剪定での枝の切り方

剪定の時にはブルーベリーの枝は元から落とすのが良いとされています。

園芸の上級者の方はおそらく皆さんご存知の事と思いますが
剪定バサミの使い方にもちょっとしたコツがあります。
(私もブルーベリー栽培を始めてから知ったことでした)

剪定バサミには三日月形の刃とクサビ型の刃があります。

剪定の場合など枝を元から綺麗に落としたいときは
三日月形の刃の方を切り落とす方にして
クサビ形の刃の方を主軸などの方に押し付けてきると
スッキリ綺麗に落とせます。

主軸の左側から出ている枝を切るときは枝の付け根に切断点がきています。
f0018078_9335388.jpg


右側を切るときはどうしても三日月形の刃の厚みの分だけ主軸から離れてしまいます
(この写真は分かりやすくするため若干大げさです)
f0018078_9341235.jpg



切った後はこんな感じになります。
左側が綺麗に落とされているのに対し右側は少し残ってしまいます。
f0018078_9343354.jpg


右側の枝を切るときは剪定バサミを天地を逆に持ち替えるか
向こう側に回って切ると付け根から落とせます。




また、挿し木や接ぎ木などで枝などを切るときにも
大切にしたい方をクサビ形の刃の方にします。
クサビ形の刃の方が切り口が綺麗になるからです。
反対の三日月形の方の切り口は押し潰されたようになってしまう事があります。

左側が三日月形の刃側の切り口、右側がクサビ形の刃側の切り口
f0018078_9584476.jpg

これについては自然の休憩所さんの楽屋裏>隠し技と進んで
剪定ハサミの使い方にて写真つきで詳しく解説されています。

これを知っていれば挿し木や接ぎ木で枝を切るときにも
大切にしたい方の切り口を良い状態に出来ると思います。


こういったことを知らない頃に剪定したオースチンですが
あちらこちらで枝を元から切れていないでいます。
もう一度ちゃんと切ろうと思っています。
f0018078_15552729.jpg

[PR]
by BlueBerryNote | 2007-02-16 07:16 | 剪定 | Comments(3)
Commented by ぴん at 2007-02-16 18:50 x
正しい使い方は知らなかったです。やってみて?と思った時にひっくり返して使って、これか!と思った次の日には忘れています。

切り口に融合剤を塗ることも、色々なブログで知りました。ありがとうございます。

Commented by ブルーマチス at 2007-02-17 16:09 x
知りませんでした。
残したい方が潰れたこともあり、少し気になっていました。
剪定がまだなので、これを守って切ることにします。
ありがとうございました。
Commented by BlueBerryNote at 2007-02-18 12:59
ぴんさん、マチスさん<「こんなこともあるんだ」程度に考えておいてください。何かの折に役立てば幸いです。


<< 葉芽の動き出しの状況 接ぎ木初挑戦 >>