<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

最後の筍掘りと塩漬け

f0018078_1905237.jpg


我が家の今年の筍掘りもいよいよ最後となりました。


掘った筍は毎年殆ど塩漬けにして1年間食べ続けます。

漬け方はお湯(糠とかは入れなくて良いそうです)で茹でてそのまま手で扱えるくらいまでそのまま冷まして軽く干し(1時間くらい水を切る感じで)、かなり多目の塩と一緒に容器に入れて重石で抑えれば良いそうです。

食べる時は勿論塩抜きすれば食べられます。



今年も直径50cmくらいの容器に40cmくらいの高さまで漬けることが出来ました。
これだけあれば十分1年食べられると思います。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-30 20:59 | 山菜と椎茸と山野草

色づき始めるブルーベリーたち

f0018078_18571312.jpg

ミスティーの色づき



ブルーベリーがあれこれ色づき始めています。

サザンハイブッシュ系の早生が多いのですが他のハイブッシュ系の早生の品種もポツポツ色づき始める物出始めている状況です。

私の感じとしてはサザンハイブッシュ系は思ったよりも早くは無くて、ハーフハイブッシュ系とかノーザンハイブッシュ系の一部の品種がちょっと早いと言うような感じがしているところです。


スター

f0018078_18572554.jpg



ブルークロップ

f0018078_18573847.jpg



ブルータ

f0018078_18575048.jpg



他にポラリスも色づいているのがありました。


ほどなく梅雨に入るかと思いますがなるべくなら梅雨入り前にハイブッシュ系の収穫が進んで欲しい物ですね。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-27 20:56 | ブルーベリー

玉葱吊るしました&保存について

f0018078_1836285.jpg

第一弾で収穫した玉葱を軒下に吊るしました。


初回は100個だけですけどね。



630g程もある大きなものもありました(笑。

f0018078_18362171.jpg


もっとも、大きすぎる玉葱は保存にはあまり適さないのでなるべく早く食べる方が良いのですけどね。

元々多すぎるほど作ってあるので大きいの100個程は近所などに配って整理してしまいました(笑。





それから今年の玉葱は去年よりはトウが立つのが多くって全部で40本くらいは出たようです。
(全体の4%くらいだと思います)

これは芯が硬いから惜しげも無く処分してしまいました(笑。
f0018078_18363726.jpg



今年は多めに1000個近く植えつけたのでこれでも多分800個くらいは保存できると思います。
(今後も適当におすそ分けなりしてもうちょっとは減りますね)



それから今年育てた品種は全て来年の2~3月までは保存可能な品種なのですがそれでも多分、夏過ぎくらいから何割かが腐るので来年の4月くらいまでのことを考えると無闇に多いと言うわけでもないと思います。




来年の3月中旬くらいから極早生が取れるようになると思うのでこれで玉葱は自給が可能になるわけです。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-24 20:35 | 菜園

芋豆専用肥料

f0018078_18224134.jpg


ホームセンターで芋豆専用肥料と言うのを買ってきました。
以前(2011年)にチラッと紹介したことがあるのですが結局その時は買わなかったんですけどね。


化成肥料としてはちょっと割高なんですが、追肥だけに絞って使えばコスト的にもそれ程割高でも無さそうに思います。


我が家は結構、窒素過多だと問題がある野菜もあれこれ育ておりまして
サツマイモとかジャガイモ、サトイモなどのイモ類と枝豆、落花生、インゲンとかの豆類の他にトマトあたりも窒素過多だと多分問題があるだろうと思います。

窒素過多の問題ですが、具体的にはイモ類だったら蔓ボケで芋が太らない、豆類は葉ボケでこちらも実の付きが悪くなる、トマトだと実どまりが悪くなるというようなことで結構そのあたりで私も失敗することが多いんですよね(笑。


