人気ブログランキング |

<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ラヒがホームセンターで売られていました。

昨日立ち寄ったホームセンターでラヒが売られていました。

カインズホームというホームセンターで15本くらい残っていました。

ラヒという品種はニュージーランド産特許品種で比較的入手しにくい品種です。
ホームセンターのブルーベリーの品種は正確かどうか怪しいという声も
良く聞くのですが、980円だったので一鉢買ってしまいました。

今朝、プラ鉢に植え替え、軽く剪定して出た枝で、早速挿し木もしてみました。
ラヒがホームセンターで売られていました。_f0018078_8212114.jpg

by BlueBerryNote | 2006-09-29 07:04 | ラビットアイ系品種 | Comments(0)

不調の株のケア

ランコーカスとノースランドの3年生くらいの株が元気がありません。
いずれも紅葉でもあるかのように葉が赤くなっています。
流石にこれではまずいと昨日鉢をひっくり返してみました。


ランコーカスは根の状態は周囲が多少根腐れを起こしているようだったので
周囲を取り除いて植え戻しかなりきつめに剪定しました。


ノースランドの方は鉢の深い部分には根が良く張っているのですが
植えの方がスカスカの状態でした。
根腐れかとも思いましたがミミズが結構出てきてこれに根を食べられたのかもしれません。
ともかくも軽く根洗いして二周り程小さな鉢に植え
剪定はランコーカスよりもきつめに剪定しておきました。



どちらも葉の色がかなり悪いのでリカバリーできるかは分かりませんが
何とか回復して欲しいです。
by BlueBerryNote | 2006-09-26 07:10 | ノーザンハイブッシュ系品種 | Comments(0)

秋の緑枝挿し

先日、収穫後の剪定をしていますが切り落とした枝は挿し木の挿し穂として使っています。



成功率は依然として良くはないのですが、それでも毎回工夫を加えて
成功率UPを図っています。

どうも私の場合はプランターでの成功率が良くないようなので
今回もプランターとビニールポットの2種類です。
秋の緑枝挿し_f0018078_16195277.jpg



今回の工夫は



1)前回はビニールポット1個に1枝だったのを2~3本としてみました。

私はまだ成功率は2本に1本の割合です。
ということはポットに2本挿せば1本は根付くという計算ですね┐('ー` )┌
なかなかそう旨くはいかないでしょうが、1ポットに2本ならポット上げも楽そうですし
1本だけが根付いた場合はそのままにしておけます。



2)挿し穂の上に出ている切り口を癒合剤(ボンド)で覆ったこと

挿し木をしていると上の切り口から茶色に変色してくることが度々あるので
これですこしでも切り口からの枯れ込みを防げればとやってみました。





今の時期に挿した挿し木の結果が出るのは来春になってからなので
期間は長いのですが、管理が楽なことと発根率が良いので割と多めにやっています。

最近は挿し穂も以前よりはしっかりしたものが取れるようになって
そういう意味でも少しずつ成功率がUPするのではないかと思っています。
by BlueBerryNote | 2006-09-23 16:22 | 挿し木 | Comments(0)

ブルーベリーの夏剪定

昨日晴れたにもかかわらずほとんどの鉢がまだかなり重いので
水遣りは今朝はせずにブルーベリーの剪定を少しやりました。


夏の剪定なので風通しをよくして病気や害虫の発生を防ぐのが目的です。



バルドウィンは低い位置にある下向きの枝などをばっさり
ブルーベリーの夏剪定_f0018078_8414716.jpg



ブルーシャワーは内向きの枝や重複している枝を落としました。
ブルーベリーの夏剪定_f0018078_842390.jpg







当地ではこれから11月一杯位まで秋の成長が続きます。
肥料もそれに合わせて来年収穫の予定がない樹には10月中旬までは肥料をやる予定です。
by BlueBerryNote | 2006-09-21 08:42 | 剪定 | Comments(0)

ラズベリー、コガネムシの幼虫による被害(虫が嫌いな方、拡大禁止)

虫が嫌いな方は拡大しないことをお勧めします。
見ちゃった場合はごめんなさい。
でも拡大しなくても十分気持ち悪いかもしれません(´ヘ`)




ラズベリーがこのコガネムシの幼虫20匹くらいに食べられて根が丸坊主です。



去年はブルーベリーのエッセルが餌食となってしまいました。
(エッセルはその後間とか復調して今は元気に成長しています)



