タグ:ベッキーブルー ( 23 ) タグの人気記事

コロンブスの赤道裂果と種@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_1912739.jpg

コロンブス

先日食べたコロンブスのサイズです。
この後20mmくらいのも取れたので大粒品種と言って良いんでしょうね。
因みに協会のブルーベリーの果実のサイズ企画だと
S 12mm未満 
M 12~16mm未満
L 16~20mm未満
でした。



このコロンブス、台風の雨で見事に赤道裂果していましたよ。
f0018078_1917938.jpg

大関ナーセリーさんのカタログの説明だと裂果は少ないとされていたからこの一房は例外ですかね。



同じく大関ナーセリーさんのカタログだとラビットアイ系にありがちな種のザラつきは少ないとされていました、その種についてですが↓こんな感じでした。

f0018078_19192518.jpg


若干大きめだけれど多くはないように思います。



これだけ見ても分からない方も多いでしょうから参考例も挙げておきますね。


私がラビットアイ系で屈指の種が触らない品種と思っているベッキーの種は↓こんな感じです。
f0018078_19215661.jpg



「一番ザラつくな~」と思う品種はオースチンでカット面は↓こんな感じです。
f0018078_19251867.jpg

(因みにオースチンは一応同定してはいるのですが種の感じは他の方のと違うという方もいるのでもうちょっと同定作業を継続しようと思っています)

話は横道に逸れますがベッキーはアントシアニン少ない感じだけれどオースチンはアントシアニン多そうでしょ(笑。




種の話に戻りまして、ブルーベリーの種の食感については種の多さ、大きさ、種の質(硬さ)で決まるのだろうと考えています。


コロンブスの種は大きめなのだけれど噛むと柔らかくて潰れてしまうように感じました。だから割とザラつき感を感じることなく食べることが出来たように思います。

逆に↑のオースチンは種が硬いから「ジャリ!」って歯に当たるんですよね。


そんなわけでコロンブスの種は「見た目の多さよりはザラツキ感は少ないな」という感想を持ちました。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-07-22 19:22 | ラビットアイ系品種 | Comments(4)

実生のブルーベリーの花たち

f0018078_1814181.jpg


ミスティーの鉢から生えた実生の花




我家にある実生のブルーベリーたちも花を咲かせています。


私の場合は作為的に蒔いて実生を作ると言うことはやっていないのですが、ブルーベリーの鉢などからいわゆる「一人生え」で芽が出てきた時には育てるようにしています。

このあたりはボーナスとかフクベリーと同じ生い立ちですね(笑。



冒頭の実生の花は咢片が花冠から離れてほぼ水平になるものが多いのが特徴のようですね。
ミスティーの鉢から生えてきましたが、どちらかと言うとラビットアイ系的な花のタイプだと思います。

f0018078_1858964.jpg


個人的な趣味では咢片が花冠から離れるタイプの花の方がバランスが良くて好きだったりします(笑。






マル(ラビットアイ系)の鉢からの実生の花

f0018078_18182730.jpg


マルの実は大きいのは良いのだけれど何時までたっても酸っぱくて美味しいタイミングが難しいので我家ではジャム用になっていますが「マルのサイズだけ受け継いでもっと美味しいのが出来たら嬉しいな」とか思っています。
花の特徴はマルはあまり日に焼けて咢片とか花柄が赤くなることはないのだけれど此花は大分色づいて紫になってます。




ベッキーブルー(ラビットアイ系)の鉢からの実生の花

f0018078_18202078.jpg


ベッキーは5倍体品種でハイブッシュ系の遺伝子も混じった特殊なラビットアイ系だからどんなのが出来るか楽しんでいましたが去年数粒実らせたところ特別な特徴とかはありませんでした。

今年は樹が大きくなったからちょっとは変わるかな?」とか思っています。
去年の感じではスペシャルではないけれど可も無く不可もない感じだったからこの樹は育てていくつもりではおります。


花の特徴はベッキーみたいに細くは無いけれど日にはあまり焼けないようでいつになっても緑色で、その色のまま散っていきます。ラビットアイ系では割とありがちな花だからこのタイプは品種同定が難しい(笑。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-04-27 20:57 | 実生

