人気ブログランキング |

緑枝接ぎ

先日緑枝接ぎを紹介しました。


ちょうど春の接ぎ木で穂木が黒く変色して明らかに失敗しているものがあったので
試しにやってみることにしました。


台木はバルドウィンで穂木はブルーレイです。

いわゆる緑枝挿しで使う固まったばかりの枝ではなくて
去年の枝に数枚葉を残して接いでみました。
(厳密に言えば葉付の普通の接ぎ木と言った方がいいかもしれません)

台木にも少し枝葉を残していますが
これ以上は大きくならないように芽を摘むことにしています。
f0018078_19395895.jpg







今日はノーザンハイブッシュ系の果実のサイズの格付けの記事↓もUPしました。
by BlueBerryNote | 2007-07-05 20:43 | 接ぎ木 | Comments(5)
Commented by セティ1世 at 2007-07-05 21:21 x
こんばんわ。葉がついてる分、活着早いといいですね。
結び目3つ…なんと頑丈な!
Commented by NH. at 2007-07-05 21:36 x
うちは2鉢しましたが、失敗に終わりました。
Commented by ぴん at 2007-07-05 22:31 x
数が沢山有ると試す事が出来るから良いですね。カッチリした穂木、これなら真夏でもうまく行きそうです。この時期ですから着いてしまえば後は早い様に思います。ガンバレ!
Commented by BlueBerryNote at 2007-07-06 18:52
セティ1世さん<情報が少ないので葉をつけたほうが
良いものかどうか迷いました。
以前、ちょっと触っただけで穂木が動くものがあったので
最近は頑丈にしています。これだと少しくらいなら大丈夫みたいです。

NHさん<情報ありがとうございます。
色々な方からの情報が集まれば緑枝接ぎの難易度も見えてきそうです。
NHさんが2戦2敗となるとやはり難易度は高そうですね・・・・。


Commented by BlueBerryNote at 2007-07-06 18:53
ぴんさん<ありがとうございます。
確かに夏の暑さはきつそうです。
これも遮光したほうが良さそうですね。


<< 接ぎ木の花芽 ノーザンハイブッシュ系果実大き... >>