人気ブログランキング |

ブルーベリー園の地表面管理

千葉県農業改良課技術指導室さんのレポートです。

簡単に言うとマルチについてです。

マルチについてのお浚いみたいな感じのレポートになっています。


ブルーベリー園の地表面管理

公園や街路樹等のせん定枝チップ、木材のチップ、稲ワラ、籾殻などが取り上げられています。

最近は針葉樹チップなども利用されているようです。

ラビットアイ系ではマルチなくても育つというようなニュアンスで書かれていますが、千葉県は温暖な地域ですから寒冷地ではラビットアイ系もマルチがないと厳しいかと思われます。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-11-28 20:32 | 用土 | Comments(4)
Commented by kaizu_3 at 2009-11-28 21:30
マルチは重要ですよね。挿し木の小鉢でも、有る無しで違うように思います。今年は、針葉樹の樹皮小枝チップを試しています。
Commented by 桃太郎 at 2009-11-28 21:53 x
特に夏は必須ですね。真夏にマルチがなかったら上根が駄目になってしまうでしょうね。
Commented by くまくまばんばん at 2009-11-29 22:16 x
こんばんは。

いろいろな方のブログでチップやマルチの記事をよく目にしますが、効果ありそうですね。初心者の私は、φ(..)メモメモです(汗
情報、ありがとうございます。
Commented by BlueBerryNote at 2009-11-30 19:04
かいづさん<針葉樹はフィトンチッドの影響が少し心配に思いましたがあちこちの情報を総合するとそんな心配も要らなくて具合も良さそうですね。

桃太郎さん<仰るようにノーザンハイブッシュ系では必須でしょうね。マルチにも根が伸びるくらいだからそういう意味でも重要だと思います。

くまくまばんばんさん<やはりマルチはあったほうが良いみたいです。マルチに根が伸びているのは良くあることだから根域が広がると言う意味でも良さそうです。


<< シャシャンボの挿し木用土とブル... ブルーベリーの根鉢を崩す用具など >>