人気ブログランキング |

「うるい」という山菜を買いました。




f0018078_17561315.jpg



以前から欲しいと思っていた「うるい」です。
ネットで買うと送料が高くて1株1000円とかになってしまうので様子を見ていました。
昨日、ホームセンター(ケイヨーD2)に立ち寄ったらなんと売っていました!
いつもは見ない少し奥のコーナーにありましたよ。
一株399円で今回は2株買いました。
収穫は1年後らしいですが食べたことがない山菜なので食べるのが今から楽しみです。


うるいについては↓こちらで育て方など解説されています。
うるい(オオバキボウシ)









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2008-03-08 19:55 | 山菜と椎茸と山野草 | Comments(9)
Commented by kaizu_3 at 2008-03-08 18:22
これは珍しいですね。初めて見ました。
育て方を見ていると、ミョウガと同じ要領で良さそうですね。
どんな味でしょうか。あるところにはワンサカ自生しているのでしょうね。
Commented by BlueBerryNote at 2008-03-08 18:39
かいづさん<リンクを引用すると
ウルイの若芽は、クセはなくぬめりがあり、まろやかな舌ざわりであっさりとしたとても美味しい山菜です。6月頃からトウが立って花が咲きますが、小さなつぼみの付いたこのトウも、少し苦味があって美味しく食べられます。
だそうです。
トウも食べられ花も愛らしくて色々楽しませてくれそうです。
Commented by 青玉 at 2008-03-08 21:21 x
最近球根系の花を育てようと思ってましたが
山菜もHCでうってるんですね。こんかいの記事をみさせていただいて山菜になびきそうです。おいしそうですよね。
Commented by かみゅ at 2008-03-08 22:25 x
私も今日D2行きましたが、タラの芽やらしょうがやら、いろんな苗売ってました~。しかしうるいはなかったです。
写真を見ただけでも美味しそうに見えるのは私だけでしょうか??こういうの大好きなもので^^
Commented by 亜果樹 at 2008-03-09 06:59 x
少し話は違うのですが、
昨日ブルーベリーの根っこにピートモス補足しながら、モグラの穴が多いのに気が付きました。ピートモスなのでミミズは居ない筈なのにどうしてかなあ?と思っていたのですが畑のブルーベリーに何故コガネムシの被害が出ないのかと、成虫は一杯居るのにと思っていたのですが、これはこのモグラの穴のせいではないかと。
念のためにモグラの生態を調べると、モグラは非常な大食漢で12時間捕食しないと死んでしまうとか昆虫の幼虫が好物と出ていました。
確認したわけではないのですが、イチゴ畑にも良くモグラが穴を掘ります。イチゴの下もコガネムシのよくいるところです。
Commented by BlueBerryNote at 2008-03-09 08:08
青玉さん<山菜も色々あります。タラとかコシアブラ、フキ、ワラビ、セリ、ノビル、それに今回のうるい、環境さえ整えてあげれば手はかかりません。場所があったら植えておくと楽しめますよ。
Commented by BlueBerryNote at 2008-03-09 08:11
かみゅさん<もう売れてしまったのかもしれませんね。他のD2を覗いたりD2はチェーンだから頼めば取り寄せてくれそうに思います。そういえば元々はかみゅさんから教えていただいたタラの育て方のリンクの中で見つけた山菜でした。
Commented by BlueBerryNote at 2008-03-09 08:20
亜果樹さん<残念ながらピートモスの土壌でもミミズは発生します。
参照↓
http://www16.plala.or.jp/luckyhit/insect/insect.html#mimizu
モグラについてですがミミズとかコガネムシの幼虫を食べてくれるのはありがたいのですがモグラは畑とかの土を穴だらけにしてしてしまうので作物の根が痛めつけられてしまいます。ですから畑などではモグラは有害生物とされています。ブルーベリーにモグラの穴がどの程度影響するかは分かりませんが・・・。
Commented by 亜果樹 at 2008-03-09 09:10 x
確かにピートモスが劣化するにつれミミズも繁殖しやすい環境になることは判りますが、しかしそれはブルーベリーにとって快適環境とはいえません。ですからミミズが多くてモグラが来ているのであれば、その木自体が弱っていると考えられます。そこにモグラが来れば更に枯損の危機は高まる筈です。モグラの穴はブルーベリーに良いとは決して言えないでしょうが、気層を増やすと言う点では少しは貢献ポイントもあるかもしれません。コガネムシの幼虫のように全ての細根を食い尽くすわけでもありませんからモグラの損害は軽微に見えます。更に最近の木材チップや樹皮栽培となるとモグラの被害はもっと減るような気がします。
いいえ、私が言いたかったのは食物連鎖が守られてればブルーベリーの大被害などは防げるのではないのかと言う事が言いたかったのです。
モグラを一方的に害獣とするのもおかしいのかもと思ったものですから。


<< 接ぎ木の1次成長(2) ブルーベリーの葉の天ぷら >>