<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

グリーンカーテン設置@トウモロコシの初収穫も

f0018078_17413481.jpg


今年も家の西壁にグリーンカーテンを設置しました。
今年の素材は白ゴーヤがメインです。一株だけ普通の緑のゴーヤがあって蔓紫も少しだけ加わる予定です。


今年も生育は若干遅れ気味でですが梅雨明けまで多分、あと20日ちょっとはあると思うのである程度は覆ってくれると思います。

f0018078_17415159.jpg


下は普通のコンクリートブロックにパイプを通して紐を結んで固定します。
上は屋根下に釘を打って、それに横紐を渡してから、それに紐を結んで垂らします。



オマケ

トウモロコシも収穫に至りました。
今年の品種はゴールドラッシュとエミルコーン。

割と低温に強いゴールドラッシュを序盤と中盤に持ってきて後半エミルコーンが少し加わる感じですね。



今日はゴールドラッシュだけの収穫。

f0018078_1742794.jpg

毎年思いますが最近のトウモロコシは本当に甘いですね♪







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-06-28 20:42 | 菜園

落花生ご飯@乾燥落花生を戻しての

f0018078_18151244.jpg


去年とれた落花生を乾燥して保存して置いたのを戻して落花生ご飯を炊きました。

作り方は簡単で
落花生を水に一晩浸して戻したものを圧力鍋でご飯と一緒に炊くだけです。
少しお塩を入れますけどね。


乾燥落花生は戻して塩茹ででもとっても美味しく食べられます。



落花生がおおまさりだからジャンボサイズでホクホクして美味しいですよ♪

取りたてを茹でて食べるのがしっとりしていて一番美味しいと思いますが乾燥したものはホクホクして別の味わいがありますね!




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-06-24 20:14 | 閑話

大玉トマト3本仕立て。ミニトマト4本仕立て

f0018078_16395124.jpg


ミニトマトも漸く色づき始めています。


大玉は一つだけ

f0018078_16405722.jpg



とかく、トマトは樹勢のコントロールが難しいということで今年のトマトは多数本仕立てです。
我が家だと1本仕立てだと樹勢が強すぎて実付きが悪かったり病気になったりする事が多かったので樹勢を抑えるための工夫ですね。

大玉トマトが3本仕立て。ミニトマト4本仕立てで育てています。
狭いので大分密集しています(笑。

f0018078_1641116.jpg



それでも実の付きは良いようで大玉も現在、5段くらいまできちんと実ってくれています。

f0018078_16412418.jpg



夏場は葉物野菜が減りがちなので山ホウレンソウをマルチに植えつけて置きました。

f0018078_16414272.jpg



他には秋取り用のトウモロコシのピーター610、丹波の大黒豆、キュウリの種蒔きもしておきました。
トウモロコシは来週も種蒔きの予定です。今蒔くと10月上旬位に収穫できる予定ですね。










宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-06-22 20:38 | 菜園

野菜の簡易発芽テスト

f0018078_1815270.jpg


白菜
左側上から
蔵錦    2010年11月 現在 発芽率85% 年越し収穫用(晩期)
寒熟こがね 2010年 4月 現在 発芽率85% 年越し収穫用(早期)

キャベツ
右側上から
ふゆつよし 2011年 5月 現在 発芽率85%(年明け3月まで収穫用)
富士早生  2011年 5月 現在 発芽率85%(年越し春取り)

そろそろ秋からの野菜の種の発注の時期なので残った種の発芽テストをしておきました。
今回は白菜、キャベツ、玉葱だけやりました。




一番古い「寒熟こがね」の種が
2010年 4月 現在 発芽率85%だった訳ですが
一応ある程度発芽するようですね。
多目に蒔きさえすればおそらく問題なさそうです。

因みに我が家の種の保存法は「ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れておく」と言う感じです。

感想としては思っていたよりも寿命は長かった感じでした。



結局、油菜科の巻き物では「ふゆつよし」だけ買うことになりました。
(残りもあまり多くは無いので)





寿命が短い(寿命は1年)と言われている玉葱の方はどうかというと

玉葱
黄陽2013年7月現在発芽率80%

f0018078_1841881.jpg


こちらは50%満たない感じでしょうかね。
これは超極早生で100本くらい出来れば良いので(250粒くらい種が残っています)今年は他の保存用の玉葱の種だけ買えば良さそうです。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-06-18 20:00 | 菜園

今年のカボチャの棚は屋根型

f0018078_17481124.jpg


今年もカボチャは棚栽培です。
手間が掛かりますが、そのほうが狭いスペースで沢山取れますね。


今年は初めて切妻型の屋根型でとりあえず地面部分を先に広げるようにして、その後上を這わせるように棚を作っておきました。

有り合わせの物で作ったので見た目はどうでも良い感じでザックリ作ってしまいました。



最終的には隣で作っているトウモロコシの方にも伸ばして広げようかと思っています。

f0018078_17495383.jpg



隣のトウモロコシはそろそろ髭が茶色になって、もうじき収穫出来そうです。
今年は大体80本弱くらい。



ジャガイモはアンデスレッドの収穫でした。
10株ほどでこれらい。

f0018078_17493493.jpg


かなり大きいのもあったので我が家ではまあまあといったところですかね。


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by blueberrynote | 2014-06-14 20:47 | 菜園

