人気ブログランキング |

カテゴリ:ラビットアイ系品種( 131 )

エッセルの花の皺とシミ@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_1744734.jpg

エッセルの花


今日は暖かくて庭を歩くとミツバチが五月蝿いくらいにブンブン飛び交っていました。ブルーベリーの作業よりも今日は菜園の事をあれこれやりつつそんなミツバチを時折眺めたりしていました。

ミツバチが沢山来ているから受粉は万全と思いきや、さにあらず。ミツバチもあまり近寄らない品種もあるようです。
今、一番人気があるのがバルドウィンで1本に4匹くらいが蜜を吸っています。人気がないのがマルでこれにはなかなかミツバチがいるのを見かけませんでした。

それから今の時期はハイブッシュ系よりもラビットアイ系の方がお好みのようでした。
というようなわけでマルとハイブッシュ系をザッと受粉しておきました。



閑話休題


エッセルの花の皺とシミ

ファンサイトやブログの記事にブルーベリーの花の写真をUPするときは皆さん綺麗な写真を選んでUPしているようです。確かに見栄えがいいから当然なのですがそれは時には本来の姿ではなかったりすることもあるように思います。

冒頭のエッセルの写真ですがエッセルは咲き始めの頃には花冠に濃い目の赤いシミがつく花が結構見られるようです。
濃い赤だからそれ程見苦しいと言う程のことではないと思います。
f0018078_17553450.jpg


このシミは時間が経つにつれて薄れていくようで散り始める頃には殆ど目立たなく成ってきます。




それからもう一つ、エッセルの花は花冠に皺が出るものがかなり多めで1果房に必ず一つと言うほどではありませんが3果房くらいに一つくらいは必ず出るようです。
f0018078_1811523.jpg




f0018078_1812832.jpg




こうした花冠の皺が出る品種は他にもあってマルとかは結構多目のようですがエッセルほどではありません。

花冠のシミと皺でエッセルはかなり簡単に品種同定できるだろうと思います。
エッセルはホームセンターでもかなり見かける品種で何も知らない初心者が買って名前を忘れてしまったりすることも多いかと思いますがそういう方がこの品種を持っていたら教えてあげると喜ばれるかも知れません。


私は初心者の方からブルーベリーの品種同定を頼まれたりします。ラビットアイ系の品種同定はなかなか難しいので特定できない場合もすくなくありません。更にそういう際には「受粉相手は何が良いでしょう?」というような質問も同時に受けたりします。
そういう場合はこの品種、結構使えるかも知れません。
乱暴に言えばこの記事を見せるとか特徴を教えてエッセルと違うなら受粉相手にエッセルを勧めてしまえば簡単です。逆にこの記事の特徴とピッタリあったらそれはエッセルです。エッセル以外のラビットアイ系の品種なら何でも良いとアドバイスしてあげれば良いわけです。
エッセルは割りと何処のホームセンターでも見かけますからね。

皆さんがそういうことを聞かれた際にも面倒だったらやってみても良いかもしれません。





さて、今日は農作業の合間に↓この二枚の写真の違いについて観察していました。

f0018078_1841111.jpg


f0018078_1842255.jpg




さて、何処が違うでしょう?

もう少し調べて明日記事にするつもりです。

ヒントは↓ More ヒント に書いておきます。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園

More ヒント
by BlueBerryNote | 2009-04-18 20:37 | ラビットアイ系品種 | Comments(9)

タカへの花柱が長い様子の記録記事

f0018078_17374250.jpg


タカへの花は花柱がかなり長いようです。
by BlueBerryNote | 2009-04-18 20:10 | ラビットアイ系品種

マルの散り際の紫花@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_18374026.jpg

マルの花

品種同定の各論もポツポツ始めようと思います。


マルの特徴として花が散り始める頃になると何故かピンクと言うか紫の花が混じります。
本当にポツポツなんで見て綺麗とか言うほどのことはありませんがこれもマルの特徴なので散り際にこんな花が出なかったらそれはマルではありません。
f0018078_18404734.jpg





去年は初めてだったので少し驚きました。参照↓
マルの紫の花




テルさんによりますと他にはノースランドでも散り際にこんな花が混じることがあるそうです。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-04-17 20:34 | ラビットアイ系品種 | Comments(8)

グロリアの花@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_17143846.jpg


グロリアについては割りと情報が少ないですが島根県の調査ではサイズ的にはノビリスと同じかそれより大きくて糖度は同じくらい、酸味は少ないから推奨できる品種となっています。参照↓
収穫期間を通じたラビットアイブルーベリーの果実品質の比較

因みにこの調査ではブルーベリーの果実は収穫初期は大きいが糖度は低く、収穫後期になるにつれ小さくなっていくが糖度は増してくると言うようなレポートもあります。

他にもあまり情報がないフェスティバルであるとかブルーベル、ブライトブルー、ガーデンブルー、ホームベル、ティフブルーの収穫期間を通じてのサイズや糖度の変遷などレポートされているのでまだ見たことがない方は一度目を通して置かれることをお勧めします。
この調査だとガーデンブルーがかなり小さいと報告されています。でも、期間を通じて糖度はかなり高目なんですよね。
フェスティバルの糖度も結構良い数字出してます。


このブログでも最近は新しい読者の方が大分増えてきたようなので過去に紹介した調査研究などについても折に触れて紹介していこうと思います。
by BlueBerryNote | 2009-04-14 20:58 | ラビットアイ系品種 | Comments(5)

