人気ブログランキング |

接ぎ木の時期

先日作った接ぎ木は早くもブラックチップが現れました。
f0018078_17122021.jpg



やはり秋は普通の枝接ぎ(切り接ぎや割り接ぎなどのように枝を接ぐ方法)はあまり向いていないみたいです。(芽の萌芽が早すぎてカルスを形成する以前に萌芽の方でエネルギーを使い果たしてしまうから)






ということで接ぎ木の適期について少し調べてみました。





普通の枝接ぎはやはり休眠している穂木を使うのがベストのようで、一方台木の方は動き出しているものが好ましいようです。
台木から水分や栄養が穂木に送られて接合部が互いに連絡を取り合えるようになりカルスの癒合が果たされる頃に接ぎ穂の芽が萌芽、伸長することが望まれるということのようです。

当地ではラビットアイ系の方が早く動き出してハイブッシュ系の動き出すのは低温要求時間の関係もあってやや遅れるからラビットアイ系が動き出したタイミングで接ぎ木をするのが最善のように思います。(穂木を冷蔵保存しておけばやや時期を遅らせることは可能だから失敗した場合は冷蔵保存しておいた穂木を使って再試行も可能かもしれません

因みに北海道など寒冷地でラビットアイ系もハイブッシュ系も同時期に動くような地域ではラビットアイ系を加温して動き出しを早めるとか、ハイブッシュ系を冷蔵保存などして動き出すのをやや遅らせるのが望ましいかもしれません。


一般的に植物のカルスが最も活発に形成される気温は20~25度で15度以下ではあまり形成されないらしいです。


このことから春のあまり早い時期に接ぎ木をしてもあまり意味がないようにも思えます。(今年の春、私は2月半ばにプルの接ぎ木をして5割成功だから十分可能ではあるようです)




枝接ぎの中でも緑枝接ぎの場合は新梢が固まった頃が適期だから梅雨前あたりの緑枝挿しと同じくらいの時期が良さそうに思います。
因みに緑枝接ぎは台木の方も新梢が望ましいらしく接ぎ方も割り接ぎの方が良いらしいです





呼び接ぎの場合はどちらも根があって栄養補給は可能であるからカルスの形成が最も活発な20~25度の時間が長く最低気温もできるだけ15度以上の時期が良さそうに思います。
当地では4月以降から11月一杯が当てはまるので4月から10月初旬くらいまでなら可能かもしれません。




芽接ぎの場合の適期は8月下旬から9月で、これは樹液や形成層の動きが活発だからというのが理由のようです。







宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-11-07 20:09 | 接ぎ木 | Comments(4)
Commented by ぴん at 2007-11-07 19:57 x
初めての接木、12月にやったものは論外でしたね。
成功の基本、加工技術は致し方ないとしても、時期だけは
万人に与えられていますから、来年は無理の無い時期に接木します。
でも、フライング気味の記事が出回るでしょうねぇ(笑
Commented by kaizu_3 at 2007-11-07 20:15
こんばんは
カルスについては挿し木でも同じでしょうから、とても参考になりました。
接木?台木もありません(笑)
Commented by テル at 2007-11-08 08:29 x
こうして、接ぎ木の耳年増となって行く訳やね。。
実践が全く伴っていない所がミソであります。(笑
同じく台木もありません。
Commented by BlueBerryNote at 2007-11-08 19:03
ぴんさん<今回の情報は植物一般のことなのでブルーベリーについてのことは正確には分かりませんが、やはりなるべく成功率が高そうな時期にやるのが一番だと思います。失敗すると台木がおじゃんになる場合もありますからね。2月も中旬になると確かに接ぎ木をしたくてウズウズしている自分が目に浮かびます(笑。私もフライングしそうです。

かいづさん<実は挿し木の場合はちょっと違うようで挿し木の発根とカルスの形成は無関係らしいです。
↓参照
http://www16.plala.or.jp/luckyhit/sasiki.html#ku
http://www1.gifu-u.ac.jp/~fukui/06-4-03.html

テルさん<自作接ぎ木はブルーベリー栽培の醍醐味だと思っています。
挿し木を楽しんで接ぎ木も楽しめるからなかなか飽きがきませんよ。
情報は邪魔にもなりませんから頭の片隅にでもしまっておいてください。
↓こちらでも纏めてあるのでよかったらどうぞ。
http://www16.plala.or.jp/luckyhit/tugiki.html


<< イチゴの植え付け サンシャインブルーの剪定 >>