ブルーベリー地植えでの籾殻利用について

昨日の記事で色々コメントをいただきました。


inoさんから地植えについての意見が寄せられました。

鉢栽培での籾殻の利用について検討を始めているところですが今日はちょっと地植えでの籾殻の利用について触れておこうと思います。


あれからウェブで調べたところブルーベリーを地植えする際にピートモスを混入すると言う点では(木材チップ栽培以外)大体一致しているようでした。



地植えの際に籾殻の混入を推奨しているサイトはあまり多くはなかったですがブルーベリーカントリーさんやベリー公さんが推奨されているようです。

ブルーベリーカントリーが出来るまで



特にベリー公さんは

ブルーベリーの概要
↑pdfファイル
において

排水良好の土壌
植え穴は、深さが40~50㎝、幅が70~80㎝くらいに掘る。
その穴に酸性ピートモス50L、モミガラ50Lを入れ植えつける

排水不良な土壌
植え穴は、深さが50~60㎝、幅が80~100㎝くらいに掘る。
その穴に酸性ピートモス100L、モミガラ200Lを入れ植えつける


排水良好の土壌の植え付けについては玉田孝人先生も推奨されている植え方で玉田先生は同じサイズの穴に酸性ピートモス50L、モミガラ50~70Lとされているようです。



ベリー公さんの排水不良の土壌でのブレンドと玉田先生のブレンドでも籾殻の方が多くても可というのにはちょっと驚きでした。

コスト的に言えばつまりは地植えの場合はピートモス50リットルのコスト程度で済むことになるようです。



改めて調べてみると籾殻は地植えでもかなり使えそうな気がしてきました。




鉢植えでは地植えよりも水持ちが悪いから地植えよりやや少な目に籾殻を混ぜることで栽培が可能かもしれません。



籾殻の利用については益々前途が明るくなったように思えます。



乙さんからは木材チップやオガクズもよさそうだと言う意見も寄せられました。
他にも杉皮とか安価な素材もあると思います。
用土のコストダウンはまだまだ色々ありそうに思います。




最近の情報ではブルーベリーの鉢植え栽培だとココヤシチップをブレンドするのがサイズの大きな果実がとれ、根の張り具合も良いようなので最大が10号程度の鉢だったらそうしたブレンドでも大した費用に成らないでしょうからそうしたブレンドが良さそうに思います。

費用のかからないことに重点を置く栽培は籾殻を入れることも検討してみても良さそうに思います。

ブルーベリー栽培も育てる人の数だけ栽培スタイルがあるわけだから選択肢が増えるということが大事だと思っています。品種によって違ったブレンドにするというのも良さそうですからね。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-12-08 20:24 | 用土 | Comments(11)
Commented by 桃太郎 at 2008-12-08 20:40 x
籾殻は田圃の暗渠排水にも使用されているぐらいだから、水はけは良いかも知れませんね。使用した籾殻は何年くらい持つものなのでしょうか?
Commented by kaizu_3 at 2008-12-08 21:25
次第に良い情報が集まっていますね。半量で済むならかなりの節約になります。コメントない方も、興味津々で見ておられることと思います。
Commented by ino at 2008-12-08 23:05 x
今回の記事で少し安心したと同時に考え方が少し変わりましたよ。
ピートモスど同量くらいという比率は全く思ってもみなかったですね。
地植えでは特に畑の土も混ざるわけですから下地の土づくりからも充分考えられる訳ですね。
PDFが今は見れませんが、後でゆっくり見たいと思います。
籾殻がどの程度腐らないか?が気になりますが、大関さんの苗木でもそのままの形で残ってますし、結構、腐りにくいのではないでしょうか?
Commented by 座敷童 at 2008-12-09 03:13 x
寒冷地で籾殻を混入すると凍みます。根が凍っても影響は無いのでしょうか?。
籾殻は北陸の湿田で田に深い溝を掘って排水溝に使っていますね。2~3年で入れ替えているみたいです。
Commented by morita at 2008-12-09 08:42 x
籾殻って思っていたより万能なんですね。
安直ですがココチップや樹皮オンリーの用土で栽培が可能ならば、籾殻単一用土でも栽培出来るのではないでしょうか?自分流の栽培方法で籾殻の分解速度を計測してみようと思います。
Commented by at 2008-12-09 12:12 x
経験的な感じでは
ピートモス>杉皮>鹿沼土>オガクズ・木材チップ>モミガラ
という感じで、杉皮になら直接根が張りますが、モミガラ単体には根が張らないです。排水を良くする資材としてピートモスと混合するのが良さそうですよ。5割以上混ぜると、鉢植えの経験では発育悪いです。モミガラは分解するのに3年ぐらいかかるようです。
Commented by テル at 2008-12-09 18:30 x
果樹園などの常識では樹皮やチップ等の未分解の有機物を土壌に混入するのはご法度なんですけどね。。
籾殻なら殆どが農薬使って育てられた米の皮ですから、土壌に混入しても問題は少ないんでしょうね。
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-09 19:04
桃太郎さん<
>使用した籾殻は何年くらい持つものなのでしょうか?
私も分かりませんが乙さんのコメントでは3年程度と言うことのようです。

かいづさん<色々な方から情報が寄せられて嬉しい限りです。
方向性も見えてきたように思います。
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-09 19:04
inoさん<情報が色々寄せられました。籾殻もオールマイティーではなさそうです。
分解の速度についても調べなければと思います。
inoさんは地植えが間近のようですからなるべく早い段階で良い地植えの方法を出せればと思います。

座敷童さん<
>寒冷地で籾殻を混入すると凍みます。根が凍っても影響は無いのでしょうか?。
やはり根が凍るのは好ましくないかもしれません。マルチを厚くしてあるていど防いだりすることはむりですか。
>籾殻は北陸の湿田で田に深い溝を掘って排水溝に使っていますね。2~3年で入れ替えているみたいです。
2~3年と言うことは3年くらいまではなんとか分解せずにいるかもしれませんね。
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-09 19:04
moritaさん<
>安直ですがココチップや樹皮オンリーの用土で栽培が可能ならば、籾殻単一用土でも栽培出来るのではないでしょうか?
流石に籾殻だけですと液相が少なすぎて厳しいと思います。
>自分流の栽培方法で籾殻の分解速度を計測してみようと思います。
よろしくおねがいします。

乙さん<
>排水を良くする資材としてピートモスと混合するのが良さそうですよ。5割以上混ぜると、鉢植えの経験では発育悪いです。
やはり5割となると鉢植えでは厳しいですか私も3割程度ならどうか?と考えていました。
>モミガラは分解するのに3年ぐらいかかるようです。
3年ですか。3年を長いと見るか短いとみるかやってみないと分からない部分もありそうです。情報ありがとうございました。
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-09 19:07
テルさん<
>果樹園などの常識では樹皮やチップ等の未分解の有機物を土壌に混入するのはご法度なんですけどね。。
そうだったんですね。知りませんでした・・・・。
私はそのあたりについてはわからないので何ともいえませんが偉い先生が勧めているから大丈夫なんだろうと考えるばかりです・・・。


<< 新品種の低温要求時間 ブルーベリー栽培の用土のコスト... >>