<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブロッコリーのホットキャップと小玉葱の植え付け

f0018078_18191530.jpg


年越しで春取りのブロッコリー。
成長が遅いので防虫も兼ねてホットキャップをしておきました。
あまり促進されすぎて年内に収穫出来ればそれも良し。
適当な時期に一部のキャップを外したりしてずらそうかとも思っています。

ブロッコリーのホットキャップの向こう側はキャベツや白菜がトンネルのなかで育っています。



春に採れた玉葱の中で極小さな物を選んでマルチで植えつけておきました。
このマルチの場所ですが一部、ニンニクも混ぜてます。

f0018078_18193215.jpg



おそらく分球したりするのが多いだろうと思いますが、葉ネギとしても食べようかとも思っています。




他には、サニーレタス、チマサンチュ、サラダ菜などの葉物野菜達と中晩生の玉葱の種の種蒔きもして置きました。


今週末にも晩生の玉葱の種蒔きもする予定です。



因みにこれが極早生の玉葱の苗。
太さ3mmくらいには育っていると思います。

f0018078_18194744.jpg






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2014-09-30 18:19 | 菜園

極早生蜜柑の初収穫(味見用試し取り)

f0018078_1813286.jpg

まだ大分青くって、漸く黄色く色づき始めたと言った方が良いくらいの皮の色の我が家の極早生蜜柑です。

品種名は日南の姫(ニュー日南)という蜜柑。

苗屋さんの説明ですと


●品種の特徴
「日南1号」の枝代わり品種。作りやすく豊産性。
「日南1号」と比較し、樹勢は同じかやや強いです。減酸は10~15日程度、着色は一週間早く、9月20日には完全着色します。
この品種は早い時期からの収穫が魅力のひとつですが、もうひとつ重要な魅力が味です。
9月に色づくこの品種を11月まで収穫を我慢して樹上完熟させます。
すると、めちゃめちゃ甘い♪営利目的ではない家庭果樹の幸せな食べ方です。
糖度10~11度、1果120gくらい。早く熟する極早生みかんです。

花の香りは南国チックな、あまぁ~い香りです。いい匂いです!!



ということでとりあえず早い時期の果実を二つ、味見用として取ってみました。



外の皮はまだ大分青いけど中はちゃんと蜜柑ですね。

f0018078_18132124.jpg



味としては一応蜜柑として食べられると思うけど大分甘さは控えめです。

苗屋さんの説明だと11月まで我慢して、それから食べると「めちゃめちゃ甘い♪」ってことなので多分10月くらいにもう一度味見して、11月にも味見して食べ比べようと思います。



このあたりも家庭で栽培する果樹の特権みたいな物らしいから、その辺りを十分に楽しもうと思っています。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-09-26 20:10 | 蜜柑

秋のハーブの花

f0018078_18444160.jpg

アメジストセージ



秋はハーブの花が咲きそろう季節でもありますね。


我が家も一頃は色々ハーブを集めたりもしましたが、やはり当地は静岡で日本茶ばかりを飲んでいるのでハーブティーとかは我が家に馴染まず枯らしたものが幾つもあったと思います。



飲むためのハーブはなくなってしまったけれど、花を楽しめるハーブの方は確り定着したようで道行く人の目も楽しませてくれています。



普通のチェリーセージ

f0018078_18445420.jpg



ミッキーマウスにとてもよく似ているチェリーセージ

f0018078_1845980.jpg


メドーセージ

f0018078_18452453.jpg


知人がメドーセージの花を見て、「ヘビが口を空けているようだ」と言っていましたよ。



我が家は専ら花だけを楽しんでおりますが、それぞれ葉っぱに香りがあってお湯に入れれば勿論ハーブティーが出来ますよ♪




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2014-09-22 20:43 | ハーブ類

ジャンボニンニクの植え付けとホウレンソウの発芽など

f0018078_17575549.jpg

ジャンボニンニク植え付け


8月下旬位のジャガイモの植え付けから始まった秋野菜の植え付け等は一応ジャンボニンニクの植え付けで一段落です。

今年はマルチで大きい種球と小球とを交互に植えつけて適度にスペースを明けています。
ジャンボニンニクは病気にも強いので多分大丈夫そうに思います。




去年辺りは暑くって今時分の苗が芯食い虫の被害でかなり痛い目に遭ったキャベツやら白菜ですが今年は寒冷紗を掛けていない部分の被害を見ても大したことはありません。
今年は割と害虫も少なめの感じですね。
心なしかモンシロチョウもまだチラホラしか見かけません。

