人気ブログランキング |

カーラズチョイスとハンナズチョイス@ノーザンハイブッシュ系ブルーベリー

近年ハンナズチョイス(ニッポン緑産さんではハンナチョイス大関さんではハナンズチョイス)という品種とカーラズチョイス(ニッポン緑産さんではキャラチョイス大関さんではカーラズチョイス)という品種が発売されました。



二つのチョイスがつく品種の海外情報を紹介しておきます。
どちらもUSDAとニュージャージー州立研究所との共同育成品種で発表念も2000年とされています。
ソースはUSDA(米国農務省)です。



ヤフーで翻訳したテキストをコピーしましたがリンク内に比較一覧表があるのでそれも見ながら読んでいただくと一層分かりやすいと思います。
(ヤフー翻訳についての突っ込みはなしで・・・。)



カーラズチョイス


USDA ARS Products & Services / Cara's Choice

カーラの選択
Agricultural Research Service、アメリカ合衆国農務省とニュージャージーAgricultural Experiment駅は、CARAのCHOICE(改善された甘さ、かたさと味による新しいハイブッシュブルーベリー栽培品種)の発散を発表します。95-5でG-695とARSの下でテストされて、CARAのCHOICEは、交差したG-144 x米国165からの後継者です。G-144は、十字11-93(『Bluecrop』の兄弟)x『ダロー』から始まりました。US 165は、US 79(偏方二十四面体種Vaccinium darrowi『フロリダ4B』x米国56の混成)の自身です。US 56は、六倍体V.constablaei x T-65の十字から始まりました。T-65は、11-180(='Myersのx『ブラックGiant』)で、『ウォーカー』xの十字のrabbiteye雑種です。CARAのCHOICEを生じた十字は、A.D.によって作られました。Beltsville(およそ1977年のメリーランド)の服地商。苗は大西洋Blueberry社、Hammonton、NJで1981年に選ばれて、A.D.によってその後評価されました。服地商、N. Vorsa、A.W。範囲とM.K。大西洋ブルーベリー社と多様性のEhlenfeldtは、Hammonton(NJ)で耕作します。

CARA のCHOICEは『Bluecrop』(主要な主な季節栽培品種)で熟します、しかし、通常、『Bluecrop』より短い熟している間隔はそうします。小さな、乾性傷跡と優れたかたさで、その果物は、中間の大きさを設定された、淡い青です。バランスのよい酸性度と複雑で芳しい優れた味で、CARAの CHOICE果物は、非常に甘いです。混合植え付けの成熟した工場の上のニュージャージーの産出高は、およそ55%の『公爵』と65%の『Bluecrop』でした。表1は、CARAのCHOICEの実がなっている特徴を『デューク』と『Bluecrop』と比較します。CARAの CHOICEの溶ける固体の高水準は、『デューク』と『Bluecrop』のために平均値以上溶ける固体のおよその30%の相対的な増加を意味します。甘さ、酸性度、かたさまたは味の重要な低下なしで、更なる示差的特徴は、数週間茂みの上で品質を保持するその能力です。


CARA のCHOICEは、『Bluecrop』よりわずかに後で、しかし、『デューク』より以前に花が咲く低成長する茂みへの穏健派です。それは特徴的な青緑色の葉を持っています。そして、それはcultivars.CARAのCHOICEがニュージャージーで適度な産出高を生じるが、大部分の他の地方で試されてないことを簡単に大部分の北のハイブッシュブルーベリーに比較的に認識できるようにします。CARAのCHOICEはシーズンとして推薦される。そして、高品質である、と、主にニュージャージーと隣接することを含む北東部温暖な地方の商業的な栽培者、pick-your-own栽培者と家庭の栽培者のための専門栽培品種が述べます。



大関ナーセリーさんのカタログは樹上で熟果を数週間放置しても甘さ、酸っぱさ、硬さ、味が劣化しないとされていますが確かにそれについても同じことが書かれています。


ネガティブな情報としては
リンク内比較一覧表ではデューク、ブルークロップと比べると収穫量がかなり少ないとされています。
尤も3,6kg取れるなら、まあまあ若干少なめ程度ということでしょうか。
それから成長が若干遅いというようなことも書かれています。







