人気ブログランキング |

呼び接ぎの締めなおし@ブルーベリー栽培

f0018078_16201212.jpg


この春は呼び接ぎも結構やりまして呼び接ぎしている部分が太ってビニール紐が食い込んでいるものが幾つか出てきています。

f0018078_1622071.jpg




呼び接ぎは切り接ぎと違って必ずしも栄養や水分のやり取りによって接合していない場合もありまして、つまりはお互いの茎が太って紐で縛られている関係で物理的にくっ付いていると言うようなことがあり得ます。

そうした場合はくっ付いているようでも割と簡単に離れたり束縛がなくなると離れてしまう場合もあったりします。


↑の二つのケースだと最初の写真はまだまだ心配な状況だと思います。
2枚目の写真の方が養分のやり取りなんかも既に行われているような状況じゃないかと思います。


いずれにせよもう少し食い込んでいない、なるべく太そうな部分で縛りなおしておきました。


f0018078_1629153.jpg


2枚目の写真の反対側からの写真
f0018078_1650655.jpg



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-11-17 20:18 | 接ぎ木 | Comments(7)
Commented by ライター at 2009-11-17 19:59 x
以前、りんごで呼び接ぎの木を見たことがありますが。
品種によって接ぎ方を変えてるのかとも思いましたが
よくは解りません。これなら失敗でも、取りあえずは
穂木が枯れる事もなく、やり直しも出来ますね。
面白そうです。
Commented by kaizu_3 at 2009-11-17 21:42
くびれた分だけ太ったということですか。しかし奇麗にくっつくものですね。一本だけ残した枝が大正解でしたね!
Commented by くまくまばんばん at 2009-11-17 23:21 x
はじめまして。こんばんは。

まだまだブルーベリー初心者のくまくまばんばんと申します。
いつも、拝見して勉強させていただいております。

暖地にてハイブッシュを育てようとしていますので、やはり接木に興味が行ってしまいます。また、ちょくちょく訪問させていただきます。どうぞよろしくお願いします。
Commented by very blue at 2009-11-18 02:16 x
呼び接ぎ・・・何度見ても鮮やかですね。
特に2枚目の写真の呼び接ぎはとても理想的なように見えます(笑)
春の植え替え時期に呼び接ぎ練習用にハイブッシュとラビットアイを一鉢に一緒に植え付けてみようと思います。
Commented by Reveille at 2009-11-18 21:37 x
この接ぎ木の方法、何度見てもよいですね。
自分ではまだ試していないのですが、凄く気に入ってます。
Berryさん、とても厚かましいお願いなのですが、呼び接ぎの実際のやり方をビデオ撮影して公開してみてはいただけませんでしょうか。
ずっ~と先でも構いません。もし、Berryさんが撮影したものがあれば、そのアドレスを教えていただけると幸いです。
Commented by BlueBerryNote at 2009-11-19 18:46
ライターさん<仰るとおり一番のメリットは穂も台も枯れることはないということです。完全に養分をやり取りできる関係になるまでには時間がかかりますが気長に待てばいずれは癒合するようです。
切り接ぎが美味く出来ない方には一番簡単な接ぎ方だと思います。


かいづさん<太って穂と台の隙間やビニールと枝の隙間にもカルスが互いに盛り上がって癒合が完成するようです。

くまくまばんばんさん<初めまして。確かに暖地ですとノーザンハイブッシュ系は注意しないと半分くらいは枯れますから接ぎ木の方が良いですよね。接ぎ木はそれ自体面白いですから少なくとも2~3年は楽しめますよ。これからもよろしくおねがいします。
Commented by BlueBerryNote at 2009-11-19 18:46
very blueさん<呼び接ぎ自体は比較的簡単なのですが穂か台が良い感じに曲がっていないとくっつけにくいのでそんな組み合わせを見つけておくと良いですよ。そう考えると挿し木もちょっと曲がった枝でしかもやや太目の枝でやるのもあると良いと思います。

Reveilleさん<割と手順は簡単ですが私の場合は何箇所も縛るので時間は結構掛かります。手際も良くはないから動画はちょっと厳しいかもわかりません。
分かりにくいかもしれませんが↓こんな感じで作っています。
http://blueberryn.exblog.jp/5512131/
機会があったら来春あたりもうちょっと分かり易い写真をUPしてみますね。


<< 野菜栽培の本&中生玉葱はマルチ... 白いトウモロコシとプランター菜... >>