北海道発のブルーベリーの新品種

ブルーベリーの新品種のお話です。


ブルーベリーの新品種の開発に付きましては官民共に割と活発で巷のブルーベリーファンなども挑戦しているようですね。



今日は北海道農研が育種した品種に付いてのレポートです。

大果で北海道向きのブルーベリー新品種「ケラアンブルー」および「エピルカブルー」


写真は↓こちらです
北海道農業研究センター



北海道向けの品種のようなので私にはあまり関係なさそうに思いますが、多収で良さそうな品種ですね。


やはりブルーベリーでは豊産性と言うのはかなり重要な特性だと思います。
私も収量が少ない品種から淘汰する傾向にありますよ(笑。




因みに今日紹介した品収穫二つの名前の語源二ついてですが、ちょっと調べましたところによると


アイヌ語で「おいしい」を意味する「ケアラン」
epirca(エピルカ)はアイヌ語で いい感じという意味です♪

だそうです。









宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-06-10 20:04 | 調査研究紹介

ジャンボニンニク収穫

f0018078_18271873.jpg



梅雨に入って雨が続くと腐ってしまう恐れがあるのでジャンボニンニクの収穫をしておきました。


良い機会なのでジャンボニンニクの成長過程に付いて少し説明しておきます。


ジャンボニンニクは小さいうちは一片ニンニクになる事が比較的多いニンニクだと思います。
↑の写真の左上の方は大体一片ニンニクですね。

一片ニンニクの最大の物は180gありました。
まあ、そこまで大きくなる物は稀なようで大体100g以下くらいで2片になる事が多いようですね。


さて、このニンニクは通常の片の他にムカゴと言うのかキコというのか分かりませんが黄色い小さな殻が硬い実がつきます。

これを植えると大抵一片ニンニクが出来るみたいです。
これもサイズはまちまちで大きな物からは大きい物、小さな物からはかなり小さいのが付いています。

ジャンボニンニクは基本的に一片が大きいニンニクなので数的にはあまり増えない品種なのでこのムカゴも使って翌年の種に育てるのが良さそうに感じています。



小さなムカゴから最大のジャンボニンニクまで並べてみた写真

f0018078_18275472.jpg


最も大きいジャンボニンニクは写真の状態で600gありました。
数片に分球した物の中で一片の一番重い物は180gありました。
一片ニンニクの最大の物も180gだったのでその辺りが一片のマックス値のような気がします。


おそらく、大き目のムカゴから最大のジャンボニンニクにするのには3年で
一番小さなムカゴから最大の物にするまでには4年掛かりそうな気がします。



宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-06-06 20:27 | 菜園

ブルーベリーのジベレリン処理についての調査報告紹介


かなりお久しぶりのブルーベリーの調査レポート紹介です。



紹介するのはブルーベリーにジベレリンやホルクロルフェニュロンなどの植物ホルモンを散布処理した場合の影響に付いての調査です。


私も嘗てジベレリンについてだけですが素人調査ですが挑戦した事がありますよ。
勿論、結果に付いてはあまりよく分かりませんでした(笑。



北部ハイブッシュブルーベリーの着果および果実特性に及ぼすGAおよびCPPU処理の影響
↑PDFファイル (554KB)



要約

北部ハイブッシュブルーベリー(Vaccinium corymbosum L.)`Spartan',`Darrow',`Lateblue',`Collins'および`Bluejay'を対象として,ジベレリン(以下,GA)およびホルクロルフェニュロン(以下,CPPU)を散布処理し,着果および果実特性に及ぼす影響を検討した。GAおよびCPPUの濃度はそれぞれ25~200mg・L^-^1および2~20mg・L^-^1とし,試験は2006年から2009年にかけて,自然受粉可能な野外で行った。その結果,いずれの品種でもGA処理および比較的低濃度のCPPU処理により着果率が高まった。しかし,20mg・L^-^1のCPPU処理では品種によって着果率が低下する場合があった。また,GA処理は,`Spartan'では生育期間を短縮し果実重および種子数を増加させた。`Darrow',`Lateblue'および`Collins'では,GA処理による果実重への影響が見られない年もあったが,年によってはGA処理により果実重は増大した。しかしながら,`Bluejay'では,果実重はGA処理により低下する傾向を示した。一方,CPPU処理は,`Spartan',`Darrow'および`Lateblue'では果実重を増大させた。その際,生育期間および種子数には影響を及ぼさなかった。`Collins'および`Bluejay'においても,年によってはCPPU処理による果実重の増大が認められた。以上から,GAおよびCPPU処理はいずれも,概して,北部ハイブッシュブルーベリーの着果率向上と果実肥大促進に効果的であるが,品種よっては高濃度のCPPU処理により着果が抑制される場合やGA処理により果実が小型化する場合があることが明らかとなった。



結果に付いては品種によってマチマチなのでそれぞれ個別に処理する必要がありそうな感じですね。










宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2014-06-02 20:28 | 調査研究紹介