人気ブログランキング |

ブルーベリーの根接ぎの結果@不調ハイブッシュ系救出

f0018078_9552171.jpg

左からジョージアジェム・レガシー・エリザベス
接いだ根はホームベル・ブルシャワーが2本

去年の6月8日と15日↑に不調で成長が止まったエリザベスなどに呼び接ぐ形で根接ぎしました。
↑6月半ばでこんな調子だから元気がないことは明白ですね・・・・。
参照↓
6月8日
自根ハイブッシュ系栽培の新たな提案
6月8日15日
根接ぎのオプション




切り接ぎなどは結果が出るのが早いけれど呼び接ぎはどちらも根があるから枯れたりしないので付いてるかどうかが分かりません。そのあたりが欠点ではあると思います。(逆に枯れないのが利点でもあるわけですが)


もうじき1年が経とうとしているのでどんな具合になっているか様子を見ることにしました。


チッペワの呼び接ぎ

まずはチッペワにブルーシャワーを呼び接ぎの形で根接ぎしたものです。
例によってメデールが真っ黒です。
f0018078_1116433.jpg




とりあえずビニール紐の上の部分のメデールを取り除きました。
接合部に隙間がなくてブルーシャワーの方からチッペワに緑の組織が伸びているようです。
f0018078_11174715.jpg





期待が持てそうなのでビニール紐をまずは真ん中を外してそこも良い感じだったので最下部も外しました。
f0018078_11214694.jpg





因みに反対側はというとあまり組織が被っていません。こちらの形成層はあまり癒合がうまくいっていないようです。それでも下のほうで少し被っていてその辺りにはビニール紐の食い込みが見られるからおそらく大丈夫だと思います。
f0018078_1123595.jpg




エリザベスの呼び接ぎ

エリザベスは去年の6月は冒頭の写真でも分かるように春先ちょっと葉が出てそれから動きませんでした。
我が家だと一度不調に陥ったノーザンハイブッシュ系ブルーベリーが復活することは殆どありません・・・。
エリザベスは接ぎ木も一つも成功していなかったからこれが駄目だと小さな挿し木だけになってしまうところでした。

昨日の様子です。
葉だけでなく短果枝が活発に出ています。去年の写真と比べても明らかに元気になっています。
f0018078_11265917.jpg



接合部はというと隙間がない程度に組織が繋がっています。
f0018078_11284595.jpg




何とかこれでエリザベスの接ぎ木も確保できました♪
2種根になってどうなるか分かりませんが多分ホームベルの根が頑張ってくれると思います。




結局、この頃作った6本の根接ぎのうちで2本は失敗しています。
(チッペワ/ブルーシャワー、エリザベス/ホームベル、ジョージアジェム/ブルーシャワー、トロ/シャシャンボ、失敗>レガシー/ブルーシャワーミスティー/ブルーシャワー)


2本は↑で紹介したとおりで現在経過観察中のジョージアジェムがあってそれはまだちょっと怖いので接合部は見れません。



他にも同じ頃に作ったトロにシャシャンボを根接ぎしたものもどうやら接合してくれているようです。
書庫の関係で別記事↓です。




失敗したレガシーとミスティーは枯れてしまって救出することは出来ませんでしたが不調ノーザンハイブッシュ系救出の手段として根接ぎは有効であろうことが確認できました。
また、元気な自根ハイブッシュ系品種に根接ぎして接ぎ木のように育てるのも勿論有効だと思います。




呼び接ぎの特性
(この下りは去年の暮れに同じことを書きましたが新しい読者も増えているようなので書き添えておきました)

呼び接ぎの場合は切接ぎのように結果は早くないですが短期的に失敗するような状態でもお互いを長期間に圧を掛けて密着させておくことでカルスの癒合が可能かもしれないと考えています。
ブルーベリーは枝が傷つけられるとカルスが盛り上がって傷口を塞ごうとする生理があります。
例えば↓こんな感じです。

