ブルーベリーの植え付けで籾殻を混ぜる件

サカタのタネさん、オンラインショップをリニューアルしたんでリキャンペーン↓やってますね。

サカタのタネリニューアルキャンペーン

1月7日まで3000円以上買えば送料無料らしいです。
サカタのタネさんは苗は高いと思うけれど種は普通だから種を沢山買う方には良いかもしれません。





地植えで籾殻を混ぜる件についての続報です。


一昨日借りてきた玉田孝人先生のブルーベリー生産の基礎でもやはり以前と変わらず地植えで籾殻を入れることを推奨されていました。

一つ注意点は元々あった土とピートモスと籾殻をませるということのようです。
割合などは以前とあまり変わりませんがやはり籾殻多目のようです。
詳しくは本を読んでくださいね。


頂いたコメントの中から問題点を二つ

1、私も籾殻ただで手に入るので、ブルーベリー畑に沢山入れたのですが、研修会で福島県の農業総合センターの専門研究をしている方に聞いたのですが、籾殻いれるともぐらが来てねずみが来るのであまり良くないよ。と教えられました。うすくまぜるくらいなら大丈夫とのことでした。
ピコトマトさんから頂いたコメント


モグラやネズミが来る場合があるようです。




2、寒冷地で籾殻を混入すると凍みます。根が凍っても影響は無いのでしょうか?。
籾殻は北陸の湿田で田に深い溝を掘って排水溝に使っていますね。2~3年で入れ替えているみたいです。

こちらは座敷童さんから頂いたコメントです。


寒冷地では用土が凍る問題もあるかもしれません。
根雪の下のほうが温度は下がらないようだから寧ろ雪が積もらない地域の方がこの問題は深刻かもしれませんね。
マルチを厚くしてはどうかな?とか思いました。




やはり色々な意見があってこの辺りもブルーベリー栽培技術はまだまだ確立されていないと実感させられます。





ブルーベリー生産の基礎では鉢植えの用土ブレンドについても触れていました。
それについてはまた別の記事でお知らせします。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-12-11 20:38 | 用土 | Comments(6)
Commented by kaizu_3 at 2008-12-11 21:16
サカタのタネさんは送料が安いですね。
昨年いちご苗の不良品が届きましたが、すぐに対応してもらえました。私は良い印象を持っています。
地植えでも、もみ殻が活躍しそうですね!
Commented by 青猫 at 2008-12-11 21:31 x
サカタのタネは、ネットでは最新の品種を扱っているのですが、店頭ではまだサザン系がやっと出てきている程度です。( 店員さんが言ってました。)
どうも会社内部では、別系統?の扱いなんだそうで。
期待して店に行っても、新種の苗を見ることもできません。
普通の苗も高めですので、わざわざお店に行くと期待はずれになりますので、注意された方がいいです。
そこらの園芸店よりは、やや品揃えが良い程度でしょう。
Commented by 桃太郎 at 2008-12-11 23:13 x
私も籾殻は容易く手に入るので、効果があるなら使いたいと思うのですが、酸性度についてはどうなんでしょうか?
Commented by ino at 2008-12-12 00:04 x
ブルーベリー生産の基礎はまだ見てませんが、ますます読みたい気分がピークに達しそうです。
地植え用の畑は、これから耕す予定ですが、耕すときに、籾殻をすきこんで、それから穴をほってから二割くらい籾殻を混ぜた用土でトライしてみようと思ってます。
が、本を読んだら変わるかもしれませんね!
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-12 18:44
かいづさん<苗は割高みたいですが問題があったときの対応はしっかりしているみたいですね。籾殻ですが実は鉢植えでも・・・・♪

青猫さん<実店舗は行ったことがありませんがわざわざ行く必要は無さそうですね。情報ありがとうございました。
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-12 18:46
桃太郎さん<ピートモスに対して多くならない程度なら大丈夫のようです。玉田孝人先生が本でそう書いているから大丈夫そうに思います。

inoさん<それ程厚くない割りに3000円以上しますから図書館にリクエストして買ってもらうのが良さそうに思います。
>穴をほってから二割くらい籾殻を混ぜた用土でトライしてみようと思ってます。
そのくらいが無難じゃないかと思います。


<< イチゴの暗黒低温処理の効果 ブルーベリーの果柄痕と日持ち(... >>