タグ:コロンブス ( 9 ) タグの人気記事

ラビットアイ系ブルーベリー>コロンブスの果実品質

f0018078_1983667.jpg

ラビットアイ系ブルーベリーのコロンブスがボチボチ色づき始めています。


食べ頃の物があったので味見してみましたよ。



まだ小さな木で割りと多目に成らせたからサイズ的には今ひとつ。
これについては来年以降に期待ですかね。
f0018078_1985465.jpg



種のザラつき感は、やはり去年同様比較的少なくて抵抗なく食べられる感じです。

去年も記事にしたのだけれど種はちゃんと大きめのものがあるのだけれど種が柔らかくて歯に当たっても軽く砕けてしまうので歯にあまり障らない感じです。

カットすると分かりやすいですが割と大き目の種が含まれているのですが食べてみるとそれほどザラザラしないので食べやすい。
f0018078_1992495.jpg



種のザラツキについては去年、割と詳しく記事にしておいたのでそちら↓をご覧くださいね。

ブルーベリーの赤道裂果と種@ラビットアイ系コロンブス



去年できなかった味についての感想


肝心の味の方ですが、完熟のものは甘くて酸味は割りと少なめでとても食べやすい果実でした。

それと色づいたばかりで、食べ頃にはちょっと早い果実でも割と酸味は少なめで(まあ、酸っぱいんですけどね)完熟のものと適当に混ぜて食べれば美味しく食べられそうなので初心者の方にも優しい品種だろうと思います。

摘み取り園とかにも向いていると思いました。



今年は実の付きも大分良くなったこともあったりで
私としては総合点は大分高めの品種となりました。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2012-07-23 20:06 | ラビットアイ系品種 | Comments(0)

コロンブスの赤道裂果と種@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_1912739.jpg

コロンブス

先日食べたコロンブスのサイズです。
この後20mmくらいのも取れたので大粒品種と言って良いんでしょうね。
因みに協会のブルーベリーの果実のサイズ企画だと
S 12mm未満 
M 12~16mm未満
L 16~20mm未満
でした。



このコロンブス、台風の雨で見事に赤道裂果していましたよ。
f0018078_1917938.jpg

大関ナーセリーさんのカタログの説明だと裂果は少ないとされていたからこの一房は例外ですかね。



同じく大関ナーセリーさんのカタログだとラビットアイ系にありがちな種のザラつきは少ないとされていました、その種についてですが↓こんな感じでした。

f0018078_19192518.jpg


若干大きめだけれど多くはないように思います。



これだけ見ても分からない方も多いでしょうから参考例も挙げておきますね。


私がラビットアイ系で屈指の種が触らない品種と思っているベッキーの種は↓こんな感じです。
f0018078_19215661.jpg



「一番ザラつくな~」と思う品種はオースチンでカット面は↓こんな感じです。
f0018078_19251867.jpg

(因みにオースチンは一応同定してはいるのですが種の感じは他の方のと違うという方もいるのでもうちょっと同定作業を継続しようと思っています)

話は横道に逸れますがベッキーはアントシアニン少ない感じだけれどオースチンはアントシアニン多そうでしょ(笑。




種の話に戻りまして、ブルーベリーの種の食感については種の多さ、大きさ、種の質(硬さ)で決まるのだろうと考えています。


コロンブスの種は大きめなのだけれど噛むと柔らかくて潰れてしまうように感じました。だから割とザラつき感を感じることなく食べることが出来たように思います。

逆に↑のオースチンは種が硬いから「ジャリ!」って歯に当たるんですよね。


そんなわけでコロンブスの種は「見た目の多さよりはザラツキ感は少ないな」という感想を持ちました。






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-07-22 19:22 | ラビットアイ系品種 | Comments(4)

コロンブスの果実@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_18575042.jpg


コロンブスの果実です。(入手元は国華園さん)

