人気ブログランキング |

ブルージェムのラビットアイとラビットアイ系の着色開始

f0018078_18464934.jpg


着色直前のラビットアイ系ブルージェムです。

ラビットアイ系の名前の由来のウサギの目のイメージはあるでしょうか。

着色直前にこんな風に赤くなるのはこのブルージェム、ブルーベル、バルドウィンあたりが有名ですね。
実はラビットアイ系でもこんな風に赤くならずにいきなり青くなる感じの品種もあったりします。



ラビットアイ系も一部品種が色づき始めています。

冒頭で取り上げたブルージェムも二つほど色づいていました。
f0018078_18504951.jpg



オースチン
f0018078_18513157.jpg


他にもざっと見たところクライマックス、ベッキーブルー、ウッダードあたりも1粒~数粒程度色づいているのを確認できました。

一番果が色づきましたが2割程度が色づくには品種によってバラつきがありますが1週間程度はかかると思います。色づいてから更に熟すのに1週間ですから今年のラビットアイ系の収穫期は7月中旬あたりになりそうですね。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-06-28 20:44 | ラビットアイ系品種 | Comments(8)
Commented by 亜果樹 at 2010-06-28 19:32 x
綺麗な色が出ましたねえ(^^
ここまで赤いと本当にラビットアイと実感できますね。
私も明日見てみます。
Commented by kaizu_3 at 2010-06-28 21:55
ブルージェム、これぞラビットアイという色付きですね。奇麗な色です。これだけでも見応え有りますね。
我家でもポツポツ見られるようになりましたが、オースチンなどはもう少しという感じです。
Commented by 青猫 at 2010-06-29 19:37 x
ラビットアイとひとくくりにしていても、ここまで綺麗に赤くなるのは少ないですね。
鳥の害を考えると、目立たず地味にいきなり青になってもいいかなと。。。(笑)
ここのところ天気がさっぱりとしませんが、今年はフェスティバルがやけに早くて、今日少し摘みとりました。
品種によっては、不順な天候の影響を受けやすいものもあるみたいですね。
Commented by くまくまばんばん at 2010-06-30 06:28 x
おはようございます。
ラビットアイ独特の色の変化ですね(^^)
うちのうさぎさんは、まだ実がついたことがないので、うちでの色の変化の観察はまだ少し先になりそうです。
Commented by blueberrynote at 2010-06-30 19:58
亜果樹さん<ブログの話題を探してウロウロしている時に目に付いて記事にしてみました。
それでも沢山のブルーベリーに埋もれていると普段は見過ごしがちですよ(笑。
亜果樹さんの所でも様々な色があると思います。

かいづさん<そろそろそちらでもラビットアイ系が収穫間近だと思います。色々に楽しめるのがブルーベリーの良さですね。オースチンがそろそろですか。そうそう、オースチンはどうも今年のも種が障るように感じるのですが食べる際はそういうことにも気を付けて食べてみてください。

青猫さん<野生種とかは基本的にブルームが少ないからもっと赤いかも知れませんよ。
フェスティバルがもう収穫ですか!あれも甘くて美味しいですね。それにしても6月中に収穫が始まってしまうとラビットアイ系でも梅雨の影響をかなり受けてしまいそうです。春先の低温もあるしなかなか難しいものですね。

くまくまばんばんさん<ラビットアイ系の収穫はまだでしたか。
収量で言えばハイブッシュ系とは比べ物にならないくらい多いと思います。特に地植えだと8キロとかの収穫にもなりますよ。数年もすればそこそこで見られると思います!
Commented by あろえ at 2010-07-16 00:11 x
はじめまして。
たくさん実がついたブルージェム、羨ましいです。私もブルージェムを育てているのですが、大きめの鉢にしてからどうも調子が悪いです。葉が小さくそれもまばらです。黄色いコンテナで栽培されているようですが、気を付けていることありますか?過湿に弱い品種のようですが、コンテナではどの程度水やりをしているのでしょうか。
時間があったら教えてください。
Commented by blueberrynote at 2010-07-16 19:50
あろえさん<初めまして。
ブルーベリーの水遣りは結構難しいですよね。
具合が分からない時はちょっと持ち上げてみるといいと思います。
持ち上がらなくても重さが分かれば良いから無理しなくて良いですよ。
水分が減ってくると非力な人でも持ち上がるくらいになると思います。
そうなってから水遣りすれば大丈夫だと思います。
それから鉢の下に台等をおいて空間を作ってあげると水切れが良くなって幾分過湿が防げるのでそういうこともしてみてはいかがでしょう?
Commented by あろえ at 2010-07-16 21:38 x
お返事ありがとうございます。早速高めの台に乗せて、梅雨明けしてからの回復に期待します。今年はティフブルーがウッダードと判明したり、接ぎ木が全滅したり散々です、ははは。
今後もこの素晴らしいブログを利用させていただきます。ありがとうございました。


<< ゴーヤのグリーンカーテン始動&... 白いトウモロコシ(ピュアホワイ... >>