドラーやスパルタンも魅力的だったのですが
そういうのはとりあえず既にあるので自分で接ぎ木をすることが可能だということで
まだなかったボーナスに決めました。
f0018078_7402169.jpg









接ぎ穂と台木が一体化していてちょっと触ったくらいではとても折れそうもありません。
ここまできて初めて接ぎ木が成功と言えるのだろうと思います。
f0018078_7542550.jpg





接合部見ると台木の切断面がカルスで殆ど覆われています。
流石、プロの技術ですね。
f0018078_7543887.jpg






ブルーインパルスシリーズの苗です。
f0018078_7395187.jpg



私自身の接ぎ木はあと一月くらい先になりそうです。
by BlueBerryNote | 2007-01-25 07:25 | 接ぎ木 | Comments(4)

サッカーでの取り木

前回の記事で紹介したように
サッカーからの取り木の味をしめたので、二匹目のドジョウ探しの記事です。




ともかく大小は問わずにサッカーを探してその周囲を少し掘って
根が出ているか確認しました。




まだ小さな樹が多いから良い感じに根が出ているサッカーは少なかったです。


5号以上の鉢が100以上ある中で発根しているサッカーが4本見つかりました。
パウダーブルー、ポラリス、ブルージェム、コビルの苗が出来そうです。
(ブルージェムとか増やす気は無かったのですが
来年用の接ぎ木の台木くらいにはなりそうです)





パウダーブルー
f0018078_755214.jpg




ポラリス
f0018078_7582429.jpg




ブルージェム
f0018078_7583869.jpg





今回見つけた発根しているサッカーのうち3本は明らかにサッカーと言うべきもので
発根していてある意味当たり前みたいな枝です。

ポラリスのは小さくて前回の記事の枝に近いものでした。


前回の記事で
「極低い位置に枝が出ていたら深植えとか枝が出ている部分に用土を被せて
発根を促し、苗取りをしては?」というコメントをいただきました。

おそらくそういう方法で発根させて苗を取るやり方も可能だと思います。
実際、私もそういう枝には用土を足しておきました。


今回の感じではそういう枝からの発根も可能だけれど
発根までには時間がかかりそうに思いました。
(挿し木が上手な方なら寧ろ挿し木してしまったほうが早い?)


これについても経過をUPする予定です。
by BlueBerryNote | 2007-01-23 07:31 | ブルーベリー | Comments(3)

小さなサッカー?

今朝、剪定をしてました。



挿し木をする予定がない品種や挿し穂にもならないような小さな枝などです。



とは言っても挿し穂をしないエッセルとかスワニー、マイヤーズとかは
「接ぎ木の台木にするんだから剪定してどうすんだ?!」とか
突っ込まれたら笑うしかないんですが
実は早起きしてもあまりやることも無くって手持ち無沙汰だったから
なんとなくいじってみたくなっただけです。

まるで子供のイタズラですね┐('ー` )┌




小さな枝は以前お話したように落としてしまったほうが良い枝が出るんで
特に1ミリくらいのは挿し穂にもしない予定だし
時間があれば落としたりしています。




前置きが長くなりましたがここからが本題です。


ミスティーの極低いところから小さな枝が出ていまして
その枝が出ているのは地表より下で
シュートとかサッカーとか言うほどでもない枝です。

細いしこんなところの枝を残しても仕方ないからなるべく深い位置でおとしました。
2本あったので何も考えずに二本とも。

切ってから気がつきました。

その二本両方とも切った付近から根っこが出ているのです。
f0018078_9181134.jpg



思わず「ラッキー!」
挿し木でここまで発根させるには2ヶ月以上かかります。
早速、植え付け?しようと思いましたが
しばらく植え付けとかする予定もなかったので鹿沼土がありません。

これからホームセンターで買って来ようと思います。


とりあえず100倍のメネデール水溶液にに突っ込んでおきました。


枝をとったミスティー本体ですが
うちでは青々としています。
ミスティー
f0018078_9354553.jpg





因みに
シュートとサッカーの定義や厳密な違いは分かりません。
地面から出ているのがサッカーで地表から上の部分から出ているのがシュート
という程度の認識です。
by BlueBerryNote | 2007-01-21 07:17 | ブルーベリー | Comments(4)

秋の緑枝挿し

秋の緑枝挿しの様子です。

ビニールポットには2本以上挿しているので300本以上挿してあると思います。
ともかく剪定した枝を何も考えず挿しまくっていたらこんなになっちゃいました。
f0018078_8271668.jpg



秋の緑枝挿しは挿してから発芽、発根が確認できるまで時間がかかりますが
良いところは水遣りも少なくて済むし暑さに負けることも無いから管理が楽です。
春に枯れていなければ大体発根しているようです。



8割くらいはラビットアイ系でいずれは接ぎ木の台木にしようと思います。
私は挿し木も下手だから、接ぎ木も確立は悪そうです。
失敗のことも考えると台木は沢山あったほうがいいんですからね。



