人気ブログランキング |

シャシャンボの挿し木の発根

パーライトではコガネムシの幼虫はすぐには死なないことが分かって少々がっかりしましたが
青色大将さんより

「コガネムシの幼虫を2鉢で発見しました。8号鉢の接木デュークと自根パトオットですが、どちらも用土には真珠岩パーライトを配合したものです。コガネの幼虫は用土とマルチの間に数匹いて、ポットの上部の根が食害を受けましたが用土の中までは進入してないようです。」
というコメントをいただきました。

面白そうなので今朝、一部、忌避効果の確認の調査に切り替えました。
(4鉢の半分はそのまま続行しています)
詳しい内容は追って記事にします。




シャシャンボの挿し木の発根

春にピートモスと鹿沼土をブレンドした用土に挿したシャシャンボが1本だけですが発根していました。

f0018078_1822365.jpg





ピートモスと鹿沼土をブレンドした用土に挿したのは16本くらいだったのでかなり成功率は低いみたいです。ちなみにもう1本葉が残っていて発根していない挿し穂がありました。




鹿沼土と川砂のブレンドの用土と市販の挿し木用の用土に挿したものも成績はかなり悪いみたいです。葉こそ残っているものはありますが果たしてこの中の何本が発根しているのか・・・。
f0018078_1825395.jpg




居残りさんからいただいたコメントで
東京農工大の荻原先生が「シャシャンボは取り木が良い」と仰られていたようなので今後は今あるシャシャンボの苗を盛り土法で取り木しようかと思っています。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-09-26 20:20 | シャシャンボ | Comments(0)


<< 品種同定用の分かりやすい特徴 カエルが芋虫を食べた瞬間 >>