芋豆専用肥料を使う野菜は基本的には元肥は控えるようにして追肥もこの肥料を少なめに遣ろうかと思っています。


うまくいけばいいんだけどな~・・・。





宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-21 20:22 | 菜園

ジャガイモの試し掘りとかトマトの挿し木とか

f0018078_1815198.jpg

今年のジャガイモはアンデスレッドは好調なんですがキタアカリが今ひとつで一株枯れているのもありました。

ジャガイモの収穫には一月位早いのだけれど枯れた物は育つはずもありませんから試し掘りも兼ねて収穫しました。



株自体小さくて丈も短かったので殆ど期待していなかったのですが、その割には小ぶりながらちゃんとしたのが付いていて、これはちょっと嬉しい誤算♪



他のはこれよりは育っている物ばかりなのである程度の収穫は期待できると思います。




トマトは今年はレッドオーレ、ホーム桃太郎、強力米寿を1本ずつ買いました。
レッドオーレと桃太郎の脇芽が挿し木に手頃のサイズに育ってきたので挿し木して増やします。

f0018078_18163092.jpg


挑戦する場合は適当に葉っぱは減らしてくださいね。
(根っこが無いのであまり水分を吸い上げることが出来ないので葉っぱが多いと蒸散過多になってしまいます)

そうそう、トマトの脇芽は天ぷらにしても普通に食べられますよ。
勿論ビックリするほど美味しいと言うことも無いですけどね(笑。





晩生の玉葱もボチボチ収穫し始めています。
まだ2割くらいしか倒れていないのだけれど沢山作ったので早い時期から分散して収穫します。

f0018078_18165483.jpg




ワケギの種球も乾燥

f0018078_1817867.jpg



エンドウ豆も来年の種用に乾燥中

f0018078_18173228.jpg




先日紹介したエンドウの塩茹でですが
今日は圧力鍋で茹でてみました。

やはり若干茹で過ぎの感じになって彩りは大分劣りますがこちらの方が柔らかさは勝ります。
スーパーなどで売っているのはこちらに似ているような気がしました。

品種によって色も微妙に違っていて、ツタンカーメンあたりは見た目的にはあまり良いとは言えないですね。ロングピースが一番色は綺麗に残っているようです。

f0018078_18175127.jpg


色合いは兎も角として何れも美味しく頂いています♪









宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-19 20:13 | 菜園

我が家の宿根草の花

f0018078_18251647.jpg

満開のなでしこの花



我が家にある花は大抵は宿根草です。

一度植えれば毎年勝手に咲いてくれます。
気が向いた時に少し肥料をやることがあるくらいですね。
雑草みたいな感じです(笑。




松葉菊

f0018078_18253429.jpg


マツバギクは日が沈むと花が閉じます。
合歓の木の葉みたいな花ですね。



白いアイリスじゃないかと思います。

f0018078_18255597.jpg




赤白のチェリーセージ

f0018078_18261516.jpg


花の色と形がミッキーマウスに似ているハーブです。
結構大きくなって写真で見るよりも実物の方が賑やかに咲いています。


我が家には他にもメドーセージ、アメジストセージ、パイナップルセージとかありますがどれも似たように簡単で結構賑やかに咲いてくれるのでハーブとして葉を活用するのではなくて専ら観賞用になっています。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-16 20:24 | 花や観賞用植物など

ホウレンソウの植え付けなど

f0018078_19122677.jpg

トレイに蒔いたホウレンソウの芽が出揃いました。

これからは成長も早いので一ヶ月もすれば収穫できると思います。
一箇所に2~4本くらい発芽はしていますけど、このまま植えて育った物から収穫して行きます。




収穫

大根が小さいながらも育ってきたのでまだ早いけれど必要な分収穫です。
人参は間引いた物、小さいけどこれも間に合わせて使います。
豆類は収穫の最盛期。

f0018078_19123840.jpg


エンドウは沢山取れるので塩茹でして肴にして食べています。
枝豆の代わりのつもりですね。そこそこ美味しく食べられます。

f0018078_19125394.jpg


宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-13 20:11 | 菜園

チャンドラーの摘果(大粒ブルーベリー@ノーザンハイブッシュ系

f0018078_1833237.jpg

摘果前チャンドラー



今年も一応500円玉サイズの大粒ブルーベリーを目指しまして、大粒サイズの実がなる事で有名なチャンドラーの摘果をやりました。


基本的に植物はそれぞれ内在するエネルギーが決まっていますから果実も少なければそれぞれが大きくなる仕組みになっています。

大粒にも限度があるので余った分は木などの成長に専ら使われるようになりますから木を早く育てたい場合には実を全く付けなければ早く大きくなると言うことになっています。




因みに木が危機的状況にある場合には本体の衰弱、或いは枯死をしても実を作くる事を優先して子孫を残そうとする仕組みもあるみたいですけどね。
まあ、大きな木が生存するよりは弱くても小さな個体なら必要な栄養やら水分も少なくて済みますし、沢山の子孫が生まれればそこで淘汰によって強い個体が生き残れる場合もあるでしょう。勿論、種のままで発芽せず良い環境になるまでそのまま過ごす植物などもありますね。
ハイブッシュ系ブルーベリーなどは実を多く付けすぎると結構簡単に枯死したりする事も多いので気を付けないといけません。



