人気ブログランキング |

2008年 02月 20日 ( 1 )

接ぎ木の穂木の最短記録と台木からの樹液

f0018078_1653085.jpg


先日とある方から質問がありました。

Q接ぎ木の穂木は最低どれくらいの長さが必要か?

私も正確なところは分かりませんが私が去年成功した接ぎ木の中で一番短かったのは↑の写真の接ぎ木で、穂木の長さ5センチ、接合部1センチ、葉芽2個の接ぎ穂での接ぎ木でした。

7種接ぎで良さそうな穂木がなかったから調度残っていたトロの穂木で遊び半分にやったものでしたがうまくいってくれました。

ただ、1次成長するまでが長くて2ヶ月くらい経ってから1次成長を始めたという曰くがある接ぎ木です。そのときの記事は↓こちらです。
接ぎ木のトロの穂が2ヶ月経って?

まだ接合部にカルスが全然かぶっていないから接合部の短さもあって油断できない接ぎ木です。






台木からの樹液


temujinさんのブログで接合部の過湿の心配について触れられていましたが我が家の接ぎ木も台木からの樹液の上がりが激しいらしく切り残した側枝の頂部に水が上がっていました。

これはレガシーの接ぎ木でやや分かりにくいかも知れませんが側枝の頂部の光っているのが水です。接合部もフィルムが透明に透けているので水が溜まってるようです。
f0018078_1781719.jpg



接合部が濡れると活着が悪くなるとは聞いていましたが私の接ぎ木もやや活動が活発になりすぎてしまったようです。ちょっと調べたところ違う植物ですがそのあたりに触れた説明があったので紹介してみます。

無加温ハウス栽培では2月中下旬から3月上旬が接ぎ木の適期で,4月になって台木の樹液が流動し始めると切り口から樹液が流れ出し,活着が悪くなる。
苗木の育成と定植より引用


台木の方がようやく活動を始める頃が接ぎ木の適期で台木が活発になりすぎても好ましくないようです。

やってしまったのは仕方ないのでやや昼間の気温を抑えて水遣りを控えることとしました。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-02-20 20:38 | 接ぎ木 | Comments(5)