人気ブログランキング |

カテゴリ:接ぎ木( 151 )

Z接ぎORジグザク接ぎ?&鞍接ぎ@アメリカ的接ぎ木

定期定期に巡回させていただいている「まさたん」さんのブログでちょっと変わった接ぎ木の手法について紹介されていたのでこのブログでも取り上げてみます。


まさたんの園芸パラダイス  ブルーベリーの新しい接ぎ方について


↑をご覧頂くと分かるのですが接ぎ木の接合部分がZ?N?あるいはジグザクというような感じで接ぎ木しているようです。

図にするとこんな感じでしょうか。
f0018078_1171440.jpg


私の偏見かも知れませんが米国人って不器用が多いようなイメージだったんですけどなんか込み入っていて難しそうな感じです。



他にも同記事へのコメントでSKYさんが(saddle graft鞍接ぎ)のビデオなども紹介されています。


色んな接ぎ方があることに感心するばかりです。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-01-10 20:02 | 接ぎ木 | Comments(3)

接ぎ木が成功しやすい品種について(2)

今日は寒いわ、風は強いわで本当に散々な天気でした。
それでも景気も悪いので仕事納めでこれから暫くのんびり過ごせるので心は軽いです♪
財布も軽いですが(笑。



昨日の記事にはっぱさんから他の品種についても接ぎ木の難易度を知りたいとコメントを頂きました。私の実感としてはトロは成功率が高いとは感じていたのですが失敗も多くてその他については分かりません。分母自体が小さいから比較もし難いのですが沢山作っている方の情報を紹介しておきます。


ブルーベリー&出来事by南風ブルーベリーを運営されている南風さんによりますと



以下引用
「トロ」の成功率が際立って高く続いて「ミスティ」「オニール」で
逆に「ネルソン」はイマイチのようです。
挿し木の成功率が高いほど、接木の成功率も高いように感じます。


因みに南風さんは今年は610本ほど接ぎ木をされたようです。
<ミスティ170本>
<オニール170本>
<トロ 50本>
<ネルソン50本>
<スパータン 50本>
<コリンズ 20本>


2008年、接木仕込み状況より



こういう情報も皆さんの情報が上がってくると一層正確さが増すと思うので皆さんの経験的な情報もブログなどで取り上げるとかこのブログへコメントをお寄せいただければと思います。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-12-26 20:05 | 接ぎ木 | Comments(10)

トロは接ぎ木が成功しやすい品種らしいということ

f0018078_1523163.jpg

6月15日に作った時点のシャシャンボの呼び接ぎ



とりあえずシャシャンボのポットを外して鉢増ししておきました。
呼び接ぎと言ってもとりあえず根は2品種共存することになります。
最終的にハイブッシュ系の根は淘汰されるかも知れませんが・・・。
f0018078_155062.jpg




6月15日に行ったもので、まだちゃんと癒合しているか分かりません。巻いてあるビニール紐が食い込むくらいになったら多分成功だと思いますがまだそこまではいっていません。
f0018078_1551436.jpg





穂木のトロについてですが私の経験や他の方の情報などを総合すると接ぎ木が成功しやすい品種のようです。理由は分かりませんが挿し木と同じく成功しやすい品種となかなかうまくいかない品種は確かに存在するようです。

だから我が家でも沢山出来てしまう品種といつになってもなかなか接ぎ木が出来ない品種があったりします。

最初にやった接ぎ木で少なくとも一つくらいは成功させたいでしょうから接ぎ木初心者の方にはお勧めです。







シャシャンボは日本に自生するブルーベリーの仲間でブルーベリー程、土壌を選ばない利点があります。樹も主幹性でブルーベリーのようにサッカーが発生することもなく宮崎大学の国武先生調査によると実の味・サイズ・収穫時期共にブルーベリーを台木とした接ぎ木と変わりなく取り立てて欠点も見つからないのでブルーベリーの台木として注目されている植物です。
シャシャンボについては↓こちらでも詳しく説明してあります。

