人気ブログランキング |

2011年 05月 10日 ( 1 )

オクラッカニー@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_19195285.jpg


オクラッカニーの花冠は太っちょですね。
ラビットアイ系では最大級じゃないかと思います。
花柱も長めで分かり易いから品種同定も容易な品種と言う事が出来そうです。


大関ナーセリーさんのカタログによりますと
収量は安定して高く、ティフブルーより平均で1,7倍あるそうです。
当たり前なんですがオクラッカニー2本でティフブルー3本半近い収量になるってことですね。

比較されたティフブルーの説明が
「収量性は非常に高い」となっているから凄いことになりそうです(笑。



さて、話は横道に逸れますが、とある調査によりますと
ウッダード台木の接ぎ木に比べティフブルー台木の接ぎ木は1,5倍~2倍、
ホームベル台木の接ぎ木にいたっては2倍~3倍の収穫量があったとの報告があります。


大関ナーセリーさんの説明と↑の調査を単純に当てはめると
ウッダード1:ティフブルー2:ホームベル3:オクラッカニー3.4?
かなり無理がありますが(笑。



樹勢とかの違いによるものなのでしょうけれど
このオクラッカニーという品種は接ぎ木の台木としても優秀かもしれない」なんて考えたりもしています。

ただオクラッカニーは契約で増やしてはいけないことになっているので、あくまでも妄想の域を超えません(笑。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2011-05-10 20:38 | ラビットアイ系品種 | Comments(2)