人気ブログランキング |

5年生台木での切り接ぎ @ブルーベリー栽培

f0018078_16563710.jpg
今日も接ぎ木です。
今日は風も無く温かかったから外での作業もやりました。
同じ物ばかりやっていると飽きるので今日は↑5年生台木に接ぎ木しました。


台はブルージェム
穂はエチョータ、デニスブルー、カロラインブルー、シエラ。

成功率が悪いから幾つ残るかわかりません・・・。




既にブルーベリーブロガーの中にもやってらっしゃる方も見かけるのですが、今回は良いか悪いか分かりませんが太い枝への切り接ぎの場合は台木の切込みをなるべく薄くするように心がけています。

内側の円が形成層と考えてください。
f0018078_16571075.jpg


切った面を見るとAは割り接ぎだから論外としてもBはAよりは形成層の面が広くなります。Cは切った面全てが形成層になるということで実際にはCを狙うと薄すぎて無理なのですがなるべく薄めに切って接ぐようにしています。

こうした理由もあって穂木も比較的細めのものを使っています。


実は去年の緑枝接ぎでこの遣り方で割りとうまくいったから今回もこの方法でやってみました。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
by BlueBerryNote | 2009-02-22 20:56 | 接ぎ木 | Comments(10)
Commented by kaizu_3 at 2009-02-22 19:53
図が大きくて、非常に分りやすいです(^^)
細い台木ほど中央に寄らざるを得ないと思いますが、穂木が程よく太い場合には、Bも有りのように思います。
Commented by hide at 2009-02-22 21:35 x
初心者の質問ですみません。
Aで切った場合でも形成層を合わせて接ぐことは出来ると思いますが、これでは活着しないのでしょうか。
Commented by very blue at 2009-02-22 23:04 x
私の場合はBとCの中間くらいですよ。できればCを狙いたいのですが、結果的にBになってしまっているというのが正直なところです(苦笑)
形成層を片側だけ(台木と穂木の大きさがたまたま合えば両側)併せて接いでます。
Commented by ブルーマチス at 2009-02-23 00:20 x
太い台木に切り接ぎしておられる写真を初めて拝見しますので、大変参考になります。
私も地植えブルーシャワー台木で計画中です。

写真の左端で接いでいるのが、一番太いように思いますが何mmほどですか?
私は20mmくらいで皮の剥けかかった枝も予定に入っています。

穂木の形成層を作ってから、それに合うように台木に切り込みを入れておられますか?
Bの方法で、片側の形成層だけでも合わせればいいかなと思っていました。
Commented by 青猫 at 2009-02-23 07:06 x
Aに同程度の太さの穂木を、2本挿すというのは、、、断面をそろえるのが大変ですかね。
あまり欲張ると、かえって失敗しやすいでしょうね。
Commented by おばた at 2009-02-23 11:36 x
台木と穂木の太さはなるべくそろえたほうが良いと説明があり、
地植えしている台木(10mm)ですが穂木が細いのばかりでどうしようと思ってましたが勇気をいただきました。
Commented by ino at 2009-02-23 12:47 x
先日、太めの台木に接ぎました。Bより少し深めで半分割接ぎみたいになったのですが、半分はやり直しました。
太さが台木の方が太い場合は特にAに近い方が形成層の片側のみをあわせなくても済むような気がします。
つまり台木側を薄く削れば両側の形成層の幅が狭くなり、接ぎ穂側とあわせやすくなるのではと思うのです。
しかし、接ぎ穂側もそうなると深くきらないとダメですが、接ぎ穂側も薄く切る方がいいんですよね?
Commented by BlueBerryNote at 2009-02-23 19:16
かいづさん<私の場合は穂木が太い場合でもあえて削る面を小さめにしようかとも思っています。この図のことは穂木についても言えるからです。ともかく形成層を出来るだけ広く接合させることを最重要視しています。

hideさん<Aは割り接ぎになります。Aでも十分成功すると思います。今回の記事は切り接ぎについて考えているのでこれは範疇外になるということです。
Commented by BlueBerryNote at 2009-02-23 19:17
very blueさん<今回は穂木の削った幅に揃えて台木にも切れ込みを入れました。細い穂木なら台木の切り込みの幅も狭くて済むので今回は細い穂木を選んでみました。

ブルーマチスさん<一番太い枝でも19mmくらいでした。この台木では1番細い枝は10mmくらいです。
>穂木の形成層を作ってから、それに合うように台木に切り込みを入れておられますか?
今回は可能な限り穂木の削った幅に合うように切れ込みを入れました。両方重なる方が成功率は上がりそうに思えるからです。
Commented by BlueBerryNote at 2009-02-23 19:23
青猫さん<割と接ぎ木の教科書でも業者の方に聞いても割り接ぎを勧める方は少ないようです。切り接ぎが一番簡単なようで私は不器用だから一番簡単なものを無難にやって成功率を少しでも上げたいと思っています。

おばたさん<
>台木と穂木の太さはなるべくそろえたほうが良いと説明
サイズが同じくらいの方が両側ともに形成層が合う場合が多いからと言うことなのだと思います。切り込みの深さで加減すれば大丈夫だと思います。

inoさん<穂木の方も太い場合は薄めになるかもしれません。細い場合は普通で大丈夫だと思います。


<< 台木の枝が太い場合の接ぎ木の様... ブラッデンの花@ブルーベリー >>