先日ブルーベリーはスミチオンで防除したのですがラズベリーはしていませんでした。



ラズベリーは生命力が強いので復活してくれることを期待しています。


























































ラズベリー、コガネムシの幼虫による被害(虫が嫌いな方、拡大禁止)_f0018078_17233716.jpg

by BlueBerryNote | 2006-09-17 17:23 | ベリー類 | Comments(0)

ブルーベリー(ハイブッシュ系品種等)の移動

大分秋めいてきました。

ハイブッシュ系品種も1日中日の当たる場所に移動して秋の成長に期待です。
ブルーベリー(ハイブッシュ系品種等)の移動_f0018078_9465594.jpg


これからは来年の収穫に思いを馳せながら、ブルーベリーの成長を
間近で楽しもうと思います。



ここは先日までニガウリのグリーンカーテンで覆われていたいましたが
その頃の様子はこちらです。
ブルーベリー(ハイブッシュ系品種等)の移動_f0018078_9475248.jpg

by BlueBerryNote | 2006-09-16 09:49 | ノーザンハイブッシュ系品種 | Comments(0)

サザンハイブッシュ系品種

火曜日から雨続きで水遣りは必要ないのですが
逆にサザンハイブッシュ系品種の過湿が少し心配になってきたので
家のひさしの下に移動して少し雨よけしてやりました。
リベイル、パールリバー、オニール、ヒトミ、ケープフィア、ジョージアジェムなどです。
(サンシャインブルーやシャープブルーとかは強いからそのままです)


ついでにサザンハイブッシュ系品種の最近の様子ですが
リベイル、パールリバー、シャープブルーは極めて良好
オニール、ヒトミはやや不良、ミスティーは瀕死です。
(ミスティーは春から芳しくありません)


サザンハイブッシュ系品種_f0018078_9554237.jpg

真ん中の大きな苗で、左がリベイル、右がパールリバー
やや手前が元気なミスティー、左側のポットケースは休眠挿し
右側には去年の秋の緑枝挿しのヒトミやケープフィアなど







春に挿した休眠挿しの苗たちも同じく雨が当たらない場所に移動です。
by BlueBerryNote | 2006-09-14 07:40 | サザンハイブッシュ系品種 | Comments(0)

枯れたブルーベリー

今年の夏も暑くてやはり幾鉢かを枯らしてしまいました。


写真はバークレー、ジャージー、ノースランドです。
枯れたブルーベリー_f0018078_13402630.jpg



バークレーは去年小さな苗に沢山の実がついたものを買ったのですが
やはりその負担が大きかったらしく、枯れてしまいました。

ジャージーは急に枯れこんでしまって手の付けようがありませんでした。

ノースランドはかろうじて緑の葉を残しているので
運がよければ生き残るかも知れません。


今年は梅雨明けごろまで日差しが強く射す場所において
いよいよ調子が悪くなってから、半日日陰に置きました。
やはりこれでは遅かったようで、来年はハイブッシュ系品種は
梅雨明け前、気温が30度以上を超えるようになったら
(ブルーベリー達が調子を崩す前に)
東側の半日日陰の場所に移動しようと思います。
by BlueBerryNote | 2006-09-13 07:26 | ノーザンハイブッシュ系品種 | Comments(0)

スミチオン乳剤

真夏もどうやら過ぎてラビットアイ系品種はほとんどが元気です。

それでも数鉢は元気がないものも出ています。
葉を害虫に食べられた程度なら問題ないのですが
葉が赤茶けて来ているもの中にはあります。

去年はこの時期にエッセルがコガネムシの幼虫に根をほとんど食べられて瀕死になしました。

今日はそういった数鉢にスミチオン乳剤の1000倍をやって
コガネムシの幼虫退治をしました。
スミチオン乳剤_f0018078_9142466.jpg


収穫も終わり来年の収穫までには10ヶ月以上もあるから
薬害は問題ないと思っています。
by BlueBerryNote | 2006-09-11 09:14 | 農薬 | Comments(0)

蓑虫

レカにぶら下がる物体を見つけました。
茶色の葉をつないだ蓑虫です。
私が今までに見た蓑虫でも最大級のサイズです。
蓑虫の食害はそれ程でもないようですが
やはり被害が出るので写真を撮った後に昇天してもらいました。
蓑虫_f0018078_192138.jpg

by BlueBerryNote | 2006-09-08 19:05 | 害虫 | Comments(0)