室内栽培の葉芽

f0018078_19322121.jpg
f0018078_19323126.jpg
f0018078_19324214.jpg

1月9日から室内に移動して栽培しているブルーベリーのウィトゥが葉芽を出し始めました
さすがに時期的にかなり早かったので入れたときは心配だったのですが
無事芽を出してくれて一安心です。
元は見切り品で買った苗だったのでその意味でもホッとしています。
新芽を確認したので慌てて肥料もやりました。
これに気を良くして、他のラビットアイ系の苗も肥料を遣って
5つほど室内に移動しました。
室内で栽培している植物たちは既に春モードといった感じです。

1月9日の記事は↓で
http://blogs.yahoo.co.jp/blueberryblogs/21982399.html

見切り品として買った時のことについてはこちら↓です
http://blueberryn.exblog.jp/m2005-11-01#167217

写真は上二つは新芽の様子
下は最近室内に移動した苗たちです
[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-02-04 19:53 | 促成栽培 | Comments(0)

ブルーベリーの挿し木

f0018078_19294656.jpg

1月8日から始めたブルーベリーの挿し木ですが
一次成長を始めました。
毎週1本程度挿していく予定でしたが
途中折れてしまったホームベルやウッダードの枝を挿したりしたので
若干増えています。
素人でこんなことをするのは私くらいかと思っていたら
個人のブルーベリーサイトの方で
すでに挿し木をされている方もちらほらいらっしゃるようです


TMCのブルーベリーさんの日記
http://www.pixino.com/cgi-bin/diary/srx600.cgi?account=srx600;mode=main;YMD=20060128#22

T&Fさんの自然日記
http://www2.tky.3web.ne.jp/%7Efmika/diary.html

私のHPの挿し木のページ
http://www16.plala.or.jp/luckyhit/01-08kyuuminsasi/01-08kyuuminsasi.html
[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-01-30 19:50 | 挿し木 | Comments(0)

サンシャインブルーの苗(10月前後に挿した

10月前後に挿したサンシャインブルーですが
サンシャインブルーは比較的簡単に発根するようで
2次成長が始まった苗が(屋内に置いてあるのですが)
思ったよりも多めにできました
この苗たちも今日あたりから寒さに当てて休眠させようと思います。

それと、こういった小さな苗を低温に当てないで(休眠させないで)
「そのまま室内で冬越しさせたらどうなるだろう?」
と、またまた好奇心がわいたので、サンシャインブルーの1苗と
ティフブルーの1苗をこのまま室内においたままにしてみます。
これについての経過はMYHP↓で経過報告していきます。
http://www16.plala.or.jp/luckyhit/tuunenokunai.html

写真は
サンシャインブルーの苗たちと
室内で過ごさせるティフブル、サンシャインブルーです。
f0018078_11281225.jpg
f0018078_112967.jpg
f0018078_1129194.jpg

[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-01-16 18:26 | サザンハイブッシュ系品種 | Comments(1)

室内栽培のブルーベリー苗のその後

昨年いっぱい室内で栽培していたブルーベリーの緑枝挿し苗のその後です
半月が経過し7.2度以下の時間は250時間程になりました
翌朝が冷え込まない日は屋外で、氷点下以下まで下がりそうな日には玄関など
家の中でも比較的寒い場所に入れるようにしています。
1日予想外に冷え込んだ日があって霜が降りた日がって
一鉢のティフブルの苗の新梢の先が萎れかけて心配しましたが
その後なんとか持ち直したようです。
f0018078_11253695.jpg
f0018078_1125542.jpg

[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-01-15 10:24 | 促成栽培 | Comments(0)

1月9日から室内栽培を始めた苗

昨日に続いてブルーベリーの話題です
当地でのこの冬の気温7,2度以下の時間が既に700時間を超えました
ラビットアイ系の殆どの品種では低温要求時間を満たしていることになります
そこで昨年秋からずっと屋外で栽培していた苗を一つ室内に移して栽培して経過を見ます
昨年11月にウィトゥを2本※買ったのでそのうち1本を室内に移動して栽培します

この苗を買った時のことは↓に書いてあるので興味がある方は見てください
http://blueberryn.exblog.jp/m2005-11-01#167217