別のアングルから
f0018078_1904773.jpg






大関ナーセリーさんのコロンバスとは別物?
という疑惑もあったようですが


大関さんのコロンバスの画像は↓こちらです。
大関ナーセリー品種アルバム コロンバス®(Columbus


果実の外形的特徴で際立っているのは咢亜の形でしょうか。
星型とまでは言えないけれど確かに五角形には見えると思います。

もう一つは咢亜の凹みの深さで、どちらも結構深いようです。


果実の形状から両者を比較したところでは際立った矛盾は無さそうに思いました。


ただ、サイズについてですが、そんなに大きくはないと思います。





一応収穫時期について触れておきますが収穫時期については、この一房ともう一房だけ実らせていて色づいているのはこちらだけです。まあ二房だけではなんとも言えませんね(笑。








宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-07-10 20:56 | 品種同定 | Comments(3)

ブルーベリーの星

f0018078_18521310.jpg

ブルータの幼果




f0018078_1857070.jpg


ブルータは幼果の時から咢片の☆型がはっきり残る品種です。
この星型は結局、収穫時にも残っていて、早生であると言うこと以外はサイズにおいても味においても取り立てて取り柄がないこの品種の一番の長所じゃないかと思います。




f0018078_192995.jpg

ラヒの幼果(某苗業者からウィトゥとして買いましたがおそらくラヒだと思われます)

ブルータは咢片が外側に開いて星型になりますがラビットアイ系のラヒあたりは内側に閉じて星型を描きます。こちらは小さな星ですね。

こんなにハッキリしているのは幼果の時だけだから、ほぼ育てている人しか見ることが出来ないと思います。




幼果の話題なのでついでに国華園さんから来たコロンブスの幼果の写真もUPしておきます。
f0018078_1931827.jpg


大関ナーセリーさんの写真↓と比べてみましたが幼果も特に矛盾はないように思えました。

大関ナーセリー品種アルバム コロンバス






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2011-05-27 18:50 | ブルーベリー | Comments(7)

大関ナーセリーさんの新品種 ニューハノーバー@サザンハイブッシュ系ブルーベリー

今年も大関ナーセリーさんからカタログが届きました。
大関ナーセリーさんのHPで申し込めば送料も無料で送ってくれます)


今年の表紙はニューハノーバーですね。
これが今年一押しの品種なのでしょう。

パテント系の品種についてはねこパンチ!さんが詳しいからブログに伺った所

サンプソンに似て高い生産性と大き目の果実サイズを発揮するが、サンプソンより数日遅れて果実が成熟するため果実サイズはサンプソンより大きく貯蔵性もサンプソンより良い。

そうです。
香川のブルーベリー園 ニューハノーバー(New Hanover)  より


海外の資料ですと

Blueberry plant named  New Hanover
あたりが詳しいみたいでした。


ニューハノーバーの特徴
1.価格が高いままである時を熟させている初期のシーズン。
(ブルーベリーも出始めは高値です)
2.大きなサイズ果物の一貫した高収率。
3.非常に良い果物着色料、優れた果物かたさと非常に良い果物品質。
4.優れたポストによる果物は、貯蔵寿命を集めます。
by Yahoo! JAPAN テキスト翻訳


写真を見ますとサザンハイブッシュ系にありがちな小さくこんもり茂る感じで花はラビットアイ系にもちょっと似た感じの花ですね。確かに結構大粒も出るみたいです。(葉からサイズを推測すると)
作はバーリントン博士。例の頑固そうな親父です(笑。
開発者のジム・バーリントン博士の写真



他にも色々書いてあるので日本語にはなりませんけどYahoo! JAPAN テキスト翻訳とかも利用して読まれても良いかも知れません。



ほかにコロンバスが今年売り出されましたけれどどうも結実率が良くない話も耳に入っていたのですが推奨受粉樹が」ティフブルーとパウダーブルーとなっていたから我が家のコロンバスも大きくなったらこの2品種の近くにでも置こうかと思いました。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-06-26 20:12 | サザンハイブッシュ系品種

コロンブスの花@ラビットアイ系ブルーベリー

f0018078_18314113.jpg


コロンブスの花です。
割と特徴がない感じですね。あえて言うならメンデイトに似ている感じがします。
海外パテント品種らしいのですが漏れ聞くところによると結実率が芳しくないらしいのでそれが本当ならやや問題ありの品種かもしれません。
[PR]
by blueberrynote | 2010-04-24 20:55 | ラビットアイ系品種

