暖地について

今日も低温要求時間関連の話です。
(ちょっと続きすぎているので次からは他の内容にします)


お正月時間があったので当地以外の地域の暖かさがどんな感じか調べてみました。

調べた地点は下記の地点です。
水戸
横浜
東京
府中
海老名
名古屋


結果は東京、横浜は当地(浜松)同様にかなり暖かくて
ノーザンハイブッシュ系品種の低温要求時間が足りなくなりそうで赤信号地域
(東京の12月の7.2度以下の時間は160時間で浜松が200時間でしたから
ヒートアイランド現象もあるのか、浜松以上の暖かさでした)
名古屋は少し危ない黄色信号
水戸、府中、海老名は青信号という感じででした
(比較的南でも内陸部は割りと気温は低いようです)


結論としては
関東以西の海岸沿いの地域は赤信号ということのようです。

この結果を地図で表すと多分こんな地図に近いと思います。
野菜の種袋の裏側の暖地の分布の地図です。
この地図の赤い地域が低温要求時間が心配な地域です。
(東京湾沿岸の地域なども心配な地域です)
f0018078_7531480.jpg




今年に入って4日間の当地の7,2度以下の時間は18時間
(去年は81時間でした)
漏れ聞くところによると青森でも長野でも雪がないそうです。
今年の冬は気味が悪いほど暖かいみたいですヽ(゚Д゚; )ノ
[PR]
by BlueBerryNote | 2007-01-05 07:22 | ブルーベリー | Comments(1)
Commented by ぴん at 2007-01-05 23:17 x
こんばんは。
参考になります。良く見る種袋のイラスト、なるほど。
こちらは紀伊半島のど真ん中、盆地で、今朝の気温がー5℃でしたが、日中は11℃。やはり暖かいです。日中、鉢に手を当てると暖かいですよ。
Nハイブッシュ系栽培に関しては低温が足らないですね。SHBかR/Eを増やすしか無いって言うのも芸が無いですし・・・。



<< Leaf spot? ノーザンハイブッシュ系品種の移動 >>