でもこれが全部発根したらえらいことになりそうですヽ(゚Д゚; )ノ

まぁそのときはその時ってことでお気楽に考えています(´ー`)
by BlueBerryNote | 2007-01-19 07:12 | 挿し木 | Comments(2)

石灰硫黄合剤散布(2)

ラビットアイ系品種にも石灰硫黄合剤を散布しました。


比較的小さな鉢は前回と同じく横に倒しての散布です。


コンテナはとりあえず刷毛で捨てても良い毛布で鉢を覆ってから塗り始めました。


刷毛で塗るのは下に落ちる液の量も少なくてその点では効率が良く
2年生で強いシュートが1本だけ伸びている苗ははかどるのですが
小さな枝が沢山出ている苗はかなり面倒です。

コンテナなどの大きな苗を半分くらい塗り終えたところで嫌気が差してきました
┐('ー` )┌
↑ちょっと飽きてきちゃってます。





この日は風が強い日でした。


気分転換を図るため今度はスプレーで散布を始めたところ飛沫が下に落ちるどころか
強い風に飛ばされてまさに雲散霧消!


東に置いてあるコンテナの苗への飛沫は道路や向かいの家の垣根に
西のコンテナの苗への飛沫も隣の山茶花の垣根方面に飛ばされていきます。
いずれもちょっとくらいかかっても問題なさそうです。


自分にかからないように風上などから避けるような位置から散布を続け
他の果樹(桃・梨・柿・イチジク・さくらんぼ・ビックリグミ)にも散布をして
3時間程で終わりました。



500ccの石灰硫黄合剤が少し残る程度の量でした。


「こんなことなら最初からスプレー方式でやれば良かった」とも思いましたが
そうしていたら薬品が足りなくなっていたようだから
結果オーライってことですね(´ー`)
by BlueBerryNote | 2007-01-17 07:20 | 農薬 | Comments(4)

石灰硫黄合剤散布

鉢植えのブルーベリーに石灰硫黄合剤を散布しました。
とりあえずノーザンハイブッシュ系から原液を7倍に希釈しての散布です。


石灰硫黄合剤はその名の通り石灰が含まれているから
これがブルーベリーの用土にかかったらアルカリ性に近づいてしまいます。


何らかの方法で用土にかからないように散布しなければということで
あれこれ考えたのですが、ちょっと良い方法を見つけました。


鉢を横倒しにしてから枝に散布する方法です。
私がマルチにしている素材は松葉と藁でしたが
ちょっと横倒しにするくらいでは下に落ちませんでした。
鉢を転がしながら散布すると目残しもありません。
f0018078_7351354.jpg





コンテナの苗も同じく横に倒して片面を散布してから
終わったら反対側に倒してまた散布、これで全体に散布できました。
f0018078_7362540.jpg





ここはコンクリートだから下にいくら薬剤が落ちても問題ありません。


ノーザンハイブッシュ系品種(50鉢程度)だけで1日仕事と覚悟していましたが
1時間ほどで済んでしまいました。



反省点は枝に付く液よりも下に落ちる方が多いので
ラビットアイ系品種に散布するときは太い枝には筆とかハケも適当に使って
塗るようにしようと思います。




ラビットアイ系品種も散布する予定ですが
こちらは5号鉢以上の苗が100本近くあり、地植もあったりコンテナも多く場所的にも
ノーザンハイブッシュ系品種のように下がコンクリートの場所ではないから
色々な意味で手間取りそうです。
by BlueBerryNote | 2007-01-15 07:33 | 農薬 | Comments(2)

接ぎ木の練習

TMCのブルーベリーさんの掲示板で興味深い書き込みがあったので
引用して紹介します。

投稿されたのは接ぎ木業者のインパルスさん(インパルスシリーズの方?)で
接ぎ木の練習についてです。


用意するもの
1.接木刀(カッターナイフはやめましょう危険です)
2.ビニールテープ(市販の接木テープで)
3.剪定ハサミ
4.左手にはめる手袋(軍手や皮手等)
5.落葉樹の枝1m位(ブルーベリーなのでラビットアイ系の前年枝が良いのですが、ない場合にはリンゴ、カキ、スモモ、ウメ等の果樹の前年枝でも良い)


接木は刃物を使うので慣れが必要だということで
練習用の枝で反復練習するということです。

台木、穂木共に練習用枝で練習し、その後その枝で
合わせてテープでまく練習もします。


枝の持ち方や刃物使いなど丁寧に説明されているので
詳しくはこちらの掲示板でご覧ください。



私も接ぎ木をする予定ですが台木用の苗は20程ですから
慣れる頃には終わってしまいそうです。
早速練習しました。
f0018078_11255957.jpg



f0018078_1024550.jpg

接ぎ木テープはニューメデールで10センチ程度に切って
二つに細く2分しました。




私は接ぎ木は2月以降から始める予定なので
それまでは練習しようかと思います。




業者の方の情報は大変ありがたいですね。
by BlueBerryNote | 2007-01-13 07:35 | 接ぎ木 | Comments(2)