実生の開花

f0018078_15162018.jpg



去年、ミスティーの鉢で見つけた実生苗の花です。
花の感じではラビットアイ系みたいです。



花芽はないと思っていたのでノーマークだったのですが一つだけ花芽が出来ていたようです。去年見つけた実生は3本でしたが花が咲いたのはこの1本だけでした。
今のところ開帳の感じが強くてそのせいもあって花が葉の陰に隠れていて尚更見つけるのが遅れてしまいました。↓写真の左のほうに一つだけ花房があります。
f0018078_1603492.jpg



ブルーベリーの育種では早晩性、耐寒耐暑性や耐病性や土壌適応性などの育てやすさ、糖度や風味などの味、サイズ、輸送性、収量、自家和合性や種無し、アントシアニン含有量向上というような機能性、あたりの何れかの向上を狙ってされるようです。


我が家で現在花が残っているのは盛りを過ぎたマルとほんの少しウィトゥがあるだけです。
花の時期から言えばかなり晩生の品種になるかもしれません。極晩生性を狙えるかも知れないということですね。ただ、これくらいの小さな苗だと本来の開花時期とずれて咲いたりすることも多いから来年の開花を待たないと本当のところはわかりません。残っていたマルの花で受粉してみました。数粒だけですが結実するようなら味見したいと思っています。


親品種より良い品種が出来る確立は1/1000以下らしいから多分これも出来の悪い子供なのだろうけれど考えようによっては宝くじで1000万当てるよりは遥かに高い確率だから少しは夢を見られます。



今年の収穫時期の楽しみがまた一つ増えました♪





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-05-08 15:19 | 実生 | Comments(8)
Commented by kaizu_3 at 2008-05-08 20:29
花の輪郭、曲線が良いですね。柔らかい感じが何とも言えません。
実生でここまでは、かなりかかったでしょうね。
私も、今年はやってもようと思います。
こちらでは、オノ、ウィトウ、ティフブルー、オースチンなどに
花が残っています。
プレミアは枯れ際が汚いのですが、そんなものですか?
Commented by 青玉 at 2008-05-08 21:12 x
1000分の1なんて始めて知りました。簡単には自分好みのものが作れるわけじゃなく、やっぱり相当な育成が必要なんですね。
Commented by 桃太郎 at 2008-05-08 21:53 x
実生の木は親と同じになることはないと聞いたことがありますが、良く考えたら果樹の殆どが異種交配なのでなんとなく納得できます。
まれに新品種となるものもあるらしいです。
Commented by ino at 2008-05-08 23:36 x
収穫が楽しみですねー!
実生が見つかったら私も育てて名前をつけたいです。
よい品種が見つかる確率は低くても何となく期待してしまいますね。
それに実生の特徴を記録するのも楽しそうです。
Commented by BlueBerryNote at 2008-05-09 06:54
かいづさん<ありがとうございます。私もパッと見たとき「ラグビーボールみたいだ」とか思いましたよ。
記事を遡ってみたらちょうど1年前くらいに見つけた実生でした。参照↓
http://blueberryn.exblog.jp/5315950/
ですからこれは1年で開花したことになります。他の2本は咲かなかったから普通は来年あたりから咲くのかもしれませんが運良く1本だけ咲いてくれたようでした。
プレミアについてですが私はそれ程でもないように思いました。プレミアは今年も病気みたいな葉が出てしまったので一部処分したこともあって正確には憶えていないです。すみません。

青玉さん<ダロー博士は5000本に1本くらいの割合でリリースしたようです。小町園さんもどうも1000本に1本程度以下でジンバアオとかを作出したみたいです。なかなか良い品種を生み出すと言うのは難しいみたいです。
Commented by BlueBerryNote at 2008-05-09 07:00
桃太郎さん<有望な新品種として世に出せるほどのものは本当に稀だと思います。もし簡単に良い品種が出来るようなら10年も前の品種とか存在しえないでしょうけれど何十年も前の品種が現在でも主流だったりすることがそのあたりの難しさを物語っているように思います。

inoさん<面白そうでしょ。でもあまりやりすぎると収拾付かなくなりそうです。楽しみに少し作るのが良いと思いますよ。ここだけの話ですが実は私も良い品種だったらなんて名前にしようかととか考えていますよ(笑
Commented by テル at 2008-05-09 18:31 x
>親品種より良い品種が出来る確立は1/1000以下。。

アメリカではUSDAの他に各州及び大学及び専門企業が新種の開発に取り組んでおりますが、年間に発表される品種数を考えると、宝くじで1000万当てるのと大して変わらんと思いますが。。

まぁ、1/1000以下 と言う事は1/100000000も入る訳ですから、間違いじゃないですけど(笑
Commented by BlueBerryNote at 2008-05-09 18:49
テルさん<いつもながら鋭い突っ込みありがとうございます(笑
そういえば大関ナーセリーの社長さんが「良い物が出ることは殆ど無い」とか引用されていましたね。まあそれでも0ではないってことで、なるべく夢があるほうに誘導してみました。色々楽しみはあった方が良いじゃないですか!♪


<< ユスラウメとビックリグミの色づき ブルーベリー老齢樹の強せん定に... >>