シャシャンボの取り木とバッタの被害@ブルーベリーの接ぎ木の台木シャシャンボ

f0018078_11235478.jpg

シャシャンボの接ぎ木の鉢増しをしました。



やや深植えして台木からのシュートからの発根を目指します。
あるいはシュートが元気がいいのでもう1箇所接ぎ木するかもしれません。
f0018078_11243135.jpg

手前左の小さな芽も雑草ではなくてシャシャンボのシュートです。






10月21日の写真と比べると随分シュートが成長しています。
ブルーベリーとは少し成長の生理が違うのかも知れません。
接いだブルーベリーはもう成長することはないので台木のシュートは伸びたい放題にさせています。
f0018078_17115451.jpg







鉢増しする前なのですがシュートが2本落ちているのを見つけてどうしたことかとあたりをみたらバッタです。枝を噛み切っても美味くもなかろうに・・・。
f0018078_11272949.jpg









シャシャンボは日本に自生するブルーベリーの仲間でブルーベリー程、土壌を選ばない利点があります。樹も主幹性でブルーベリーのようにサッカーが発生することもなく宮崎大学の国武先生調査によると実の味・サイズ・収穫時期共にブルーベリーを台木とした接ぎ木と変わりなく取り立てて欠点も見つからないのでブルーベリーの台木として注目されている植物です。
シャシャンボについては↓こちらでも詳しく説明してあります。

シャシャンボを台木とする接ぎ木



宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-11-13 20:22 | シャシャンボ | Comments(4)
Commented by kaizu_3 at 2008-11-13 20:30
シャシャンボの取木、面白そうです。
地中の部分の皮を薄く剥いでみたらどうでしょうね?弱るだけだと困りますが。。。

バッタは、まだ柔らかいところを噛み切ったのでしょうか。
これは痛いですね!葉っぱでも食べてれば良いのに。
Commented by ino at 2008-11-14 12:42 x
あぁ!BlueBerryNoteさんの記事を見るたびに、シャシャンボの台木が3つくらいあると色々試せれるなぁって思います。
まずはシャシャンボの挿し木ですね。その次に実生ですかね!
まぁのんびりやろうと思います。
バッタも被害になるんですね!
Commented by テル at 2008-11-14 17:35 x
いやっ・・Berryさんとこの枝は美味いのかもょ(笑
Commented by BlueBerryNote at 2008-11-14 19:10
かいづさん<
>地中の部分の皮を薄く剥いでみたらどうでしょうね?
ちょっと傷つけると発根しやすくなる傾向はあるようですね。このシュートはまだ固まっていないからもう少ししっかてからやってみても面白そうです。バッタ君には困ったものです。本当に枝齧って食べられないだろうにと思いました。これもまた勉強料だと思っています。

inoさん<1本だと接ぎ木したら終わりなので一応3本買っておきました。
1本は接ぎ木せずにそのまま大きくしようと思います。大木というほどではないけれど2mくらいで枝の太さは10cmくらいにまで育ててから多品種接ぎしようとかも考えています。今後は今日の写真のタイプの接ぎ方は挿し木で作った苗で作ろうと考えています。

テルさん<枝はなるべく不味くあって欲しいと思う今日この頃です・・・・(´・ω・`)((笑)


<< 屋内イチゴの色づきとアスカルビ... パテント品種についての情報 >>