マルの花@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_1913342.jpg

逆光気味に撮ってみました。

花冠の口から花柱というか雌しべがちょこんと顔を覗かせています。
今日はラビットアイ系の花柱について書こうと思っていましたが一部写真を撮り忘れたので明日にしようと思います・・・・。

ついでなのでお持ちのラビットアイ系ブルーベリーで花柱が特別長い品種または短い品種にお気づきでしたらコメントいただければと思います。

一応私の基準を書くと花冠から殆ど花柱が見えないのが短い、一応見えるのが、際立って飛び出ているのが長い、です。
by BlueBerryNote | 2009-04-11 20:41 | ラビットアイ系品種 | Comments(6)

サウスランドはピンクの蕾

f0018078_11471347.jpg

サウスランドの花は淡いピンクです。
ラビットアイ系ではピンクの花もありますがその中でもかなり美しい方だろうと思います。

あまり評価されていない品種ですが我が家での成長の速さはホームベルをしのぐ勢いです。
サッカーの発生が多いから営利栽培での接ぎ木の台木には問題ありそうですが趣味の鉢栽培とかなら大丈夫じゃないかと思っています。


サザンハイブッシュ系のピンクの花同様、蕾のときの方がピンクは濃くてそちらの方も目を楽しませてくれています。
f0018078_1156633.jpg

(右の白い花はブライトブルー)
by BlueBerryNote | 2009-04-03 20:47 | ラビットアイ系品種 | Comments(8)

ラビットアイ系品種の開花@ブルーベリー栽培

f0018078_15380100.jpg

ノビリスの花



今日から暖かくなって暫くは4月の陽気になるようです。

今朝の新聞で見たのですが今年はミカンは裏年で全国的には30%の収量減。
価格は高く推移したようです。我が家のミカンも裏年でした。



ラビットアイ系品種の開花

今年はラビットアイ系品種の開花が特別早くて沢山の品種が開花し始めています。
このまま順調に咲くようだと去年より半月くらいは早く咲き揃いそうな勢いです。
ハイブッシュ系の方は一部のサザンハイブッシュ系を除いては全体的にまだまだでこちらは大体例年とそれ程極端に早くなると言うことはなさそうに思います。


このあたりからもノーザンハイブッシュ系では低温要求時間というものがちゃんと機能していて寒冷地などでの早すぎる動き出しを制御しているように思います。



今日、確認したラビットアイ系品種の花を記録も兼ねて撮ってみました。
ノビリスは晩生の品種なのでちょっと意外な感じです。(↑写真)

花の様子も寒さに当たった影響からか蕾や蕚が赤く色づいているものが多いようです。



ウッダード
f0018078_15504082.jpg



ティフブルー
f0018078_15521384.jpg



ブライトブルー
f0018078_15523439.jpg




ブルージェム
f0018078_15525836.jpg




ベッキーブルー
f0018078_15554082.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-03-16 20:35 | ラビットアイ系品種 | Comments(5)

フクベリーの屋内避難

f0018078_1937213.jpg

フクベリーです。



頂き物でこれしかない大事な苗です。

明朝は霜が降りるかもしれないから他の大事な小さな苗と一緒に一応玄関に入れておきました。

霜にさえあたらなければ大丈夫だと思います。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-02-16 20:59 | ラビットアイ系品種 | Comments(6)

ラビットアイ系品種の萌芽

f0018078_1612974.jpg

メンデイト(左)とキャラウェイ

f0018078_1683724.jpg

キャラウェイ



f0018078_1681632.jpg

メンデイト


日付が変わった頃から降り出した雨は今朝方には既に止んでいました。

10日ぶりの雨でその間に1~2回水遣りしてましたがブルーベリーはいいとして野菜や果樹には恵みの雨となりました。


例によって話題探しに庭をウロウロしているとラビットアイ系でも葉芽が動き出しているものがありました。(↑写真)



他も一通り見て回るとベッキーやクライマックス、ウッダードあたりも少しですが萌芽が見られました。



ということで・・・






接ぎ木の季節が











キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!




しかしこんな早い時期で大丈夫かいな。
穂木の低温要求時間も心配だったり・・・・。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-02-10 20:53 | ラビットアイ系品種 | Comments(3)

ブルージェムの成長と鉢増しの注意点@ブルーベリー栽培

2005/07/18のブルージェム2鉢
f0018078_1716581.jpg



f0018078_17162725.jpg



ホームセンターの見切り品で100円で求めました。




どちらがどちらだったか忘れましたがこうなりました。
f0018078_17175417.jpg




f0018078_17182345.jpg

2008年の秋なので5年生という扱いだと思いますが結構大きくなるものです。
吹き曝しに置いてあるから早くも殆ど葉がありません(笑






鉢増しの注意点

下の写真のブルージェムですが鉢増しの時に失敗したようです。
去年か一昨年、コンテナに鉢増しした折に主幹をコンテナの真ん中になるように根を大分左側に寄せてコンテナに収めたのですがサッカーが極端に偏って発生してしまいました。
ちょっとほったらかしにしすぎたせいもあるんですけどね(笑。
f0018078_17353484.jpg



仕方ないから収めなおします。


ブルージェムは二つは要らないんでこれは接ぎ木の台木にしてしまう予定です。
接げそうな幹が9本あるのでこれも多品種接ぎしようと思っています。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-11-21 20:14 | ラビットアイ系品種 | Comments(9)