人気ブログランキング |

コロンブスについて思うこと@ラビットアイ系パテント品種

f0018078_9364345.jpg

コロンブスの花

これは元々は国華園さんから来たコロンブスの花です。
去年から大関ナーセリーさんが販売を開始しています。

上記の二つの品種が同じものか否かについては愛好家においても話題が挙がっているようです。



幸いなことに大関ナーセリーさんのHP↓でコロンバスの写真をUPしてくれているので見比べることが可能です。

大関ナーセリー品種アルバム - Variety album コロンバス®(Columbus)



花だけだと花冠の形も誤差の範囲内の感じですし蕚片の形も似たようなもので色については環境で随分異なりますからなんとも言えないと思います。
それから花柱が花冠から出ていないからその点も類似していると思います。
まあ、花柱が花冠から出ない品種もラビットアイ系ならいくらでもありますから同定の決め手にはとてもなりませんが(笑。

結局、花だけだと際立った矛盾点は見つかりませんでした。


葉はどうかとざっと見てみましたが、こちらはまだ若い葉ばかりでまだ比較は出来ませんでした。
(一応UPしておきます)
f0018078_11115460.jpg



もう少ししたら葉も固まるだろうし幼果の形状も分かるから今月中にはもう1回判定会が開けそうに思います。






我家のコロンブスの品種同定はさておいて大関ナーセリーさんのコロンバスについてです。


大関ナーセリーさんのアルバムの、果実(1)の写真だと果実については幼果を基準に見ると確かに大きい感じですね。

果実(2)の写真を見るとかなり結実しているようだから、海外のサイトに「他家受粉が必要」と言う説明があるので結実にはちょっと心配していましたが、条件を満たせば収量も大丈夫そうに思います。
((因みに国華園さんのコロンブスは結実が良くないという評判を耳にしています)


それから、果実(2)の写真でもう一つ気がついたのが左側の房と右下の房の果実のサイズを比較するとわかるのですが、沢山実らせると果実サイズも大分小さくなっているようですね。やはり大きさを狙う場合は適度な摘果が必要みたいです。



コロンブスの説明
Columbus. A midseason rabbiteye blue-berry with exceptionally good fruit quality.
(Tifblue x Menditoo).
Released in 2002.License required for propagation.
Berry: large, light-blue, picking scar small and dry, ex-cellent fravor and lacks the gritty, thick-skinned texture of some rabbiteye varieties.
Berry stores well.
Plant: vigorous, semi-upright.
Ripens early to midseason compared to other rabbiteye varieties.
Requires cross pollination for full fruit set.

Register of New Fruit and Nut Varietiesより



コロンブス。 例外的に良い果物品質によるシーズンrabbiteyeブルーベリー。
(Tifblue x Menditoo)。
中でリリースされて、2002.Licenseは普及のために要求しました。
ベリー: ライトブルーで、大きな小さな傷跡と乾いた、優れたfravor、そして、rabbiteyeのざらつきや皮の厚さが少ない。
ベリーは、よく保存します。
プラント: 活発な、半まっすぐに。
他のrabbiteyeの種類と比較してシーズンに早く熟します。
セットされる完全な果物のために、他家授粉を必要とします。

↓こちらで翻訳にかけました。
Yahoo!翻訳



サイズ的なことは大体分かったので、あと知りたいのは、やはり食感と味がどんなか?」ですね。




我家のコロンブスは推奨受粉樹のパウダーブルーとブライトウェルの間に置いてありますし、蜂もブンブン飛び交っていますから受粉関係の条件は十分満たせていると思います。
(コロンブスは推奨受粉樹はティフブルーとパウダーブルーとされています)


我家のコロンブスはどんな実を結んでくれるのかそれはそれで楽しみではあります。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2011-05-05 09:35 | ラビットアイ系品種 | Comments(3)
Commented by kaizu_3 at 2011-05-05 19:00
昨年、大関からコロンバスとニューハノーバーを買いましたが、誓約書は不要だったと思います。
我家でも咲いており、明日の記事にする予定でした。汚い写真ですが、コピーして下さい。
こちらの写真と比べましたが、お花も葉も同じに見えました。今年は全摘花しましたので、結実は来年までお預けです(^^)
Commented by くまくまばんばん at 2011-05-05 23:30 x
こんばんは。
一度疑念を持ちますと、なかなか疑念って取れないですよね(^^;
パテント品って、出所が基本同じになるはずですので、同じはずだと思いますが、違う場合がありますと困りますね(^^;
私の場合、BBのパテントはとても高いので、いつもスルーさせていただいております(笑)
Commented by blueberrynote at 2011-05-10 19:53
かいづさん<ありがとうございます。
誓約書は不要だったんだったんですね。勘違いしていました。
写真の方も拝見させていただきました。仰るとおり矛盾点は見つけられませんでした。気長に確かめていこうと思います。

くまくまばんばんさん<ブルーベリーでは品種間違いは避けて通れない問題だと思っています。過失なら仕方ないけれど故意とかだと困ります・・。ブルーベリーはパテントでなくても良い品種は多いから十分楽しめると思います。


<< ジャンボ落花生とパプリカの苗 クリスマスローズの鉢増しと最後の花 >>