ピンクシャンデリアの花とラビットアイ系の屋内促成育成

f0018078_1624574.jpg

屋内のピンクシャンデリアの花



先日のかみゅさんの低温要求時間算出ツールはHPからダウンロードする方法になったようですね。
誰でも気軽にダウンロードできて理想的な形だろうと思います♪


低温要求時間と言えば↑のツールで算出しても800時間以上になったのでラビットアイ系の小さな苗なども部屋に入れておきました。

具体的にはコロンブス、パムリコ、ピンクシャンデリア、接ぎ木のダプリン、ミスティーの実生、マルの実生あたりでした。まだどれも小さいけれど一応期待の品種たちです。
f0018078_16311856.jpg






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2010-02-06 20:23 | 促成栽培 | Comments(8)

種苗会社の通販カタログとハウス栽培が盛んな地域

f0018078_1702173.jpg

屋内促成栽培のサンシャインブルーとシャープブルー、そしてイチゴとユスラウメとビックリグミです。これからブルーベリーは増えるけれど赤い実の方は大体これでお仕舞いです。春のベリーとブルーベリーとが上手く繋がって我が家ではずっとベリーが食べられそうです。



種苗会社の通販カタログ

国華園さん、サカタのタネさん、タキイ種苗さん、3社の種苗会社の通販カタログが届いていました。
ブルーベリー関係では国華園さんが再びパムリコとコロンブスを出してきたこととT&Fの福田さんが品種登録したフクベリーが出ていたことでした。フクベリーの2年生苗は一株4800円と良いお値段をつけていました。


それぞれのカタログは申し込めば送料も無料(まったく只)で送ってくれます。
申し込み窓口は↓こちらです。
国華園さん
↑過去に一度も国華園さんのの通信販売カタログをご請求されたことのない方には花の種のプレゼント付だそうです。
サカタのタネさん
タキイ種苗さん


ハウス栽培が盛んな地域は別記事↓です。
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-05-30 20:55 | 促成栽培 | Comments(2)

国華園のカタログのブルーベリー

今日は石灰硫黄合剤の塗り残し分を午後から散布して最後に蜜柑を90倍に薄めて散布して今年の石灰硫黄合剤散布は恙無く終わりました。
ブルーベリーは地植え6本、コンテナ25個、10号鉢程度以上は45鉢くらいと蜜柑、梨、イチジク、柿、ゆすら梅、ビックリグミ、キウイ(鉢)、サクランボ2本、その他ベリー類もあるので石灰硫黄合剤は1リットル使いました。
握力で散布するタイプで9リットル散布したことになります。
やはり手が大分疲れました。

これで接ぎ木を開始する2月下旬以降くらいまではあまり仕事もなさそうだからしばらくはゆっくりできそうです。話題不足で困りそうですが(笑



国華園のカタログのブルーベリー

作業している間に国華園のカタログが届いてました。



今回のカタログで目に付いたのは
サザンハイブッシュ系のパマリコ
ノーザンハイブッシュ系はデニースブルー
ラビットアイ系はコロンブス、モンゴメリーあたりでした。

f0018078_17254181.jpg




パマリコとコロンブスは耳慣れない名前だからちょっと調べたところ

パマリコは2003年リリースでコロンブスは2002年のリリースのようでした。
どちらも早中生のようでした。


コロンブスの説明
Columbus. A midseason rabbiteye blue-berry with exceptionally good fruit quality.
(Tifblue x Menditoo).
Released in 2002.License required for propagation.
Berry: large, light-blue, picking scar small and dry, ex-cellent fravor and lacks the gritty, thick-skinned texture of some rabbiteye varieties.
Berry stores well.
Plant: vigorous, semi-upright.
Ripens early to midseason compared to other rabbiteye varieties.
Requires cross pollination for full fruit set.

Register of New Fruit and Nut Varietiesより

↓こちらで翻訳してください。
Yahoo!翻訳


国華園のカタログによると平均が3~4gとのことだから大粒ではありそうです。



評判がどんなものか分からないから私としては様子見でしょうかね。



パマリコについてはこれから調べてみます。





宜しかったらこちらもご覧ください

ブログの内容をまとめたHP
ブルーベリー 栽培 BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2008-01-14 20:07 | ブルーベリー | Comments(4)