<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マメ類の花は徒花(あだばな)

f0018078_19512871.jpg


案じていた通り野菜が高騰しているようですね。
しばらく寒い日が続くようなので野菜の高値も当分、続くだろうと思います・・。


暖冬だった頃にスクスク育ったソラマメです。
その勢いのままに花も咲かせておりますが、0度以下の気温にあたるとこの花達はダメになってしまいます。

f0018078_19514488.jpg




エンドウも育ちすぎの感じがしますが寒波に当たって色抜けしてしまっています。

でもまあ、この程度の寒さなら致命的なことにはならないと思うので上部とか花がダメになるくらいで復活してくれると思います。



総じてトウ立ちして困る物よりも美物の方が異常気象の影響は少ないだろうと思います。



収穫だけしていた畑仕事。
2月も近くなったのでジャガイモの植え付けの準備をしようと思っています。








宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2016-01-29 20:50 | 菜園

今年の春は野菜のトウ立ちが心配

f0018078_19204369.jpg


最近の収穫



お正月までの暖かさが嘘のように最近はかなり冷え込む朝が続くようになりました。
真冬ですから当たり前の寒さな訳で驚くことではないですが体が慣れていないので体の方はちょっとビックリしています(笑。

さて、今年のような暖冬が長く続いた後に寒さが襲って来た場合には、やはり野菜のトウ立ちが心配です。



野菜は一定のサイズよりも小さいままで冬越しさせると春にトウが立ち難いという特性を利用して育てる物が幾つもあります。
代表としてはタマネギやキャベツですね。

柔らかくて美味しい春キャベツなどはこの方法で育てます。

元はと言えば花を咲かせて種を作れるサイズになった野菜達が一定期間の寒さの後に花を咲かせると言うことは、ちゃんと春に咲くための自然の摂理の訳で、それを上手に人間が利用して育てているわけです。

真冬に数日暖かい日があった時に直ぐに花が咲いてしまうとその後に再び寒くなると花がダメになってしまいます。
そういう事がないようにある程度の期間の寒い日を経験しないと花が咲かないという仕組みです。



当初、「このまま暖冬傾向が春まで続いてくれたならトウ立ちしなくて済みそうだ」などと考えていた時もあったのですけどね。
確り育ってしまった後に例年通りの寒さが来るとトウが立つには理想的な状況です(笑。


例えばタマネギの場合だと1cmの太さになったタマネギの苗が1ヶ月間、10度以下の環境に遭遇した場合にはトウ立ちしやすいと言われています。
厳密に言えば品種によってもマチマチなのですがザックリとした目安としては分かり易いと思います。


と言うようなわけで、このまま寒さが続くとしたら春先のキャベツやタマネギが高騰するかもしれません。



我が家で育てているタマネギや春キャベツ等のトウ立ちも春先どうなるか心配です。
まあ、異常気象な訳だから我々ではどうしようもありません(笑。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2016-01-22 20:20 | ブルーベリー

ブルーベリーへの暖冬の影響

「暖かくて困るな~」と思っていたら普通の冬の寒さに戻ってくれて「やれやれ」と思いつつやはり寒い朝は辛い物ですね(笑。


普通の冬に戻ったものの今年の冬の環境が色々な私が育てている植物等にどんな影響が出るのかを色々考えているこの頃です。

あれこれ考えても今後の気温の推移などでどうなるかは分からないのですが現状で考えられることなどに着いて書いてみようかと思います。



先ずはブルーベリー
ブルーベリーには低温要求時間というのがありまして一定の時間低温に遭遇しないと春暖かくなったとしても開花しない特性があると言われている植物です。
品種によってまちまちなのですが短い物で200時間位から1200時間以上も必要な品種もあります。

ブルーベリーの場合ですが低温の目安というのが7.2度言われているのですが私が気象庁のデータでざっと調べたところ時間毎の値を積算したところ去年の暮れの該当時間が概ね150時間ほどありました。
1日1時間しか無かったものも計算に入れてもこれだけしかなかったということで暖かい日があったりすると相殺される場合もあるそうなので低温要求時間にカウントされる時間としては100時間もなかっただろうと思います。

今年に入っても最初は暖かい日が続いていたのでここ数日の寒い日の時間を加えてもまだ120時間ほどしかありません。

今後ここ数日のような寒い日が今後しばらく続いてくれればサザンハイブッシュ系ラビットアイブルーベリーの開花については安心できるのですけどね。

ノーザンハイブッシュ系の品種についてはそれでも足りない品種が幾つか出てきそうに思います。



ブルーベリーの研究と言う観点だったらこうした暖冬の影響がどんな品種にどの程度影響を与えるか観察するのは興味深いかもしれません。

まあ、素人栽培ですから気楽なことを言っていますが農家の方達にしたら死活問題にもなるわけですが今後、温暖化が進むとすれば大事な資料になるのかもしれません。



果樹の場合の低温要求時間というのはブルーベリーに限らずに他の果樹でもありまして梨の眠り病(低温要求時間が足りなくて春になっても花が咲かない病気)のレポートというのも出されています。



眠り病を農薬で打破するという研究もされていてその辺りの詳しい事なども以前こちらに纏めておきましたので必要な方はご覧下さい↓
ブルーベリー低温要求時間について







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2016-01-15 20:53 | ブルーベリー

昨日は七草粥。15日には小豆粥

f0018078_19172758.jpg


我が家の七草粥は大体こんな感じで食べています。


昨日は1月7日で七草粥を食べました。
今年の七草はナズナ、ゴギョウ、スズナ(蕪)、スズシロ(大根)の4種類。
毎年必ず食べています。

f0018078_19174590.jpg



我が家では海苔に醤油を付けて食べるのが当たり前ですが家庭や地域によってそのあたりは色々違いがあるのでしょうね。


七草粥を食べた後は15日の小正月の日に小豆粥も食べています。
我が家でお粥を食べるのは1月のこの行事の時の2回だけ。
3回目を食べるのは家族が病に罹った年位だと思います。




今年は本当に暖かい冬ですね。
もはや異常気象と言って良いと思います。

次回は異常な暖冬が野菜や果樹やブルーベリーに及ぼす影響について考えてみたいと思います。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2016-01-08 20:16 | 閑話

あけましておめでとうございます!@初日の出

f0018078_10324980.jpg



あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願いします!




今年の初日の出は地平線付近に雲がありまして少しだけ遅れて顔を覘かせてくれました。





少し風が出てきましたが概ね穏やかなお正月。

ブログ的には暖冬の影響がどんな風に現れるかを注視しながら過ごそうと思います。





最近は忙しさに負けてブログの内容もなおざりに成り勝ちですが
春頃には落ち着くと思うので今年はもう少し力を入れようかと思っています。

お時間が許すようでしたらお付き合い頂ければと思います。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2016-01-01 07:31 | 閑話