実生のブルーベリーの実

f0018078_20281572.jpg


我が家の実生ラビットアイ系ブルーベリーです。
親は多分ベッキーブルーだと思います。

時期的にはラビットアイ系ではやや早生の部類だと思いますが際立って早いと言うこともないと思います。
ブルームはちゃんと乗っているから見た目はまあまあですね。
サイズは大きいもので20mm程度だから中粒の品種でしょうかね。
f0018078_20305470.jpg


咢アの部分はかなり凹んでいるのが特徴みたいです。
ベッキーは交配が複雑だからこの凹みがどの親の特徴を受け継いだのか分かりません。
ハイブッシュ系あたりの特徴かもしれません。




味はというと割りと酸味が弱めなので食べやすいとは思います。
梅雨時なので甘さは今ひとつ。
種は少ないけどやや大きいからちょっと障る感じです。


他の品種と比べても遜色はないと思いますがかといって際立った取り得もないかもしれません(笑。
勿論、古~い品種たちと比べれば色々な点で勝っているとは思います。

最近のオクラッカニーあたりと今後は比較しようと思います。
何か秀でた処が見つかれば嬉しいですが・・・・。


樹勢は強くて育てやすいので当面育てようと思います。
この年に育て始めた実生は3本あったのですが他の2本は樹勢が弱いとか実がかなり小さいとかでどうも育てる価値もなさそうな感じです。



もう1本ミスティーの鉢から生えた実生の実が色づきました。
これはラビットアイ系でしょうね。

果実のサイズは中粒だけれどブルームが薄いから黒玉です。
よく、暗青色とか言うけれどどう見ても私には黒く見えます(笑。
f0018078_20405866.jpg


まだ食べていませんからこれでも美味しければ言うことはないのですが。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-07-12 20:27 | 実生 | Comments(6)

ベッキーの実生などの鉢増し@ブルーベリー

f0018078_1811795.jpg


今日は昨日の続きで昨日堀上げたデライトやベッキーブルーの実生、パウダーブルーを12号程度の鉢に収めました。


ベッキーの実生(写真右)はこれで3年生で成長は頗る芳しいです。夏にはほんの少し収穫しましてそこそこ美味しかったですがまだ本来の味ではないでしょうから今年どんな味になっているか楽しみです。

昨日のデライト(写真中)は強めに剪定して上も小さくして収めました。

パウダーブルーは多分4年生ですが今年収穫したのでやや小さめだと思います。来年は収穫を若干控えてもうちょっと大きくしようと思っています。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-12-27 20:10 | 実生

我が家の実生はどんなかな?@ブルーベリー栽培

今年、ほんの少しですが収穫できる実生苗2本についてです。


ベッキーの種の実生苗
直立性で樹勢もそこそこあるんで栽培は簡単そうです。
f0018078_16572311.jpg




果実はこのところの雨でブルームとか一切ない黒玉です・・。
サイズも精々中玉でこれもマイナスポイントです・・。
f0018078_16593152.jpg




もう1本、ラビットアイ系の実生は、やや開帳性で耐病性も今ひとつ、樹勢もパッとせず。
それでも一粒やや大きめな実がついていました。
f0018078_1712742.jpg




どちらも時期的には中晩生と言う感じだからこの点でもアドバンテージは特にない感じです。



ベッキーの子はは裂果が多めでサイズも小玉・・・。
もう1本はそれでもブルームが少し残って裂果もあまりなかったです。
f0018078_1731151.jpg




カットしたら親不明のは赤い色素が多めに出たからアントシアニンは多い感じです。
種は見た目的にはどちらも少なめな感じ。
f0018078_1752344.jpg



実際に食べてみるとベッキーの子は皮がかなり固い感じで種も少ないけれど大きくて歯に当たります。
もう1本のは皮、種はあまり気にならず味もまあまあでした。



どちらももう1年育ててみるつもりですがベッキーの子は来年ダメなら台木にしようと思います。
もう1本は美味しければそのまま置くことになりそうですがあまり美味しくなかったら処分でしょうかね・・。