f0018078_1758826.jpg



ホウレンソウは庭の菜園で100株だけ種蒔きしました。
これだけでも一般の家庭なら食べきれないくらい採れますね。
黒いマルチは使い廻し。
最近はマルチもなるべく大事に片付けて繰り返し使うようにしています。
「使えば資源。捨てればゴミ」ですからね。

f0018078_17581931.jpg






宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2014-09-18 20:56 | 菜園

今年の彼岸花は大分早目です

f0018078_17404423.jpg


我が家付近の彼岸花が咲き始めていましたよ。

その名の通り彼岸花は普通はお彼岸の頃に咲くものです。
大抵ずれずに咲くと言うことでこの名が付けられたわけですが、天候不順で咲く時期が多少はずれる事は割と良くあることでして、私がブログを始めてからも10日くらい秋分の日から前後することもありました。


今年は10日程早めに咲いたと言うことですね。

今年は8月の終わり頃から急に涼しくなりだして「暑さ寒さも彼岸まで」どころではなくて、とっくに涼しくなっていましたから当然と言えば当然かもしれません(笑。



こうした自然の植物達の反応は園芸をする上では大事なサインになっていると思います。
植物達の体感では既に彼岸頃の気候と認識しているわけだろうから野菜の植え付けとか種蒔きをするような場合でもこうしたことも考慮しながら作業したいと思っています。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-09-14 20:40 | 花や観賞用植物など

2年目の玉葱の種の発芽率

f0018078_18234735.jpg

去年買った種を蒔いた玉葱の発芽


今年は極早生の玉葱の種は去年の秋に買った物で間に合わせることに決めておりました。


これは確か夏頃に発芽テストとしてこのブログでも紹介したと思いますが、その時の見た目では50%程度は発芽していたようなので最低でもそれくらいは発芽するだろうということで、それだけ発芽すれば必要な数は大体揃えられるので今年は買わずに済ませたと言うことです。

(因みに、そもそも玉葱とか葱類の種というものはネットなどで調べるとかなり短命だという話を聞いておりましたから、去年までは、鼻からダメだと諦めていたという経緯がありました)




先月の25日頃に蒔きまして15日ほど経過して一通り出揃ったと思われます。


私としては約半分くらい発芽して100本くらい苗が出来れば「良し」くらいに思っていたわけですが実際の所150本ほどは発芽してくれているようです。(写真)

かなりアバウトな見当ですが発芽率60%以上はありそうな感じです。




これくらい発芽してくれるようならば玉葱の種も2年利用する計算で購入した方が良さそうですね。

2年使えるとなると購入方法にも巾が出来ると言うものです。
(今までは毎年同じ3種類の品種種を買っていましたが来年以降は4種類買う年とか2種類で済ます年とかも出てくるように思います)





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-09-10 20:22 | 菜園

秋野菜の植え付け、人参の発芽など

f0018078_1553201.jpg

8月下旬に蒔いた人参はとりあえず発芽しています。
今の時期の人参は害虫に芽を食べられることが多いので一箇所ごとにかなり多目の点蒔きで対抗するようにしています。縦横15cm間隔くらいで蒔いておいそれぞれの場所で最終的に1本残す感じですね。

このブログでも何度か触れたかと思いますが種屋さんの種袋の裏には筋蒔きを推奨されていることも多いようですが最終的に15cm間隔でしか残す必要はありませんから筋蒔きは無意味だと思います(笑。



今年は早生のキャベツと白菜には寒冷紗のネットがけ。

f0018078_15545796.jpg



ブロッコリーには目の粗いグリーンのネットで間に合わせることにしました。

f0018078_15552636.jpg






他には秋取りインゲンのケンタッキーワンダーの植え付けもしておきました。

この後はジャンボニンニクの植え付けだとか冬中取るための白菜、キャベツの種蒔きとかの作業をボチボチやる予定でいます。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-09-06 20:53 | ブルーベリー

梨の収穫@無農薬

f0018078_18171813.jpg



今年は梨が取れました。

梨は害虫が酷いので無農薬だと毎年かなり苦戦します。
今年も無農薬で挑戦しましたが袋かけが功を奏してこの時は6個、一応全部で10個くらいは収穫する事が出来そうです。

因みに品種は幸水と豊水


害虫に悩まされつつも、樹自体が毎年成長して大きく成ってくれるので、来年も苦戦しつつも収穫出来そうに思います。


梨とかに比べると柑橘類はアゲハの幼虫が来るくらいなのでやはり蜜柑とかは楽ですね。
暖地で果樹を育てるならば私は先ずは柑橘から勧めだろうと思います。








宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-09-02 20:16 |