シャシャンボの色づきとジベレリン処理の影響(2)

f0018078_16583083.jpg

2回ジベレリン処理したシャシャンボです。


一番色づくのが晩かった2回ジベレリン処理したシャシャンボ↑も大分色づいてきました。
しかし、種が少ないのかやはりサイズ的には一番小さいようです。



1回だけのものはもうこれ以上は濃くならない程度まで色づいています。
f0018078_1701736.jpg




11月8日に既に黒くなっていたジベレリン処理しなかったものはというとその後特に柔らかくもならず、落ちると言うこともなく木に残っています。
f0018078_1723075.jpg




一つだけ食べてみました。
味はほんのり甘さがあって酸味は少なめでかなり頼りない味ではありますが、かといって不味くはなかったです。
沢山とって加工した方が美味しく食べられるかもしれません。


今回はなるべく実生苗を作りたいので沢山蒔こうと思っています。







シャシャンボは日本に自生するブルーベリーの仲間でブルーベリー程、土壌を選ばない利点があります。樹も主幹性でブルーベリーのようにサッカーが発生することもなく宮崎大学の国武先生調査によると実の味・サイズ・収穫時期共にブルーベリーを台木とした接ぎ木と変わりなく取り立てて欠点も見つからないのでブルーベリーの台木として注目されている植物です。
シャシャンボについては↓こちらでも詳しく説明してあります。

シャシャンボを台木とする接ぎ木




宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-12-03 20:57 | シャシャンボ | Comments(5)
Commented by kaizu_3 at 2008-12-03 20:33
見事に成りましたね〜。
ジベレリン効果は、実着きだけでなく成熟にも影響したということでしょうか。来年もう1度やって同様になれば、傾向が掴めますね。
量があればジャムになりそうです。
Commented by ino at 2008-12-03 23:26 x
なるほど。味はまぁまぁといったところ、でしょうか?
我が家でもクロマメノキ(浅間ベリー)がなってしまいました。
味は良くわかりません。
とても酸っぱく、熟れませんでした。
シャシャンボも沢山採れるようになって食べた時に風味が味わえるのかもしれませんよ。
Commented by Britz at 2008-12-04 05:48 x
ぶどうのデラウェアの場合、ジベレリン処理1回目は種なしにするため、2回目は果実を大きくするためですが、シャシャンボの場合は2回処理すると、1回処理より小さくなってしまうのですね。
シャシャンボの中にも、いろいろな品種があるのでしょうか?
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-04 19:28
かいづさん<来年も一部やってみるつもりなのでその折には記事にしますね。ジャムが一番良さそうだけれどそれ程取れるのは数年かかりそうです。電子レンジで少量を作って味見くらいは出来るかもしれません。

inoさん<味は今のところは不味くはないけれどかといって美味しいといえるものでもありません。成木になったらまた違うのかもしれませんね。幾本かは接がずに大きく育てるつもりなので追々分かると思います。
Commented by BlueBerryNote at 2008-12-04 19:30
Britzさん<
>ぶどうのデラウェアの場合、ジベレリン処理1回目は種なしにするため、2回目は果実を大きくするためです
そうだったのですね。知りませんでした。シャシャンボの場合はビックリグミが2回やるのと同様で専ら落果を少なくするのが目的になりそうです。


<< 寄せ(呼び)接ぎの接合部@ブル... クチナシの株分け >>