一昨年の秋に失敗した芽接ぎの傷跡
f0018078_1591953.jpg






私の工夫

写真を見てお分かりのように私の場合呼び接ぐ場合は必ず接合部よりも上に1本枝を残します。こうしておくと根として呼び接ぐ木の接合部の上端の枯れこみを防ぐことが出来ます。これがないと接合部より下で枝が出た場合その出た枝から上が枯れこんでしまう場合があります。
こうしておけば必ず枝から下の接合部は生きている状態を保てます。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-04-29 20:53 | 接ぎ木 | Comments(9)
Commented by kaizu_3 at 2009-04-29 20:46
しっかりくっついていますね!植物の治癒力というか強さを感じます。
>私の工夫
とても勉強になりました。1枝残して流れを保つというか、生存者がいるぞ〜と主張する、そんな感じでしょうか。
Commented by at 2009-04-29 21:07 x
とても参考になりました。良き内容です。先月HBの幹に下方から切り込みを入れて、RB苗の上端を尖らせて、合体させる呼び接ぎ?をしてみたのですが、接合部よりも上に台木から1本枝を残すというのが興味深いです。
Commented by 青猫 at 2009-04-29 21:19 x
とても良い参考になります。
新しいことに先鞭を付けられるのは、準備はもちろん、先を見越した計画を立てる等、ご苦労も多々ありますでしょう。
よき先人がおられる事に、ただただ感謝いたします。
Commented by very blue at 2009-04-29 23:35 x
本などで見かけることはあっても、なかなか実物を見ることができない接ぎ方ですよね。
いつか挑戦してみたいと思います。
でも、穂ではなくて苗が必要になりますからね~。
今から目星を付けて育てておこうと思います(笑)
Commented by はっぱ at 2009-04-30 10:22 x
興味深い記事です。まだ普通の切り接ぎもマスタ-出来ない状態なので、こちらのやり方に到達するには時間が掛かりそうです。
でも両方を枯らさないで、こんなにくっつくなんて、知らなきゃ損ですね~。
Commented by ino at 2009-04-30 12:27 x
ハイブッシュ系の不調苗って結構遭遇するので、自分にとって貴重な苗の救出時に参考になり助かります。
今年は強そうな根の株もすべて接ぎ木に使ってしまったので失敗した株から試してみたいです。
この呼び接ぎの行う時期や、自立させるタイミング(時期的)などはいつ頃されるんでしょうか?
Commented by BlueBerryNote at 2009-04-30 19:00
かいづさん<
>1枝残して流れを保つというか、生存者がいるぞ~と主張する、そんな感じでしょうか。
正にそういう感じです。植物としての最前線が枝の上に行くので植物も生命線を維持しようとするのだと思います。

乙さん<
>良き内容です。先月HBの幹に下方から切り込みを入れて、RB苗の上端を尖らせて、合体させる呼び接ぎ?
教科書通りのやりかたですね。私の場合は呼び接ぎありきでその後根接ぎにするというある意味根接ぎとしては邪道なのかも知れません。
私は接ぎ木が下手だから一番成功しやすい形でやってみました。枝を1本残すのも呼び接ぎでの工夫でした。
Commented by BlueBerryNote at 2009-04-30 19:09
青猫さん<そもそも私は栽培は下手なのでその分工夫が必要です。将来的にはハイブッシュ系全てを接ぎ木にするつもりなのでこうすれば純粋な自根苗を育てる必要がなくなります。
>新しいことに先鞭を付けられるのは、準備はもちろん、先を見越した計画を立てる等、ご苦労も多々ありますでしょう。
そんなに素晴らしいものではないですよ(笑。単に思いつきでやっています。ただ、何かの時のために挿し木苗は何時も適当に準備しておくようにはしています。

very blueさん<
>でも、穂ではなくて苗が必要になりますからね~。
いやいやそれがそうでもないんですよ。そういう場合には挿し呼び接ぎというのがあるんです。呼び接ぐ根の方は挿し穂で呼び接ぎしながら挿し木をするという方法です。
難易度は上がると思いますが器用な方なら結構簡単に作れてしまうと思います。参照↓
http://blueberryn.exblog.jp/8387017
Commented by BlueBerryNote at 2009-04-30 19:21
はっぱさん<
>まだ普通の切り接ぎもマスタ-出来ない状態なので、
実は難易度は切接ぎの方が上だと思います。呼び接ぎは時間が掛かるけれど失敗が割りと少ないです。
時間がかかるからなるべく早くやるのが良いですよ♪

inoさん<
>この呼び接ぎの行う時期や、自立させるタイミング(時期的)などはいつ頃されるんでしょうか?
切接ぎなどと違ってどちらも根があるから成長期であればいつでも大丈夫だと思います。
真夏と真冬は動かないから避けてその後の成長が望める3月~7月と9月あたりなら良さそうに思います。
自立は特に考えていません。接合が100%大丈夫と確認できたら根として接いだ側の枝を全て落とそうと思っています。


<< ブルーベリーへ硫安水溶液の施肥 トロへのシャシャンボの根接ぎ(... >>