シャシャンボを台木とする接ぎ木




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-12-25 20:33 | 接ぎ木 | Comments(8)

接ぎ木の紅葉

f0018078_17244883.jpg

赤い葉がブラッデン左下はレガシー



昨日は記事は書いてあったのですが非公開のまま寝てしまって訪問いただいた方には申し訳ないことをしました。ですので今朝からこれで3っつ記事になっていますがご容赦ください。



写真は↑6品種接ぎのブラッデンの紅葉です。まだ緑が残る葉もあって色的なピークはもう少し先です。



先日黄色い紅葉と赤い紅葉について記事にしたときに写したブルーレイとスパルタンはもう全て落葉しています。
左側がブラッデン、右側がリベイル
f0018078_1738138.jpg




残ったブラッデン、リベイル、カロラインブルー、レガシーのうちで最も紅葉が進んでいるのがブラッデンです。その次がカロラインブルーが赤くなり始めた葉があってレガシーとリベイルはまだまだ緑が優っています。単品で接いだリベイルと自根のリベイルは既に落葉しているのでこの台はかなり元気が余っているようです。

左がカロラインブルー、右の緑がレガシーです。
f0018078_17323752.jpg





12月だというのに小さなシュートが成長を続けています。
もう少ししたら凍害で傷むのだろうけれどおそらく地上部と根のバランス的に根の方が優っている現われだと思います。接ぎ木は今後成長することは無いのでこの枝はこのまま放置しておきます。地上部が少しでも大きくなればそれにつれて根も大きくなりますからね。
f0018078_17371838.jpg





紅葉もそれぞれ鉢ごとに調子も違うからなかなか比較し難くて紅葉の順番も一概に言えないと思いますが、これは台が同じだから品種ごとの紅葉の順番も比較しやすいかもしれません。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-12-22 20:21 | 接ぎ木 | Comments(5)

寄せ(呼び)接ぎの接合部@ブルーベリー

f0018078_12361971.jpg

ベッキーちゃんと丸大のオニールです。

もとい!
ベッキーブルー台のチャンドラーの接ぎ木とマル台のオニールの接ぎ木です。
なんかかなり引かれてしまった悪寒・・・。




さて、気を取り直して

私は接ぎ木は切り接ぎで一番沢山作っていますが春先以外では呼び接ぎなんかもやっています。呼び接ぎはどちらも根があるから成功しない場合でもどちらも生存している場合が多いです。
呼び接ぎの接合部を観察してみました。



成功例のチャンドラーの呼び接ぎの接合部

チャンドラーの接合はもうかなりしっかりしていて元々寄せた枝は間に互いの枝が盛り上げたカルスのために5mm近くも離れています。
f0018078_12391395.jpg





オニールの方は低い部分で辛うじて繋がっている感じで向こう側が透けて覗いている部分が沢山あります。
f0018078_12392823.jpg




ブルーベリーは枝が傷つけられるとカルスが盛り上がって傷口を塞ごうとする生理があります。
例えば↓こんな感じです。

去年の秋に失敗した芽接ぎの傷跡
f0018078_1240148.jpg





呼び接ぎの場合は短期的に失敗しても長期に渡って枝を寄せたまま圧力をかけ続ければこうしたカルスを互いに出し合って癒合するかも知れないというようなことも考えました。


↑のオニールの接ぎ木なんか縛りなおしておいたらくっつくかな~?






