人気ブログランキング |

新規開園ブルーベリー園の栽培品種について

とある掲示板で比較的最近開園したブルーベリー園について
書き込みがありました。


中国地方なので行くべくもありませんが新しいブルーベリー園で
どういった品種が栽培されているのかを見るのは興味深いです。


人の園で何を育てているのかについてあれこれ言うのはあまり趣味が良いとは
言えないのかもしれませんがこういうのを見ると最近の品種の人気とか評価、
その園の方針なども窺い知る事が出来ると思います。


まあ、少しは宣伝にもなるでしょうから多めに見てもらいましょう。


そのブルーベリー園は
南大山ブルーベリーファームという
鳥取県大山と岡山県蒜山の中間に位置するブルーベリー狩り観光農園です。


栽培本数 12,000本というのだから栽培数も凄いですね。



栽培品種32のうち22品種が紹介されていました。
(大手っぽくやっているようだから栽培品種についても
きっと厳選されているようにおもいます)


主な栽培品種

アーリーブルー 極早生種
ブルータ 極早生種

パトリオット 早生種
ビックデューク 早生種
ブルージェイ 早生種
ビックスパータン 早生種

ブルーへブン 早生~中手
ノースランド 早生~中手
バークレイ 早生~中手
ブルーレイ 早生~中手
ブルークロップ 早生~中手

シャープブルー 中手種

ブリジッタ 晩成種
チャンドラー 晩成種
ビッグダロウ 晩成種
デキシー 晩成種


ラビットアイ系

アリスブルー 早生種
ブルージェム 早生種

パウダーブルー 早生~中手

T-100 早生~中手
コースタル 晩成種
ブライトウェル 晩成種





ハイブッシュ系の極早生品種ではあまり美味しくないウェイマウスがなくて
やや育て難いけれど美味しいアーリーブルーがあります。
ウェイマウスはリプレイス(更新)品種と言われがちですが
やはりここでもウェイマウスははずされています。


早生品種では比較的育てやすい品種でまとめた中に難しいスパルタンが
混ざっています。

中生以降も大体そんな感じですね。



ラビットアイ系でもパウダーブルー、ブライトウェルは入っていて
ティフブルーがないのも興味深いです。


例えば奥丹波ブルーベリー農場さんなども
ラビットアイ系中心で主だった品種はパウダーブルー、ブライトウェル、
ティフブルーとオースチンあたりのようなので
最近のラビットアイ系の標準品種はパウダーブルー、ブライトウェルあたりなのかな~
なんて思ったりもしています。




南大山ブルーベリーファームさんはその他の設備も充実していて
以下引用
入園料は大人が500円、小・中学生が300円になります。幼児・園児の入園料は無料です。園内のブルーベリーは品種に関わらず、すべて食べ放題になります。制限時間はありません。


楽しめそうなんで近所だったら私も行ってみたいけれど
流石に静岡からじゃ遠すぎます・・・・。









宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-08-16 20:18 | ブルーベリー | Comments(0)


<< 所さんの目がテン・ブルーベリー特集 3年生台木の接ぎ木 >>