人気ブログランキング |

パテント品種(サファイア)の呼び接ぎ@ブルーベリー栽培

f0018078_1820876.jpg

グロリアとサファイア


最近はどちらのブルーベリーブログでも接ぎ木の話題がUPされているようですね。

私もついつい先延ばしにしていましたが流石に3月ですからそろそろ始めないと時期を逸してしまいそうなので少し接ぎ木も作ってみました。


挿し木もそうですが接ぎ木も4年もやると気持ち的にはそれ程熱心ではなくなってきます(笑。
とは言っても必要な分は作らないといけないということで今回は去年同様パテント品種の接ぎ木を作ってみました。


種苗法で品種登録された品種はそれ程はうるさくないのだけれど大関ナーセリーさんで契約して買うパテント品種は一応一切の増殖が禁止されているから普通の接ぎ木は出来ないので私の場合は根接ぎという方法でで接ぎ木の形にしています。


冒頭↑の写真のグロリアとサファイアを呼び接ぎして癒合が確認できたら接合部から上のグロリアの枝を取り除けばラビットアイ系のグロリアとサファイアの二種類の根のある固体が出来るということです。

作り方は例によって双方の木のやや反った部分の枝を剥ぐようにしてお互いの剥いだ部分を重ね合わせて固定すれば出来上がりです。
f0018078_18313120.jpg


今まで作ったのは接ぐほうの根が穂となる木よりも小さいとか大きくても穂のほうの木と同じ程度まででしたが作業的には同じことですね。


今回はサファイアを少し低くしずぎたので接合部に水が入りそうで少し心配ですが多分何とかなるでしょう。



f0018078_18325415.jpg



このままで1年くらいそのままにして様子を見るつもりです(明らかに癒合が確認できるようになれば別ですが)


グロリアのほうの根が大きいからうまく接合してくれればグロリアの枝を切った後の成長はかなり良いだろうと期待しています。




今回の工夫;固定するときに安定しないので針金ハンガーを切った針金をサファイアに刺して固定してみました。
2枚目の写真 参照


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by blueberrynote | 2010-03-05 20:18 | 接ぎ木 | Comments(5)
Commented by kaizu_3 at 2010-03-05 21:29
いろいろと工夫されていますね!
パテント品種でも、これなら増殖ではなく、根を足す感覚なのでセーフでしょうね。くっつけば、根の力が補強されて安定感が増しそうです。
Commented by くまくまばんばん at 2010-03-05 22:38 x
こんばんは。

確かに増やすのはダメでも、根っこのすげ替えはダメとは言っていないのですもんね。うまくくっついて、強靭な根を手に入れてほしいですね(^^)
Commented by ino at 2010-03-05 23:26 x
樹勢の強さに関係なく少ないパテントは慎重になりますよね。
確実に青果を楽しむまではなんとか枯らさず、安定した育て方が必要ですね。
Commented by blueberrynote at 2010-03-08 18:25
かいづさん<うまくいけば収穫時期も早まりそうです。来年は無理としても再来年には少しは収穫出来ればと思います。

くまくまばんばんさん<
>根っこのすげ替えはダメとは言っていないのですもんね。
特にサファイアの根を取り除くことも考えてはいないです。両方の根が同時に成長しても良いとも思っています。サファイアの根が淘汰されてしまうことも考えられますけどね。

inoさん<おっしゃるように基本的には増やせないことになっているからなるべくリスクが少ないほうを選んでしまいます。
今のところこの方法だと失敗はかなり少ないので大丈夫だろうと思います。
Commented at 2012-04-16 20:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< クリスマスローズ今年咲いた花たち 夏取り長葱の植え付け >>