人気ブログランキング |

2008年 03月 31日 ( 1 )

秋の挿し木の経過と挿し木の新手法

サンシャインブルーの花
f0018078_17235247.jpg


昨日はリベールの花を紹介しました。
リベールは花だけが先に咲いて葉が後から出てきますが、サンシャインブルーは同時進行のようです。似たようなピンク色になりましたが葉があるとやや埋もれてしまう感じもするのでその点ではリベールの方が私の好みにあっています。



秋の挿し木の経過と挿し木の新裏技?

秋の挿し木の経過

昨日チェックしたのですが去年の秋の挿し木でビニールポットに4本ずつ挿した物は大体が発根していました。少しずつバラしてポット上げしています。
レガシーは16本とかシャープが13本、ブライトウェルがなぜか24本とか成功していて苦笑してしまいました。(無計画な証拠です)
他にもリベール、パールリバー、ブライトブルーとかその他にも色々挿していました。

成績としてはブライトウェルがやや成績が悪かったようです。
4本挿していて4本残っているものはなくて2~3本のものが多かったです。それでも成功したものは割とよく根が張っていました。
ブライトブルーは枯れているのは少ないけれど発根の方は大分晩めで今回の分離ポット上げは見送りました。
他にはサザンハイブッシュ系が総じて成功率、発根量共に良好でした。
サザンハイブッシュ系は挿し木がしやすいのかもしれません。


大きな挿し床の挿し木は11月初旬という中途半端な時期だったので成長は今一つです。挿したのはパウダー10、マル10、クライマックス20、ブライトウェル10、ウィトゥ10、グロリア20、プレミア10、オースチン10シャシャンボ20でした。ブルーベリーでは全体的には枯れているものは少ないのですがブライトウェルがやはり10本中4本が枯れて取り除いてあります。他にはクライマックスが20本中4本失敗でした。
シャシャンボについては葉の色が悪かったり落ちたりしたものもいくつか出ています。シャシャンボは見た目が悪くても発根していたりするのでこの状態ではなんとも言えません。
f0018078_17505833.jpg





挿し木で水揚げする時に水に少量の砂糖を溶かすと良いという指導
福島県でのブルーベリー講習会のときの話です。
講師をされた方が、挿し木に水を吸わせるとき、
少量(0.5-1.0パーセント)の砂糖を溶かすと良いと指導をされたようです。
大匙すり切り1杯(15cc)の砂糖で10グラムだから水1リットルに大匙1杯弱程度溶けば良い事になります。
(因みに茶匙や小匙は5ccです)

参照↓
風の丘式挿し木
風の丘の風太郎さんの報告です。

講習会で指導されたとのことなのでおそらく根拠があってのことだと思います。

詳細は分かりませんので報告のみにとどめます。







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-03-31 20:23 | 挿し木 | Comments(8)