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-12-04 20:34 | 接ぎ木 | Comments(8)

プルの紅葉@ノーザンハイブッシュ系ブルーベリー

f0018078_18334022.jpg

1つの台木に3本接ぎしたプルです。

同じ品種を同じような枝で同じ高さで接いだから3本の成長具合は殆ど同じです。


今年は割と赤黒い紅葉が多くてなかなか良い色に染まるものがありませんでした。
これも満足というわけでもないのだけれど1度くらいは紅葉の写真もUPしておかなければと思って記事にしておきました。




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-29 20:57 | 接ぎ木 | Comments(6)

株分け出来るサッカーの活用@ブルーベリー

f0018078_1742461.jpg

5年生エッセル



今日は0時から12時までメンテだったので訪問いただいても閲覧できなくてご迷惑をおかけしました。
予めお知らせしておけば良かったのですが失念してしまって申し訳なかったです。






冒頭の写真は5年生のエッセルについてです。
2005年の春にティフブルーと一緒に最初に買った1年生苗でした。

2005年の秋にコガネムシの被害にあって殆ど根がなくなりましたがその後持ちこたえて現在に至ります。
木の大きさもそうした経緯と大きな鉢に収めなかったこともあって今ひとつ大きくなっていません。





株分け出来るサッカーの活用

株元を見ますと真ん中から幹が出て手前左と手前にサッカーが出ています。
このサッカーは真ん中からサッカーとサッカーの真ん中付近に地下茎が伸びて鉢にあたりそこで左右に分かれて少し伸びた後にサッカーとなって地上に出ています。
f0018078_17423340.jpg

このサッカー、取り除くならもっと早く除去しても良いのですがこれくらいになると多分地下茎の部分で発根しています。
地下茎を元から切れば株分けが出来ると思います。
(取り木というのは増殖の手法なのでこういう場合は株分けと言う方が正しいと思います)


これを私がどうしようかというととりあえず接ぎ木してしまおうと思います。接ぎ木が成功してから株分けしようという考えです。
先に株分けしてしまうと接ぎ木できる大きさにするまで1~2年はやはり必要だろうけれど今なら十分な栄養が供給されるから接ぎ木も成功しやすいように思います。
うまくいったら株分けして失敗したら除去してしまっても良いと思っています。


このエッセル自体も台木にしてしまうか育てるか悩ましいところなのですが結構花芽が沢山付いているから台木にする決断がなかなか出来ません(笑。







今朝はエンドウの植え付けもやりました。

植えつけたのは
ツタンカーメンエンドウ8ポット
赤花絹鞘4ポット
白竜エンドウ4ポット
8月蒔き絹鞘8ポットです。
発芽が遅れているパワーピースは現在屋内において発芽を急がせています。
f0018078_1743547.jpg






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-26 20:49 | 接ぎ木 | Comments(10)

ブルーベリー多品種接ぎあれこれ

f0018078_19393066.jpg

我が家の6品種接ぎです。


多品種接ぎ販売

ブルーベリーカントリーさんで多品種接ぎ販売されていました。

オニールとサミットの2品種で5250円

ブルーベリー接木苗


高いのか安いのか・・・
商売人が値段をつけるとそんな感じなのでしょうね。







我が家の多品種接ぎ

一方、我が家の多品種接ぎはというと
冒頭の写真の6品種接ぎは台がホームベルで至って元気で紅葉ももう少し先の感じです。
リベイル、ブラッデン、スパルタン、ブルーレイ、レガシー、カロラインブルーというオールシーズンタイプ。
花の色は2品種ピンクでブルーレイは蕾が濃いピンクだからビジュアル的にも楽しみな接ぎ木です。

春に9本接ぎ木して2本しか成功しなくて緑枝接ぎで3本成功してそのうちに駄目だと思っていたリベイルが動き出して6品種の接ぎ木になりました。
今思えば緑枝接ぎしていなかったらこんなに賑やかにはなっていなかったのかもしれません。でも、少ない本数なら少ないなりにその3本の成長が早いから同じくらいになるのかもしれません。
ともかくもこれが今後どうなっていくか楽しみです。良くても悪くても皆さんの参考にはなると思います。