写真写真の2本のうちの右側を室内に移動し、左の苗は引き続き屋外で栽培します
f0018078_229141.jpg

[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-01-09 22:09 | 促成栽培 | Comments(0)

1月8日開始の休眠挿し

1月8日でこの冬の7,2度以下の時間の累計が当地の気温で650時間を越えました
ブルーベリーは日当たりの良い場所においているので日中は暖かく
気温どおりではないと思われますが低温要求時間時間が500時間程度のものなら
十分低温要求時間を満たしたと思われます

ということで時期的にはかなり早いのですが室内で実験的に休眠挿しを始めてみます
まだ、挿し穂を沢山取れる苗は多くはないので今回はボルドウィンから挿し穂を採って
これから毎週1本づつ挿していきます
数も少なく挿し穂の技術も未熟なのでどうなるか分かりませんが・・・

今から挿して早期に発根して、屋内で12月いっぱいまで成長させられると考えると
丸々1年間成長させられることになります
2年目の冬も屋内などで管理できれば2年間で3年分近い成長をさせることも可能かもしれません
↑そんなにうまくは行かないでしょうが(笑)

写真は挿し穂を採るボルドウィンと初回の挿し木の様子です
f0018078_16472510.jpg
f0018078_16474678.jpg

[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-01-08 16:48 | 挿し木 | Comments(0)

ウッダードの花

また、ちいちゃな苗に花を咲かせてしまった(´ヘ`;) 
ウッダードのプックリした花です
f0018078_16494451.jpg

[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-01-05 16:48 | ラビットアイ系品種 | Comments(0)

2006年冬のブルーベリーの様子

昨年12月は例年になく寒い師走でした
当地でも一昨年には冬に数回しか氷が張る日はなかったのですが
12月だけですでに10日以上も氷が張る日がありました
ブルーベリーの低温要求時間の条件である7.2度以下の時間も
550時間以上にもなり、ラビットアイ系ならほとんどが
低温要求時間を満たしていることになります

ラビットアイ系やサザンハイブッシュ系の品種はまだ緑葉を保つものも多く
緑のまま冬を越してしまうのではと思われる品種も少なくありません
一方、ノーザンハイブッシュ系の品種は幾つかの品種が紅葉を残すものの
殆どは落葉しています

具体的にはデライト・パウダーブルー・サウスランド・ウッダード・ノビリス・フェスティバル
などは緑色がまだ強く紅葉が進んでいない感じです。
逆にボールドウィン・オースチンはかなり紅葉が進んでいます。
写真は上がデライト、下はオースチンです。

MYHPでは落葉していない品種について殆どの写真をUPしているので
興味がある方はそちらで見てくださいMYHP↓
http://www16.plala.or.jp/luckyhit/2006-01-02/2006fuyu.html
f0018078_14453621.jpg
f0018078_1445522.jpg

[PR]
# by BlueBerryNote | 2006-01-03 14:47 | ブルーベリー | Comments(0)

ブルーベリー屋内栽培

屋内で栽培してきたブルーベリーですがさすがにそろそろ限界のようなので
昨日から屋外に移しました。
屋内での様子は今回で最後になります。
今後は著しい変化があ
f0018078_20492557.jpg
たときにUPします。
[PR]
# by BlueBerryNote | 2005-12-31 20:49 | 促成栽培 | Comments(0)

小さな苗に花が・・・

ちょっと油断をしていたら小さなサウスランドの苗が
花を咲かせてしまいました。
せめてもう少し早く花芽を摘んでやれば
茎が成長できたと思うので可愛そうなことをしてしまいました。
この写真をとった後にきれいさっぱり花芽をすべて落としました。
この苗はノーザンハイブッシュ系の接木の台木にしようと思っていますが
翌々春の接木の台木になりそうです。
(実はサウスランドは4本ある
f0018078_1785655.jpg
のですが生食ではそれ程美味しくないらしいので4本あっても
たぶん困りそうなのです^^;)
[PR]
# by BlueBerryNote | 2005-12-25 17:08 | ラビットアイ系品種 | Comments(2)