人気ブログランキング |

新御三家はパウダーブルー?

ブルーベリー栽培品種ジョージア州での傾向




庭に何を植えるか悩んでいます。


現在植えているのはボールドウィン(バルドウィン)とノビリス。

一つはデライトに決めました。


あととりあえず最大4~5本くらいは地植えできます。


色々資料も読んでいるんですがデライトの記事の時に紹介したレポートを読んでいるとポツポツと面白い内容がありました。

Blueberry Cultivars for Georgia


因みにジョージア州のやや北部のアトランタは日本の東京とか静岡あたりの気候に良く似ているんで参考になると思います。


アトランタの気候
東京の気候



評価している品種は
ベッキーブルー・アリスブルー・プレミア・モンゴメリー・クライマックス・
アラパハ・オースチン・ボニータ・ブルージェム・ブライトウェル・ウッダード・
ブルーベル・ブライトブルー・ティフブルー・ヤドキン・パウダーブルー・
デライト・オクラカッニー
あたりです。




このレポートでジョージア州での栽培を推奨していない品種はアリスブルー・ブルージェム・ウッダード・ティフブルー・デライトです。





ティフブルー>裂果という深刻な問題を抱えているからパウダーブルーが手に入るならティフブルーは推奨できない。また、栽培していると幾本かは原因不明の問題(茎の障害?)で枯れてしまうとも報告されています。

ヤフーの翻訳
雨天の間、ひびが入っている果物の非常に深刻な問題を抱えています。問題を解決している果物のために、Powderblueが得られることができるならば、商業植え付けにもはや推薦されません。植物は、活発な、直立した成長を作ります。茎数は過剰でありえます、そして、機械の収穫のための刈り込み経費は重要です。茂みの2、3が毎年成熟した植え付けで死亡することは、一般的です。原因は知られていないが、茎障害であるかもしれません。



パウダーブルーとティフブルーのどちらを植えようかと思っていたんですが
これでパウダーブルーに決めることが出来ました。







他の品種の推奨できない理由を分かる範囲で言うと


アリスブルー>ベッキーブルーの方が良い?
ヤフーの翻訳
Aliceblueは、病気とBeckyblueとのクロス非互換性のために果物セット問題のため、フロリダでもはや推薦されません。ジョージアからの情報は、非常に制限されます。



ブルージェム>過湿に弱いため
ヤフーの翻訳
Bluegemは湿った土に非常に敏感で、サイトだけを大きくならなければなりません素晴らしい排水。ジョージアに植えることにもはや推薦されません


ウッダード>冷凍すると品質が悪くなる?
ヤフーの翻訳
凍るとき皮膚が硬化するのでそれがあまりに柔らかくて、プロセス市場に推薦されないので、ウッダードは新たな市場輸送のための劣った選択です。植物はより短くて、習慣において、大部分のrabbiteyesより広がっています。ジョージアでもはや推薦されません。


デライト>ブルーベリーサビ病のため
ヤフーの翻訳
葉病問題(ブルーベリーさび)と矛盾している関係のために、Deliteはジョージアで商業生産のためにもはや考慮されません。





デライトは例外的に地植えにするんですが
その他の推奨されていない品種は地植え候補からはずしました。





ホームベルも粒が小さすぎるからUSAでは過去の品種のようなので既に候補から外しているので、これで御三家全てが地植え候補から外されました。



ラビットアイ系でも新御三家とかビッグセブンとかそろそろ考えてもいい時期かもしれませんね。








ヤフーの翻訳では日本語になっていないので(笑
英語が読める方は原文をご覧ください






宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-08-29 20:03 | ラビットアイ系品種 | Comments(2)
Commented by kurouhougan at 2007-08-30 14:14
こんにちは。いつも研究熱心で素晴らしいです。
「クロス非互換性のために果物セット問題のため、フロリダでもはや推薦されません」
果物セット問題ってw
yahooの翻訳、なかなか笑えますね。
Commented by BlueBerryNote at 2007-08-31 07:06
kurouhouganさん<植物学的な専門用語も混じるのでヤフーの翻訳では本当に訳分かりません(笑。どうもベッキーブルーとは受粉の相性が悪いみたいなことも書いてある書籍があるのでそのあたりのことかもしれません。商業的な栽培には向いていないということだけ覚えていれば良いんじゃないかと思います。


<< ラビットアイブルーベリーの生育... 偶然見つけたブルーベリー園 >>