人気ブログランキング |

台木に最適な品種

今のところ接ぎ木の台木として最も良いとされているのはホームベルです。


やはりその根の強健さからですが、どうも私が見るところ
ホームベルはサッカーの発生がかなり頻繁なような気がします。
Blue Berrys roomさんでも報告されています)

BlueBerryHouseさんでも接ぎ木の最大の欠点として
サッカーとシュートの管理が大変だと述べられています。
沢山育てている人にはサッカーの除去とかも手間になりそうですね。


ブルーベリー栽培に慣れた人なら土壌の問題はクリアできると思います。
だったら必ずしもホームベルである必要もなさそうなので
欠点であるサッカーシュートの発生が少ない品種のほうが
その後の管理が楽で良いんじゃないか?ってことです。


既にサッカー・シュートの少ない品種の絞込みをしている業者さんもあるようです。
(どこかでコメントを見た記憶があるのですがどこか忘れました(´ヘ`;) 



私のラビットアイ系品種の中ではスワニーとマイヤーズが
一応サッカーが少ないようでしたが何せ本数が少ないので
資料としての価値はあまりないと思います。
(どちらも2年生が2本あってどちらもサッカーが発生していなかった)


この件についてはブログで親しくしていただいている方の
情報などもいただいて、徐々に探していきたいと思っています。



ちなみにちゃちゃおじさんによりますと
チャチャおじのブルーベリー栽培
印象としては
比較的開帳性の品種はサッカーの発生が多いように感じます。
立ち性の品種はサッカーの発生が少ないような感じに見受けられます。
ということでした。
by BlueBerryNote | 2007-02-21 07:32 | 接ぎ木 | Comments(2)
Commented by sanchu_ at 2007-02-21 23:03 x
こんばんは!!
<既にサッカー・シュートの少ない品種の絞込みをしている業者さんもあるようです。
こちらの業者さんではないでしょうか?
http://homepage2.nifty.com/kodawarien/thugikinae.html
今年から本格的に接木販売をされているようです。
樹勢の強いハイブッシュを台木にした実験もされているようです。
接木は私は様子見です。
Commented by BlueBerryNote at 2007-02-22 07:31
sanchu_ さん<ありがとうございます!そちらで正解です!樹勢の強いハイブッシュを台木することについては那須高原ブルーベリー園さんなども始めているようです。


<< シャープブルーの蕾 ホームセンターであまつぶ星おおつぶ星 >>