やはり、なかなか育種は難しい・・・




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-08-02 20:54 | 実生 | Comments(14)

緑枝接ぎ、コンテナベッキーブルーをエチョータの台に@ブルーベリー栽培

f0018078_1838106.jpg

コンテナのベッキーブルー

ブライトブルーが多分、ベッキーだろうということで3本になったベッキーブルー。

ベッキーは味的には良いのだけれど「結実が悪いから3本は要らんだろ」ということでバッサリいきました。



穂は今回はallエチョータでいってみました。

元々はNHさんから頂いたエチョータです。
根接ぎもして良い枝が伸びたのでこれを頂きました。
f0018078_18404720.jpg



6本も取るとかなり短くなっちゃいますね。
f0018078_1841258.jpg



これはこの前の日曜に作った分です。
f0018078_1842239.jpg



シャシャンボツバメスガの被害が心配です・・・。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-07-25 20:57 | 接ぎ木 | Comments(6)

ブルーベリー既存品種における果実品質および形状の差異


久々のレポート紹介です。

東京都農林総合研究センターさんの20年度のレポートです。


ブルーベリー既存品種における果実品質および形状の差異
↑pdfファイルです。



糖度が高い品種
ラビットアイ系ベッキーブルー、ブライトウェル、ブルーシャワー、
ノーザンハイブッシュ系ではスパルタン、レイトブルー、ハーバート
サザンハイブッシュ系ではリベイル、シャープブルー

硬度が高い品種
ラビットアイ系、クライマックス、ベッキーブルー
ノーザンハイブッシュ系、ブルークロップ、あまつぶ星
サザンハイブッシュ系、リベール



若干サイズ的に「?」と思うものもあるので生育の状況でかなり左右されている感も否めないような気もします。


やはりラビットアイ系の方が糖度が高いものも多いですね。
私の感じでは種も触らないし糖度も高いからベッキーはラビットアイ系の早生のメインになりそうです。


それからデータ的にですが
リベールめちゃ、固ぇ~!(笑。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-07-10 20:37 | 調査研究紹介 | Comments(7)

疑惑のブライトブルーたち@ブルーベリー栽培

本物はどれだ!

f0018078_1737538.jpg

我が家のベッキーブルーとブライトブルーとして買った品種の果肉


ブライトブルーという品種があります。

我が家にも1本ブライトブルーとして求めて現在5年生の樹などがあります。

この品種、私は現在少なくとも二つ以上の品種がブライトブルーとして出回っていると考えています。


簡単に言うと花の形や花柱の長さが違っている品種がブライトブルーとしてネット上、カタログ、大図鑑などで混在しているからです。


分類すると

花冠細長く、花柱はほぼ花冠から出ないのが>大図鑑、BBRさん、ブルーベリーの館さんあたり。参照↓
ブルーベリーの館さん Briteblue
BBRさんも↑こんな感じです。大図鑑だと花の形は微妙だけれど花柱は花冠から出てはいないようです。


花冠円く、花柱が花冠から明らかに飛び出しているのが>BBHさん、ニッポン緑産さん(カタログの写真)あたりです。
BlueBerryHouseさん ブライトブルー
大体、ニッポン緑産さんのカタログの写真も↑こんな感じです。





果実の特徴では

大関ナーセリーさんのカタログでは果実中の種子は多い、扁円形となっており、
ニッポン緑産さんのカタログでも果実の写真は明らかな扁円形になっています。
BBHさんのコメントは実の形状は、扁平が強めで、5角形の稜がある。

BBRさんのは丸で館さん、大図鑑では大きな粒のみ扁平する傾向が見られるといったところでしょうか。



どれを信じていいものか・・・。
どれが本当でどれが嘘とは本当のところ分かりませんが
大関ナーセリーさんのカタログの情報は米国農務省あたりの情報の引用が多いから多分、果実中の種子が多く扁円形という情報は確かだろうと思います。
と言うわけで果実が扁円形で果実中の種子数が多い(口の中で種を感ずる)品種がブライトブルーと言うことだろうと考えました。




