人気ブログランキング |

Berry式穂木削り法(接ぎ木の穂木を水平に切る小技)

私は器用でないというか、はっきり言って不器用です。






接ぎ木の穂木を切るにしても、色々癖とかありまして
まっすぐのつもりで切っても先に近づくと右が下がることが多いです。
それと先の方だと重さに耐えかねるようで先端が反るように高くなったりします。

修正すると今度はデコボコになっちゃったりしていました。






そんな不器用な私でも穂木(やりようによっては台木も)を
ある程度の精度で水平に切れるようになりました。







この方法で接ぎ木をやり始めてからは
台木の方が上手く切れていれば一発で決まることもあるくらいです。





私自身にとってはかなり画期的だったので裏技と思っていますが
器用な人には然程でもないかもしれません。





料理の方の飾り切りからヒントを得ての手法です。











f0018078_18351339.jpg


二本のステンレス棒の間に穂木をはさみ
刃物で棒の太さよりも上に出ている部分だけをそぎ落とします。
(最初は割り箸でやっていたのですが割り箸だと割り箸も削ってしまうことがありました)


刃物はどこでも決して棒の太さより下にはいきません。

これでそこそこの精度の水平面を得られます。


太さの違う棒2本ずつを2種類ともう少し細い釘で太さも加減しています。



棒とかの代わりは刃物で削れないものなら何でも良いので
適当な同じ太さの棒を2本用意すれば良いと思います。




そして、例えば接ぎ木挿しの台木でしたら
穂木よりも少し長めにしておいて持つところを確保して
逆さに向けて刺す部分を作れば台木を作ることも出来ます。

f0018078_18392360.jpg





とりあえず普通の接ぎ木では簡単に出来るのは穂木の方だけですが
穂木だけでも水平を出せると言うのは随分違うと実感しました。



曲がっているものに合わせるのは随分大変ですが
片方が真っ直ぐであればそちらが基準となるので
後は台木の方だけを調整すれば済みますからね。




器用な方は必要ないかも知れませんが
木工が得意でないとか、器用ではないという方でしたら是非試してみてください。





普通の接ぎ木は鉢などに入っているので少し面倒ですがそちらの方法も考えています。
(基本的な事は同じなのでどうやったら作業しやすいかということを考え中です)




台木も簡単に出来たら一発でピタッ!って全く隙間無く決まってくれそうです!
by BlueBerryNote | 2007-03-20 19:19 | 接ぎ木 | Comments(4)
Commented by inokorisan at 2007-03-20 21:36
これはいいアイデアですね。来年はこの方法試したいと思います。
私が気になってるのは、台木への切込みで、切りすぎてしまう事な
のですが、添え木で切り過ぎないようにストッパーつける事を考えて
います。
Commented by ぴん at 2007-03-20 21:41 x
この技はケーキ屋さんのスポンジを段階的にスライスする方法と良く似ていますね。
アイデアの勝利でしょうか?職人のコツを会得するには時間(期間)が掛かるし、期間限定、時期的なものも加味すると、これでやれば確実、試してみます。
Commented by BlueBerryNote at 2007-03-21 18:18
inokorisanさん<ありがとうございます。確かに台木への切込みで切りすぎてしまうことありますね。ストッパーをつけるというのは良いですね。私も工夫を考えてみます。
Commented by BlueBerryNote at 2007-03-21 18:20
ぴんさん<ケーキ屋さんでも似たようなことをやっているのですね。誰でも簡単にできるので試してみてください。


<< 今年の花は赤い シャシャンボの育て方 >>