人気ブログランキング |

「ピートモス施用, 窒素形態および土壌pHがラビットアイブルーベリーの生育と養分吸収に及ぼす影響」

この論文を見ればブルーベリーの栽培土壌のphの違いで
ブルーベリーの葉、枝、根に含まれる窒素(N)、燐酸(P)、カリ(k)、
カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、鉄(Fe)、マンガン(Mn)、
アルミニウム(Al)の量がどれくらい異なるかが分かります。





土壌Phが4付近が生育が良く6以上になるとクロロシスや
壊死を生じ葉の生長低下が見られる。

また、アルミニウム(Al)や鉄分(Fe)を根に集積し葉への過剰吸収を
抑制していると考えられる。


※論文を詳しくごらんになりたい方は↓こちらから行けます。
研究紀要 恵泉女学園園芸短期大学 35 (20040320) 論文はpdfファイルです。
(上段にあるのでタイトル右の「CiNii」 をクリックしてください)
「ピートモス施用, 窒素形態および土壌pHがラビットアイブルーベリーの生育と養分吸収に及ぼす影響」








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2007-08-05 20:40 | 調査研究紹介 | Comments(0)


<< 接ぎ木ブルーゴールド始動 サンシャインブルース >>