さて、例によって我が家の果実を切ったのが冒頭の写真です。
種が少ない・・・orz
種が少ないとされているベッキー程度です・・・

多分色々な特徴が酷似しているからベッキーあたりだと思います(笑。



ティフブルーよりも裂果が少なく、果実は大きいのになぜティフブルーを凌駕出来なかったかについては結局種がザラつくのが嫌われたのでしょうね。

最近の新しい品種が種を感じないことを売りにしているのが多いのはこういう影響もあるのかもしれません。








宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-07-01 20:33 | ラビットアイ系品種 | Comments(12)

黄色が出た!<ラビットアイ系の果肉の色@ブルーベリー栽培

f0018078_15224517.jpg


ラビットアイ系で初めての果肉の色調査です。

今回、初めて淡黄色に該当しそうな品種がありました。
どうもベッキーブルーは見た感じ黄色です。


ウッダードはハイブッシュ系でありがちな淡緑色、
ブルージェムは淡黄色か淡紫色か迷う感じです。
オースチンは淡紫色で良さそうです。



種について
ベッキーはさすがに粒が大きくなると目立つようですが中粒くらいだとかなり少ないようです。
ウッダードは当たり外れがある感じです。
ブルージェムはラビットアイ系としては可も無く不可も無しという感じ・・。
オースチンはかなり目立つ印象でした。
f0018078_15384747.jpg



もうじき農水省が淡紫色としているデライトも取れるからそれで確認が取れると思います。



農水省基準↓

白色、バークレー、ブルークロップ、ブルーレイ、あまつぶ星、フクベリー
淡黄色、アーリーブルー、オノ、ウィトゥ
淡緑色、ブルーチップ、レイトブルー、シャープブルー、おおつぶ星、フロリダサファイア
淡紫色、アリスブルー、デライト、ホームベル、ホルトブルーペティット、オクラッカニー


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-29 20:20 | ブルーベリーの果肉の色 | Comments(9)

ラビットアイ系着色@ブルーベリー栽培

ラビットアイ系が色づき始めました。


我が家のラビットアイ系の一番はベッキーブルーでした。
f0018078_1731382.jpg




二番手はオースチンです。
f0018078_1734265.jpg




我が家にあるラビットアイ系で最も早生と言われているクライマックスは3番手です。
f0018078_1754836.jpg




この順番は去年と変わっていないので当地ではこういう傾向なのかもしれません。参照↓
ラビットアイ系も色づき始めました



今日、ノーザンハイブッシュ系のネルソンが色づき始めて、ボーナスが昨日あたり一番果が完全着色しています。去年と比べると若干ラビットアイ系が早いようですが去年より1週間程度早いくらいの感じでやはりラビットアイ系が春に早く咲いた影響は出ているようです。

今の時期からの収穫だとラビットアイ系の早生はハイブッシュ系と被るし梅雨にピッタリ当てはまってしまうので私としてはラビットアイ系の早生は減らすくらいにしてハイブッシュ系の晩生とラビットアイ系の晩生を増やす予定でいます。
同じ時期に収穫になるならラビットアイ系ではなくてハイブッシュ系の方が良いですからね。


この記事は昨日の様子を写したものでしたがまだネットに入れずにおいたので帰ってきたらなくなっていました。収穫スペースが狭くてハイブッシュ系とラビットアイ系をローテーションさせようと思っている方もハイブッシュ系とラビットアイ系の収穫はある程度はずれてくれたほうが良さそうに思います。






そういえば昨日、書き忘れましたがブルーベリーは未熟果が4割くらい混じってもジャムの品質にはそれ程影響が出ないのでジャム用に収穫するときは急いで沢山収穫することも可能です。



以前、紹介した奈良県農業総合センターさんのレポートです。

奈良県農業総合センター
ブルーベリージャム製造における未熟果混入の影響について
↑pdfファイルです。








宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2009-06-22 20:52 | 収穫関連 | Comments(9)