余談ですが、その点から言うと日本人とかは夫婦で一人しか子供を生まない人も多いから、そう言う意味では全く淘汰が行われずに種としては弱い個体が多くなっているのでしょうね。
まあそれでも医学が進歩してちゃんと子孫を残せるから問題ないのかもしれません。
(医学の進歩=種としての人間の衰弱と言うことかな)



大分話しが脱線しました(笑。





ブルーベリーの果実の摘果に戻りますが↑の写真の果房をこれ↓くらいに減らしてみました。
(今年は割と摘果は控えめです)
小さな粒しかない果房などは取り除いてしまったりして全体としても若干減らすようにしています。



これでうまくいけば500円玉サイズのブルーベリーが取れるかもしれません♪

摘果後チャンドラー
f0018078_1835724.jpg



ブルーベリーは初期に大きな実がなります。
大きい物ほど収穫が早いので現状で大きいものだけを残すようにして小さいものは早めに摘んでしまった方が残る実に栄養を沢山供給できるということです。
(実はブルーベリーの大きさは種の多さに比例していて、種が多いとホルモンも早く沢山出るらしいのでその辺りが影響しているらしいです)



チャンドラーと言う品種は元々枝の発生が少ない品種のようなので基本的に咲く花の量自体も基本的には少ない品種じゃないかと思っています。サイズが大きいのもそのあたりに由来しているような気もしているのですけどね。うちのがたまたまそうかも知れないのであまりあてにはなりません(笑。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-10 20:33 | ノーザンハイブッシュ系品種

我が家の初タケノコ

f0018078_18555837.jpg

あまり沢山ではないけど1回分には間に合いそうです。



筍掘りに行ってきました。

今年は春が早かったので竹の子も早いのかと思って今までも2~3回様子を見には行っていたんですよ。
でも勿論、空振りでした(笑。


今回もダメかと思っていたら小さいのを2~3こ見つけることが出来たので、その後はちょっと一生懸命探しまして、漸く大きめのも一つ見つけることが出来ました。

結局の所、今年も筍に関しては例年並だったと言うことになると思います。
まあ、たけのこは今の時期に根っこが動き出す植物なわけですから春先の暖かいのはあまり関係ないと言うことなのだと思います。

早速、筍ご飯と若竹汁とか他に何か煮者でも作って貰おうと思っています。






余談ですが静岡は茶所ですが、そのお茶の収穫は例年よりも10日程は早かったと言うことでやはり春先は植物全般に動き出すのが10日程度は早かったと締めくくれると思います。







宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-07 20:54 | 山菜と椎茸と山野草

クリスマスローズの時期外れの小さな花

f0018078_1774168.jpg


終わったはずのクリスマスローズに小さな花が咲きました。



よく見ると花茎から出ている葉柄の付け根から脇芽のように出てきているようです。

f0018078_1775550.jpg



下に写っているのが普通の花の終わり頃で、今は実がついています。

f0018078_1781159.jpg



ネットでちょっと調べましたところクリスマスローズは1番花~3番花くらいはあるようで、徐々にサイズは小さくなるようだけれど流石に5月のこの時期のこのサイズの花はそれには該当しない花のように思われます。

ちょっと異例なのかな・・・・。



ブルーベリーにも時期外れに咲く花にこんな感じで咲くのを結構よく見かけるので似ているのかもしれません。




宜しかったらこちらもご覧ください
ブログの内容をまとめたブルーベリーの育て方と栽培のHP
BlueBerryNote
家庭菜園や果樹栽培も含めたブログ
ブルーベリー 栽培 &家庭菜園
[PR]
by BlueBerryNote | 2013-05-06 20:07 | クリスマスローズ