成長具合ですが4品種は大体同じくらいの成長で、レガシーがやや小さく、カロラインが一番小さいです。

値段をつけたら如何ほどになるのかな(笑




3品種接ぎは秋に鉢増ししましたがそれ以前にやや根詰まりしていたからあまり元気がなくて葉もあらかた落ちています。
こちらはトロ、ブルージェイ、ダロー
台木がサッカーが出やすいサウスランドなんで鉢増しするときも地下茎及びサッカーを幾本か切り落としましたし今後も沢山発生しそうなのが珠に瑕でしょうか。

こちらは明らかに成長に差が現れて一番高い場所で接いだダロー(真ん中のY字の枝)が圧倒的に成長しています。
トロ(左)とブルージェイは成長は今ひとつです。
f0018078_19411268.jpg



ラビットアイ系で処分したい品種、減らしたい品種も幾つかあるので多品種接ぎは来春にも幾つかやろうと思っています。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-20 20:38 | 接ぎ木 | Comments(11)

レカの接ぎ木の接合部分@ブルーベリー栽培

くまくまさんのブログで見かけたのですがブルーインパルスシリーズでトップハットが出たようですね。参照↓
NEWシリーズ☆【トップハット】
「なんでもありかよ」(笑
「自分で遊びで作るならまだしも買う気にはなれんな~」
と思いましたよ。
興味は津々です(笑。





レカの接ぎ木の接合部分

日曜日には接ぎ木のレカの鉢増しもやりました。このレカの接ぎ木の接合部は切り接ぎなんですが癒合の仕方がちょっと変わっています。普通の切り接ぎは台木と穂木のそれぞれの一部を削って、その削った面を合わせて癒合させるわけですが、この接ぎ木は台木と穂木を削った面では接合できていません。
写真を見ていただくと良く分かると思いますが本来癒合すべき面はほんの少し離れていて向こう側が透けて見えてしまっています。
f0018078_1751535.jpg


つまりは本来癒合すべき面ではなくて下端若しくは背面で癒合しているようです。
ど素人がやると色々なことが起こるようです(笑。


それでももう大分しっかりしていて木も大きくなりました。


業者さんだったらこんな癒合の仕方ではあるいは商品にならないのかもしれませんが私としては接ぎ木として機能してくれさえすれば良いからこのまま育てることとします。


鉢増ししてこうなりました。
やっぱりちょっとは心配なので誘引もきつくはしませんでした。
f0018078_17141049.jpg






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-11 20:28 | 接ぎ木 | Comments(6)

パテント絡みの接ぎ木@ブルーベリー

f0018078_17371123.jpg

ジュエルの接ぎ木



シャシャンボの実生についてですがBB讃岐さんがTOMOさんのBlueberry Communityに写真↓をUPしてくださいました。
実生のシャシャンボ

1年でこれくらい大きくなるなら挿し木とあまり変わらない感じだと思います。
実生、益々楽しみになりました。
BB讃岐さんありがとうございました。




パテント絡みの接ぎ木


冒頭の写真は春にNHさんからいただいた接ぎ木です。1シーズンで大分大きくなりました。パテントの関係でブルーインパルスシリーズには登場しないと思われます。


他にも国華園さんやサカタのタネさんが時折販売するパテント品種も接ぎ木苗が売り出されることはなさそうです。(パムリコ・クラベン・レノイルなど)


先日届けられたと言うリンナイさんの懸賞のおおつぶ星、あまつぶ星も接ぎ木苗が販売されることは当分なさそうです。(群馬の業者さんが売っている場合はあるかもしれません)


他に↓あたりも接ぎ木苗が販売されないと思われます。
他には大関ナーセリーさんのパテント品種、10本以上の制約がある品種は勿論のこと1本単位で買えるペンダー。
小町園さんやニッポン緑産さんが育種した品種。



幸いなことにブルーインパルスシリーズでニュージーランドから発表されたプル、ヌイ、レカは販売されているようだから多分もう権利が消滅しているのでしょうね。






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-10-25 20:47 | 接ぎ木 | Comments(8)