ハンナズチョイス


USDA ARS Products & Services / Hannah's Choice


ハンナの選択
ハイブッシュブルーベリー
Agricultural Research Service、アメリカ合衆国農務省とニュージャージーAgricultural Experiment駅は、HANNAHのCHOICE(改善された甘さ、かたさと味による新しいハイブッシュブルーベリー栽培品種)の発散を発表します。95-4で呼称G-805とARSの下でテストされて、HANNAHのCHOICEは、交差したG-136 x G-358からの後継者です。G-136は、交差したG-67 x E-55から始まりました。G-67は、11-93(『Bluecrop』1兄弟につき=)で、『Earliblue』xの十字です。E-55は、『バークレー』x F-72(='Wareham』x『パイオニア』)の十字です。G-358は、E-22 x US 41の十字です。E-22は、『Earliblue』x No.3(='Coville』x V. angustifolium『ノースセジウィック』)の十字です。US 41は、ニュージャージーで野生のものから集められる偏方二十四面体V. corymbosum品種atrococcumのコルヒチンを二倍にされたクローンです。HANNAHのCHOICEを生じた十字は、A.D.によって作られました。Beltsville(1978年のメリーランド)の服地商。苗は大西洋Blueberry社、Hammonton、NJで1982年に選ばれて、A.D.によってその後評価されました。服地商、N. Vorsa、A.W。範囲とM.K。大西洋ブルーベリー社と多様性のEhlenfeldtは、Hammonton(NJ)で耕作します。


HANNAH のCHOICEは『デューク』(ニュージャージーの主要な初期の栽培品種)と同じほぼ時刻に熟して、一般的に、『デューク』よりおよそ2日早く、50%の成熟に着きます。その果物は大きく大きさを設定されるものへの媒体です。そして、良い傷跡と優れたかたさで、淡い青に中間です。果物は、はっきりした桃色のアクセントで甘くて、ややすっぱくて、穏やかな味です。混合植え付けの成熟した工場の上のニュージャージーでの生産は、60~65%の『公爵』とおよそ 70%の『Bluecrop』でした。表1は、HANNAHのCHOICEの実がなっている特徴を『デューク』と『Bluecrop』と比較します。 HANNAHのCHOICEの溶ける固体の高水準は『デューク』のために平均値以上溶ける固体のおよその20%の相対的な増加を意味します、そして、そのかたさは『デューク』に対するおよその10%の相対的な増加を意味します。


糖度に関してはデュークより2割り増しとなっていますがリンク内比較一覧によると3年で2割増しが2年、1割り増しが1年ですから糖度1~2割高めといったところでしょうか。

硬さも硬めのデュークよりも確かに若干硬いようです。

サイズは大関ナーセリーさんの評価だと中~大粒でデュークが大粒とされているようですがこちらのリンク内比較一覧表ではデュークブルークロップと同じ程度の重さが出ているからあるいは大粒と呼んでも良さそうな感じはします。
(米国では1カップに何個入るかでサイズを決めているから比重が大きいとかだとやや小さい扱いになるかもしれません)




命名については登録商標の兼ね合いもあってか両ナーセリーさんとも苦心されているようです。
BlueBerryNoteとしてはハンナズチョイス(Hannah's Choice )とカーラズチョイス(Cara's Choice)と呼びたいと思いますがいかがなものでしょう・・・。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-06-16 15:42 | ブルーベリー | Comments(3)
Commented by ino at 2009-06-16 20:51 x
昨年、大関さんからカーラズチョイス、リョクサンからハンナチョイスを買いました。
そしてハンナチョイスの成長がイマイチなので保険で大関さんからハナンズチョイスを追加しました。
電話で追加したんですが、「ハンナチョイスを追加してください」って言ったら「ハナンズチョイスですね」って言い直されました。
ハンナズチョイスは確かにまだないですね!
でもキャラズチョイスっていうのもありですかね?
あはっ!自分で読み直してると訳がわからなくなりました(笑)
Commented by very blue at 2009-06-17 03:13 x
うちもこの春、リョクサンから「ハンナチョイス」と「キャラチョイス」を買いましたよ。
呼び方としてはスペルから日本語読みすれば「ハンナズチョイス」、「キャラズ(カラズ)チョイス」が正解なのでしょうね。
リベイユ、レビール、よりも紛らわしくはないとおもいますけどね(苦笑)
Commented by BlueBerryNote at 2009-06-17 19:28
inoさん<ヤフーでそれぞれをウェブ検索するとハンナとカーラと出てきます。最も一般的な読み方のようで自然でもあるのでこう呼ぼうかと思います。

very blueさん<キャラズ(カラズ)チョイスだと本来のイメージとちがってしまうと思います。カーラは女性の呼び名のことが多いようです。カーラさんの選んだ品種と言うことですからキャラズ(カラズ)だと私としては違和感を感じてしまいます・・・。


<< レカ、プル、ポラリス、トップハ... ブルーベリー大福を作ってみました >>